更新日: 2016年07月07日
12077 view

【2017年最新版】東京都内にある「いびき」を診てくれるオススメ病院5選

あなたは、いびきかいてますか?いびきにはパターンがいくつかあって、毎日、時々、無呼吸症候群、習慣性とあります。時々でもあまり心配することはありませんが、気になったら一度、病院で受診したほうが安心ですよね。 「いびき」を診てもらうには、耳鼻咽喉科、呼吸器内科が良いでしょう。 そこで今回は、いびきを積極的に診てくれる東京都の23区内の病院を調べたので、ご紹介します。

1.大学病院付属の呼吸器専門クリニック「日本医科大学呼吸ケアクリニック」

Retina           2016 07 07 15.34.21
紹介状がなくても、事前の電話予約で初診でも診て貰える病院です。
平成15年開院で、睡眠時無呼吸症候群を積極的に診てるので経験も豊富です。

「日本医科大学呼吸ケアクリニック」の口コミ・評判

根津の日本医科大学付属病院の呼吸器内科にかかっていて、継続外来診療になるとこちらに回されます。
また、直接の初診も受け付けています。

予約制のクリニックですので、大学病院の様に長時間待たされることはなく、診察してもらえるので助かります。混雑時は30分くらい待つこともありますが、タイミングでガラガラの時もあります。

呼吸器のさまざまな患者さんが来ています。
毎回決まった先生が診てくれるので、長期間の診療も安心です。

診察室は4室あり、先生は、それぞれ得意分野の患者さんを担当している様です。快適なクリニックです。

初めて行かれる方は、一応電話してから行かれた方がいいです。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2136415770/reviews
住所:東京都千代田区九段南4-7-15 JPR市ヶ谷ビル8F
TEL:03-5276-2325

2.いびきレーザー治療が積極的な「銀座コレージュ耳鼻咽喉科」

Retina
レーザー治療を積極的にしているので、症例も豊富です。
予約制なので、待ち時間も少なくてすむので忙しい人にもピッタリ!

「 銀座コレージュ耳鼻咽喉科」の評判・口コミ

私の場合、もう絶対手術するしなかいと確信するレベルのイビキでした。今日初めてコレージュの診断を受け、手術予約をしてきました。先生は
気さくで親切でした。色々と話も聞いてくれ、枕の高さは?とか、花粉症はどう?など、聞いてくれたのでじっくり話すことができました。他に何か質問とかはない?など丁寧な印象でした。
私は女性なのですが、術後の痛みはそんなにひどいんですか?と看護婦さんに聞いたら、痛みを訴えるのはほとんどが男性です。男性は痛みに弱いのでと言ってました(笑)

https://caloo.jp/hospitals/detail/2136925870/reviews/39893

イビキレーザー手術から二週間が経ちました。最後の検診に行ってきました。
予約時間ぴったりに呼ばれ、待ち時間はなしです。
すぐに先生に喉の様子を見てもらい、まだ白いところは残っているものの、綺麗とのことで診断完了。
一応痛み止めも処方してもらいました。
先生からは痛みの状況など聞かれました。
痛みはまだありましたが、先生にオッケーを頂いたので安心しました!

https://caloo.jp/hospitals/detail/2136925870/reviews/40566
東京都中央区銀座8-12-3 SRビル2F
03-3546-8733

3.2回目はWEB予約ができる「ひろ耳鼻科クリニック」

Retina fireshot capture 14                                    http   www.0354573301.jp pc
子供も安心して通院できる病院は、親子でいけるので便利ですね。
いびきは大人だけではなく、子供にもあるのでお子さんがいる方はチェックしてみてくださいね。

「ひろ耳鼻科クリニック」の評判・口コミ

子供が1歳の時から通っています。その当時は(今も?)初診はWEB診察予約ができませんが、2回目以降は携帯・PCから診察予約ができるので、時間近くになると病院へ行きます。なので待ち時間が比較的に少ないのが嬉しいです。

