更新日: 2016年08月28日
4214 view

アレ? 身体が動かない! 睡眠中の金縛りの原因とメカニズムを科学的に解説

睡眠中、金縛りになってしまったことがある方も多いのではないでしょうか。巷では心霊現象や霊的なものだと言われていますが、実は間違いなんです。金縛りになるのは、ちゃんとした理由があるのです。今回は金縛りの原因とメカニズムについて科学的に説明していきます。

睡眠中の金縛りは心霊現状ではない

Retina pixta 18377941 s
まず言っておきたいのは、金縛りは心霊現象ではないということです。
眠っている間に身体が動かなくなるというのは、確かに恐怖体験ですし、実際に意識がある方も多いので、起きているのに動くことができないということが、金縛りを霊的な現象として取り上げることが多くなってしまったのです。

しかし、既に金縛りは科学的に証明されており、実際にその原因やメカニズムに関しても研究によって、判明してきていると言って良いです。
女性がなりやすいだとか、思春期の子供がなりやすいだとかいう噂も聞きますが、それらは全くのデマという可能性が高いです。

【身体が動かない! 睡眠中の金縛りの原因】1.乱れた睡眠時間

Retina pixta 32889925 s
睡眠時間が日によってバラバラだったり、睡眠のリズムも違っていたりすると、金縛りになりやすくなると言われています。
また、睡眠不足などになっていると、金縛りになりやすいです。
毎日決まった時間に決まった分だけの睡眠を取るように心掛けて下さい。

【身体が動かない! 睡眠中の金縛りの原因】2.過度なストレス・疲労

Retina pixta 25279572 s
人間は過度なストレスや疲労が溜まると、睡眠に障害が発生することも多いです。
特にストレスや疲労というのは、身体の健康を害し、睡眠時間を不規則にしてしまうことが多くなります。
そういった時、金縛りになってしまう確率も高いと言えるでしょう。

【身体が動かない! 睡眠中の金縛りの原因】3.寝る前のカフェイン・アルコール

Retina pixta 29984926 s
寝る前にカフェインやアルコールを摂取してしまうと、睡眠の質が低下してしまって、良い睡眠を確保することができなくなると言われています。
そうなると、快適に眠ることはできなくなるため、金縛りになってしまうことも多くなると言えます。

睡眠中の金縛りのメカニズムを科学的に解説

Retina pixta 28464954 s
人間の睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すと言われています。
眠りが浅いのがレム睡眠で、深い眠りがノンレム睡眠とされていて、それを90分毎に繰り返すのが通常です。
その睡眠のリズムの中で、特にレム睡眠の最中に金縛りになると考えられています。

レム睡眠中は、眠りが浅いため、ちょっとした音などでも目覚めてしまいます。
しかし、目覚めているにも関わらず、脳が筋肉と上手く連結せず、身体だけが動かなくなってしまうということが発生するのです。

実際に筋肉が眠ったままの状態なので、呼吸も思うようにできなくなるのです。

これこそが金縛りのメカニズムなんです。
中には自分に乗っている人を見たとか、部屋の隅に人影を見たという方がいますが、レム睡眠中は夢を見やすい時間帯とも言えるので、幻覚を見ることも多いと考えられています。
金縛りは誰もがなるものであり、決して心霊現象ではないのです。

おわりに

金縛りに悩まされているという方は、決して幽霊の仕業だとは思わず、自分の生活リズムや健康を整えていくようにしましょう。
ストレスや疲労が溜まっていると金縛りになりやすくなるので、それらを解消するだけで、金縛りになりにくい身体を作っていくことができますよ。

寝ても疲れが取れない・・・睡眠の質をあげる方法とは?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

110view
2

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

212view
3

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6107view
4

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

822view
5

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1493view

おすすめキーワード