睡眠時間
「睡眠時間」に関する情報をまとめています。
睡眠時間の記事一覧(18件)

一番睡眠時間が長い動物は? 動物別睡眠時間一覧!

人の睡眠時間は、6時間~8時間の範囲が大半です。しかし動物の睡眠時間は、それぞれの動物の種類によってかなりのバラツキが出てくるようです。最も睡眠時間の長い動物と逆に最も睡眠時間の短い動物とでは、なんと、20時間も差が生じることに!今回は、睡眠時間の長い動物についてご紹介します。

年を取ると睡眠時間は減らしていい!? 最も睡眠時間の短い年齢層と疲労回復のコツとは?

適切な睡眠時間を確保することは健康を維持するための要です。睡眠時間を削ることは命を削ることであるといっても決して過言ではありません。でも、年齢が高くなると朝早く目覚めてしまいがちですね。睡眠時間を減らしても身体は大丈夫なのでしょうか? 今回は加齢に伴う睡眠の変化や睡眠時間の短い年齢層についてご紹介します。

6時間の睡眠時間だと「ほろ酔い状態」と同じ生産性に!? 短時間睡眠のリスクとは?

6時間睡眠の人って結構いますよね。でも、短時間しか眠らない場合、集中できないばかりか、非常に大きな疾病リスクも上がるそう。日本を代表する事業家であるホリエモンさんもインタビューで睡眠時間を6時間以下に削ることはしないと答えていますね。今回は、6時間以下の睡眠でどのようなリスクがあるのか、最新の研究結果をご紹介します。

芸術家肌に多い!? ロングスリーパーの特徴とは?

世の中には、体質的にたっぷりと眠らないといけないロングスリーパ―と呼ばれる人がいます。通常の場合、7~8時間が適切な睡眠時間といわれていますが、ロングスリーパーは、その睡眠時間では全然足りません。これから、ロングスリーパーの特徴や、メリットとデメリットについてご紹介します。

【季節で睡眠時間は変わる?】理由と対処法とは?

春眠暁を覚えずというようなことわざもありますが、皆さんは季節によって睡眠時間が変わると感じたことはありますか? 感じ方は人それぞれですが実は、季節によって人間の睡眠時間が変わるという研究結果もあります。この記事ではどのように睡眠時間が変化するのかという仕組みと対処法をご紹介します。

適切な睡眠時間は◯時間半?世界各国の平均睡眠時間とは?

日本人の睡眠時間は、諸外国の睡眠時間と比べると、かなり短い傾向にあるようです。心身の健康を維持するためには、睡眠の質もさることながら、適切な睡眠時間を確保することも大切になってくるようです。そこで今回は、日本人と世界各国の睡眠時間の平均がどのくらい違うのか? その比較と、適切な睡眠時間についてご紹介します。

週末長く寝ると痩せる!? なぜ痩せるの? 韓国で行われた最新研究の内容をご紹介!

睡眠時間が足りない日々が続くと、身体への大きな負担「睡眠負債」になると話題になっていますね。長く寝るのはどうなのでしょうか? 特に週末長めに寝るのは心地よいものですね。今回、韓国の研究者が発表した結果によると、週末長く寝る人は、平日も週末も同じ時間寝る人と比べて、痩せる傾向にあるそうです。

孤独は睡眠の質に影響する!? 若者を対象にした調査で実証!

ストレスやコーヒーの飲み過ぎは睡眠の質に影響すると知られていますが、他に睡眠の質に影響するものには、何があるのでしょうか? ロンドンで18歳〜19歳の若者を対象にした調査では、孤独を感じる人はそうでない人と比べて、睡眠の質が低くなりがちで、昼間の集中力にも影響が出る傾向にあることがわかりました。詳しくご紹介します。

“眠り”を科学する市民講演会「睡眠と健康・無呼吸症」に実際に行ってきた

1月末にベルーザ新宿グランドで開催された「“眠り”を科学する市民講演会『睡眠と健康・無呼吸症』」を公聴してきました。日本大学医学部精神医科学系精神医学分野 降旗先生と筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 佐藤先生による講演で今回は降旗先生の「睡眠と健康:より良い眠りのためのひとくふう」をまとめました。2月25日(土)にも市民講演会がAP新橋虎ノ門Aルームで開催されます。実際に公聴されたい方は記事文末へ

アレ? 身体が動かない! 睡眠中の金縛りの原因とメカニズムを科学的に解説

睡眠中、金縛りになってしまったことがある方も多いのではないでしょうか。巷では心霊現象や霊的なものだと言われていますが、実は間違いなんです。金縛りになるのは、ちゃんとした理由があるのです。今回は金縛りの原因とメカニズムについて科学的に説明していきます。

睡眠時間の記事ランキング

1

一番睡眠時間が長い動物は? 動物別睡眠時間一覧!

2

芸術家肌に多い!? ロングスリーパーの特徴とは?

3

適切な睡眠時間は◯時間半?世界各国の平均睡眠時間とは?

4

“眠り”を科学する市民講演会「睡眠と健康・無呼吸症」に実際に行ってきた

5

6時間の睡眠時間だと「ほろ酔い状態」と同じ生産性に!? 短時間睡眠のリスクとは?