1時間以上待たされるようであれば、受付だけすませて外へ出ることができます。その間、順番を飛ばされないようにネットで順番チェックは忘れずに。

耳あか取りだけでもOKです。恵比寿近辺の子供は耳鼻科と言ったら、ひろ耳鼻科に通っていますね。うちも1歳の頃は何回も中耳炎になったので大変お世話になりました。なので先生が子供のことをわかっているので、安心して連れて行けます。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2133183980/reviews/93698
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-6-7 サニーガーデン 3F
電話番号:03-5457-3301

4.女医さんが多い「恵泉第二クリニック 世田谷睡眠呼吸センター」

Retina fireshot capture 15                                     i                    http   www.sleeping.jp
恵泉第二クリニックは、世田谷睡眠呼吸センターを併設していて、いびき・無呼吸の専門外来です。
睡眠時無呼吸の専門医が、OSASの診断とnCPAPによる治療を専門に行っております。
夜間診療で20時、火曜は21時までやっているので、働いてる人には嬉しいですね。

※完全予約制なので、必ず電話予約のうえ受診してくださいね。

「恵泉第二クリニック 世田谷睡眠呼吸センター」の評判・口コミ

テキパキした女医さんが何人かでローテーションで診ています。
全ての先生に診てもらったことがありますが、皆さん当たり外れがなく、とても腕のいい先生ばかりです。
いつも私や家族の症状や、パターンを言い当てられ、的確に処置してくださいます。
一度、9月に子供がインフルエンザになり、色んな小児科を回っても夏風邪の残党だと言われ続け、最終的に私にも移り、喉が激痛で辛かった為、内科ではなく咽頭科のあるこちらに伺いました。

https://caloo.jp/hospitals/detail/4130002863/reviews/127214
住所:東京都世田谷区南烏山4-12-10 フロンティアビル2階
電話番号:03-5315-8210

5.無呼吸の入院検査をしている「グッドスリープ・クリニック」

Retina fireshot capture 16                                           http   www.good sleep.gr.jp index.html
芝公園と大門の間にあるクリニックなので、交通アクセスがいいです。
1泊入院で、無呼吸症候群をしっかり機械をつけて検査するので、症状具合がデータでわかるので、説明もしっかりしていると評判です。

「グッドスリープクリニック」の評判・口コミ

[症状・来院理由]

通院して病院の先生に、眠れていないのではないかと言われ、紹介して頂いたのかきっかけっです。
検査入院をし、診断の結果、睡眠時無呼吸症候群でした。

[医師の診断・治療法]

睡眠時に、無呼吸になる回数が20回という診断結果が出ました。
この回数だとぐっすり眠れていることはないとのこと。
結果的に、寝ているのだが、翌朝に疲れが取れない状況が続きます。

治療法として、CPAPを付けて睡眠を取ります。
1ヶ月分のデータを持参すると、データをくれて、結果の数字を見ながら説明してくれるので、とても改善されたことが、体調からだけでなく、先生の説明からも分かります。


[感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応]

とても人気のある病院です。
そのため、待ち時間が長いです。

待っている間も、雑誌の種類が豊富にあるので退屈しません。
先生に呼ばれる前に、看護師さんたちの確認事項がありますが、的確で早いと思います。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2136012980/reviews/9294
住所:東京都港区芝大門2-10-1 第一大門ビル1F
電話番号:03-5733-3251

おわりに

いびきと一口にいっても、自覚症状がなく周りが気付く事が多いです。指摘されたら一度、受診してみてはいかがでしょうか。
事前予約が必要な病院が多いので、気になる病院に問い合わせてみてくださいね!

いびき対策の治療法おすすめ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

アクセスランキング

1

睡眠障害の主な種類6タイプとそれぞれの症状の特徴

921view
2

睡眠のゴールデンタイムに根拠はなかった!? それより重要なのは◯◯?

1559view
3

【知っているようで知らない!】夜更かしのデメリット

177721view
4

1分で眠れる!? 瞬時にリラックスして寝てしまうと噂の睡眠呼吸法とは?

1897view
5

ナルコレプシーとはどのような病気なの? 症状、原因やその治療法とは?

822view

おすすめキーワード