更新日: 2016年06月21日
9794 view

毎晩毎晩いびきが止まらない!いびきをかく原因ってなに?

ほとんど毎日のように続くいびきは、医学的にあまりよくないこともあります。もちろん、もともといびきをかきやすい特徴がある方もいますが、肥満や鼻の病気、睡眠時無呼吸症候群が原因となっていることも。今回はいびきをかく原因やかきやすい人の特徴についてご紹介します。

いびきをかいてしまうメカニズム

Retina photo15
いびきの原因を考える前に、なぜいびきが出るのかというメカニズムが分かっていると、いびきを引き起こす体質や病気に対して理解しやすくなります。

当たり前ですが、いびきは眠っている間にしか起きません。
寝ていると全身の筋肉がゆるみ、喉の筋肉の緊張も減るので呼吸の時に空気が通ると振動しやすくなり、いびきをかきます。

つまり、いびきは空気の通り道である鼻から喉にある声帯までの間が何らかの原因で狭くなり、空気が振動することによって起きます。

仰向けで眠るといびきをかきやすいといわれるのは、仰向けになると口蓋垂(こうがいすい)や舌のつけ根が重力によって喉を狭くする方へ沈み込むからと考えられています。

そのため、地上では重症のいびきをかいていた宇宙飛行士が、重力のない宇宙ではいびきをかかなかったそうです。

いびきをかきやすい人の特徴とは

いびきをかきやすい人は、何かしらの原因によって気道が狭くなってしまう人です。

・口蓋垂(こうがいすい)が太くて長い
・扁桃腺が大きい
・舌が厚くて大きい方は

いびきをかきやすいといわれています。

そのほかには、

・下あごが小さい方
・あごの幅が狭く後ろへ引っ込んでいる方

などもいびきをかく可能性があります。

肥満で内臓脂肪が増えると首の周りについた脂肪が喉を圧迫して狭くするので、いびきをかきやすくなります。
いびきだけでなく、寝ている間に呼吸が停止している場合には睡眠時無呼吸症候群の可能性があるので気になる人は早めに病院へ行くことをおすすめします。

寝る前に飲酒をする習慣のある方は、筋肉の緊張の低下によりいびきをかきやすくなるので、いびきを減らしたいと思っている場合は控えた方が良いでしょう。

いびきは放置しておくと怖い病気になることも

Retina pixta 20721818 s 出典:http://tg-uchi.jp/topics/1595
いびきをかく人のほとんどが口で呼吸をしているといわれています。

「口呼吸」は、体に対してさまざまな影響を与えることがわかっています。
鼻から呼吸をすれば、ウィルスや細菌、ホコリなどは鼻毛などがフィルターとなり体の中に入りにくいですが、口呼吸だと空気中の異物を直接吸い込んでしまいます。
そのため、炎症を起こしやすく、免疫力低下、扁桃炎、口内炎、歯周病や口臭の悪化を引き起こすことも。

いびきの原因が睡眠時無呼吸症候群の場合には、糖尿病や心疾患、脳卒中のリスクが高くなるので、健常な方よりも死亡する確率も上昇することがわかっています。
たかがいびきと放置せずに、持続するいびきを指摘された場合は病院に行くことをおすすめします。

持続するいびきの場合には原因を知ろう

Retina c4081abee9e9d2e6652df4346ce090f9 s
一時的ないびきの場合には、ストレスや疲労、飲酒などで起きることもあるので心配ないことも多いですが、持続するいびきの時には病院で原因を調べることも大切です。

なかには睡眠時無呼吸症候群などの命に関わる病気が隠れていることもあります。
睡眠時無呼吸症候群は肥満の方に合併する可能性が高いといわれているので、太っている、またはお腹が出ている方は要注意です。

ほかにも、喉や鼻の病気であれば手術や治療によっていびきが改善することもあるので、原因をしっかりつきとめるようにしましょう。

おすすめのいびき対策グッズ

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)


ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…


マウスピースの詳細はこちら

おわりに

いびきの起きるメカニズムや原因についてまとめました。
いびきの原因となる飲酒の習慣やあごの大きさ、扁桃腺の大きさ、肥満の程度などを自分でチェックし、改善できるものがありそうであれば試してみましょう。
それでもいびきが続くようであれば、病院に行って原因を知ることが大切です。

アクセスランキング

1

睡眠時間が足りないと太る? 痩せる? 睡眠中のエネルギー消費とダイエットに効く睡眠法とは?

435view
2

一番睡眠時間が長い動物は? 動物別睡眠時間一覧!

360view
3

【いびき対策グッズ調査2017】スノアサークルの効果&口コミ

589view
4

ハンモックで寝るのはあり? なし? ハンモック睡眠のメリット・デメリット

9609view
5

【寝ピク】入眠時に痙攣はよくある? 原因や対処法とは?

7954view

おすすめキーワード