更新日: 2016年08月28日
1404 view

【ケース別】高速道の運転中どうしても眠気が…車の運転時の睡魔対策

運転中に睡魔が襲ってくること、結構多くて困っている方も多いのではないでしょうか。一般道ならすぐに対策ができますが、高速道となるとなかなか難しい面もありますよね。そこで、今回は車の運転中に睡魔が襲ってきた時の対処法をご紹介します。 最初に言っておきますが、眠いのに無理に運転するのだけはやめてくださいね。

【一般道】での車の運転中に眠くなった時の対処法

Retina shutterstock 511197736
一般道で眠くなった場合、まずは休憩できそうな場所を見つけて下さい。
この時注意したいのが、駐車禁止になっている場所や、停止禁止となっている場所なのかどうかです。

路肩などでも十分スペースがあれば良いので、路肩がある場合はそちらで休みましょう。
なお、休む方法としては、少しの時間でも仮眠を取るのがおすすめ。

仮眠を取る時は、路肩以外だと、パーキングエリア、道の駅などを利用してみては?
できれば近くにトイレがある場所で仮眠を取ることがおすすめです。

無理に一般道を眠い状態で運転していると、事故に遭う確率は高まります。一般道は歩行者も多く、自転車やバイクなども多いので、実は高速道よりも危険なのです。

【高速道路】での車の運転中に眠くなった時の対処法

Retina shutterstock 267855800
高速道で眠くなった場合、まずはサービスエリアが近くにないか確認してみてください。
事故や車のトラブルがない限り、高速道で停止することはできません。高速道の路肩に止めると、後続車が追突して来て事故になることもあります。

基本的には、「パーキングエリア」か「サービスエリア」に止まることをおすすめします。
高速道の場合は速度が早い一方で、平坦かつ一直線の道が多いため、眠くなる方も多いようです。

「睡眠時無呼吸症候群」の方が居眠り運転で事故を起こすというニュースが近年多いように思えますが、無呼吸の方が事故を起こす場合は下記のようなシミュレーションが多いと言われています。

・ひとりで運転中
・直線道路を走行中
・渋滞で低速走行中

高速道路の場合、サービスエリアやパーキングエリアだとトイレもあるし、いつまで止まっていても基本的には大丈夫なので、眠気が取れるまでしっかり仮眠しましょう。
なお、高速道などを利用する場合は、音楽を聞いたり、ガムを食べたりするなど、何か刺激を与えると眠気対策になります。

車内での寝方!車中泊を快適にする方法

一般道でも高速道でも、車中泊するというのは結構身体に負担がかかります。
出来る事なら、快適に車中泊をしたいですよね。

快適に車中泊をしたい場合は、チェアを全開まで倒し、フラットな状態を作ることがポイント。

普段寝ているようなベッドのように、とまではいかないと思いますが、少しでもフラットな状態で寝ることで身体がとても楽になります。

身体を折り曲げたまま寝ていると、エコノミー症候群になる確率も高くなります。
近年は車中泊が原因で「エコノミー症候群」になってしまう方もいるので、数時間寝たら身体の血液を循環させるように、体操などをするのもおすすめです。

気を付けたいのは、車中泊した後、そのまま座った状態で運転を始めること。
車中泊後は、一度車外に出て外の空気を吸い、身体の血液循環を良くしましょう。

おわりに

車の運転中に睡魔に襲われるとうのはどうしようもないことです。大事なのは、無理に運転はしないことなので、睡魔に襲われる前に、路肩やサービスエリア、パーキングエリアなどで、適度に休憩、仮眠を取るようにしましょう。また、仮眠する時は、できるだけチェアを倒し、エコノミー症候群対策を行ないましょう。

睡眠の質を上げるにはまず呼吸の改善から!?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1572view
2

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6222view
3

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

202view
4

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

907view
5

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

299view

おすすめキーワード