更新日: 2016年08月20日
2016 view

朝起きれない!!布団から出られない原因と対策5選

朝起きれないことで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 実際、どうしても布団から出られない朝というのはありますし、そのまま遅刻してしまうなんて人もいるかもしれません。 朝起きれない方は何かしらの原因があるので、まずは原因を知り、その上で対策していくようにしましょう。

よくある朝起きれない理由3つ

1.睡眠の質が悪い・寝不足

Retina pixta 16763503 s
睡眠の質が悪いと、朝になっても疲れが取れず、起きられなくなります。
また、寝不足の方は身体が睡眠を欲しているため、簡単には起きられなくなってしまうワケです。
どうしても起きたい場合は、毎日質の良い睡眠を取ることが必要不可欠です。

2.セロトニン不足

Retina pixta 21435249 s
別名「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンは、毎日体内時計をリセットしてくれる効果があります。
セロトニンが分泌されると一日のやる気がアップし、そのままスムーズに起きられるようになるのですが、現代人はセロトニンが不足していると言われています。

3.体内時計の崩壊

Retina pixta 24289957 s
人間の体内時計は夜に寝て、朝に起きるということを繰り返しています。
しかし、現代人は夜中まで起きていて、体内時計が崩壊している場合も多いです。
休みの日は昼まで寝たり、平日は朝早く起きたり、睡眠時間も長さもバラバラになっている方が多いため、それが原因で朝起きられなくなってしまうことも多いのです。

どうしても布団から出られない時の対策5選

1.正しい睡眠のリズムを作る

Retina pixta 21160399 s
正しい睡眠のリズムを作ることは、正常な睡眠を取るためにとても重要なことです。
毎日睡眠時間が4時間ほどで、休みの日だけ12時間寝るなど、リズムを自ら壊していると、余計に朝起きられなくなり、辛さも増してしまいます。
毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きる習慣を付けましょう。

2.セロトニンを増加させる

Retina pixta 17917290 s
セロトニンを増加させると、毎朝体内時計がリセットされるので、スッキリとした気持ちで起きられるようになります。
セロトニンは太陽光を浴びるだけで分泌されるものの、トリプトファンやビタミンB6を含む食べ物で増加させることも可能です。

3.十分な睡眠を取る

Retina pixta 18377939 s
いくら睡眠のリズムが一定だとしても、慢性的に睡眠不足になっていれば朝が辛いです。
人間が正常に日常活動を行うためには、人にもよりますが最低でも6時間は睡眠を取る必要があります。
それと同時に、寝過ぎないことも重要で9時間以上寝てしまわないように注意しておきたいです。

4.目覚まし時計は遠くに置く

Retina pixta 21271243 s
強制的な起き方としては、目覚まし時計をベッドから遠くに置くことなどが有効です。
もちろん起きられないという方は2個から3個以上使うと良いでしょう。
一度布団から出てしまうと、それによって起きられるという場合もありますからね。

5.適度に運動する

Retina pixta 23101756 s
人間の身体というのは、運動によって適度なリズムを作り、それによって体内時計などもコントロールしています。
しかし、現代人は運動をしない人が多くなっているため、身体が不健康な方も多いです。
朝起きるためには、健康な体を作ることも重要です。

おわりに

朝起きられないという方は、何かしらの原因を抱えているはずです。
そして、起きられない場合も対策を行うことで、起きられるようになります。
質の良い睡眠やリズムを整え、毎日健康的に過ごせるようにしていくことが、朝起きるための鉄則と言えるでしょう。

アクセスランキング

1

【2017年最新版】神奈川・相模原市にある「いびき」を診てくれるオススメ病院4選

31view
2

【2017年最新版】東京・西東京市にある「いびき」を診てくれるオススメ病院4選

48view
3

【2017年最新版】東京・稲城市にある「いびき」を診てくれるオススメ病院4選

31view
4

【2017年最新版】千葉・市川市にある「いびき」を診てくれるオススメ病院5選

28view
5

【2017年最新版】東京・福生市にある「いびき」を診てくれるオススメ病院4選

35view

おすすめキーワード