更新日: 2016年08月20日
4719 view

真っ暗だと逆に眠りの質が悪化する!? 眠りの質を高める適切な明るさ・照明の色とは?

部屋が明るくても眠れる人もいれば、暗くないと眠れない人もいますよね。実際に証明や明かりによって、人間の睡眠というのは左右されることが多いです。そこで、今回は眠りの質を高めてくれる適切な明かりについて紹介します。また合わせて、照明の色別睡眠開始時間の関係についてもまとめます。

部屋の明るさと睡眠はDNAレベルの関係があった……

Retina pixta 31093534 s
人は本来、月の明かりの下で眠るようにDNAレベルで組み込まれています。
これは人間という生物が地球上で生きていくために得たものであり、現代の人々も月の光で眠るのが最適な明るさと言われています。
つまり、真っ暗にすると逆に睡眠の質を低下させてしまう傾向があるワケです。

しかし、そうは言っても月の光というのはどれくらいかわからないということも多いです。
そういう時は、部屋を真っ暗にしてみて、月の明かりを見てみましょう。
太陽光が反射されているということもあり、実は月というのはかなり明るいです。
つまり、カーテンやブラインドで月の光を遮って眠る場合は、その月の明かりと同様の照明を利用するのが最適と言えます。

一般的な照明の場合は、豆電球にした時のほんのりとした明かりが一番良いと言えます。
明る過ぎず、暗過ぎない環境を作ることによって、身体が本来のDNAに従う形で眠れるようになるワケです。

実際に信用していない方もいるかもしれませんが、やってみると「驚くほど眠れた」という方もいるので、上手に活用していきたいものですね。
照明はそれぞれ光の量を調節できるものもあるので、自分に合った照明を見つけて利用していくと、なお良いです。

照明の色により入眠までかかる時間が変わる!?

様々な照明の色が出てきていますが、照明の色は入眠にどんな影響を与えるんでしょうか? 色が入眠までの時間を変えるという研究もあるので、ご紹介しましょう。

1.緑の照明

Retina pixta 10821764 s
オックスフォード大学の研究によると、緑の照明を使って就寝した場合、いつもより1分~3分ほど入眠への時間が早まったという結果が出ています。
緑には人間の心を癒す効果があり、リラックスした状態に入りやすいことから、入眠の時間も早まったと考えられます。

2.紫の照明

Retina pixta 30099109 s
一方で紫の照明を使った場合、睡眠に入る時間は5分~10分ほど遅れたという研究結果が出ています。
紫は人の不安を煽る色ということもあり、リラックスした状態を作りにくい傾向がある色となっており、そのため入眠時間が遅くなったと考えられます。

3.青の照明

Retina pixta 10096493 s
青の照明を使った結果としては、入眠時間が16分~19分遅れたと解明されています。
現代人はパソコンやスマホによって、ブルーライトの光を浴びることも多く、照明として使った場合も同じく睡眠を妨げてしまう効果があることが分かりました。
照明自体はリラックスできる色合いのものにし、身体に悪影響のないものが好ましいです。

おわりに

部屋の明るさと睡眠の関係は、かなり深いと言って良いでしょう。
実際に証明を使うのも良いですが、月の明かりに合わせたくらいが最適な照明の明るさと言えそうです。
直ぐに実践できるものなので、今日から照明の使い方を工夫してみてはいかがでしょうか。

しっかり寝たのに疲れがとれない・・・睡眠の質が悪いのかも!?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)


ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…


マウスピースの詳細はこちら

アクセスランキング

1

睡眠時間が足りないと太る? 痩せる? 睡眠中のエネルギー消費とダイエットに効く睡眠法とは?

435view
2

一番睡眠時間が長い動物は? 動物別睡眠時間一覧!

360view
3

【いびき対策グッズ調査2017】スノアサークルの効果&口コミ

589view
4

ハンモックで寝るのはあり? なし? ハンモック睡眠のメリット・デメリット

9609view
5

【寝ピク】入眠時に痙攣はよくある? 原因や対処法とは?

7954view

おすすめキーワード