更新日: 2016年11月27日
247 view

【2016年最新版】岡山県総社市内にある「いびき」を診てくれるオススメ病院4選

寝ている時の自分の状態は、周囲に教えてもらわないと、分からないことが多いです。 いびきはうるさいだけではなく、身体に負担をかけている場合もあるので、ぜひ一度病院でいびきの相談してみてるといいですよ。 そこで今回は、岡山県総社市内でいびき相談ができる病院をご紹介します。

1.「医療法人弘友会 泉クリニック」

Izumiclinic3 出典:http://www.izumi-no-kokoro.or.jp/
睡眠時無呼吸症候群の検査を受けられる病院です。検査は自宅で受けられ、無呼吸のタイプ別に対応、治療をしてくれます。

「医療法人弘友会 泉クリニック」の口コミ・評判

待合室のベンチに岩盤浴(?)みたいな石でできたものがあり、驚きました!

いろいろな薬が調合されている茶色いシロップのような水薬をもらいました。飲んですぐに咳が和らぐ感じがして、「あ、効いているな」と実感しました。1本飲み切る前にすっかり止まりました。最初からここに来れば良かったです。

ドクターや看護婦さん、受付の女性も親切でした。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2330011541/reviews/69323

「医療法人弘友会 泉クリニック」の住所・電話番号

岡山県総社市小寺995-1
0866-94-5050

2.「総社みみ・はな・のどクリニック」

Retina fireshot capture 76                      https   www.soja ent.com
携帯型の装置を使った検査や、入院して終夜睡眠時検査をして診断してもらえます。
治療も症状に合わせて行い、いびきの軽減に有効な、生活習慣の改善を指導してくれます。
病院は新しくオンライン予約もあり、清潔感があります。

「総社みみ・はな・のどクリニック」の口コミ・評判

新しく出来た耳鼻科です。建物はオレンジを基調とした一階建てで広くはないですが、とても綺麗で清潔感があり入りやすいです。受付の方も感じがよく、絵本やキッズスペースなどかあり、子供がいても安心して通う事が出来る雰囲気でした。待ち時間は初診でも少なく、検査もスムーズに終わりました。

https://caloo.jp/hospitals/detail/4330000161/reviews/108549

「総社みみ・はな・のどクリニック」の住所・電話番号

岡山県総社市総社2丁目20-10
0866-90-3387

3.「医療法人雄栄会 角田医院」

Retina fireshot capture 77             i                http   sumida clinic.jp
診療時間が、朝は8:30分から夜20時までと、遅くまで診察が受けられます。
仕事や学校の帰りにも受診できるので助かりますね。

「医療法人雄栄会 角田医院」の住所・電話番号

岡山県総社市中央3丁目3-113
0866-93-1288

4.「医療法人清音クリニック」

Photo 出典:http://kiyone-clinic.jp/
しっかり診察してくれるので、評判も良く、人気の病院です。
患者は多いですが、一旦外出することもでき、診察の10分程前には電話で連絡をしてもらえます。患者の立場を考慮してくれているのが伝わりますね。

「医療法人清音クリニック」の口コミ・評判

なんでもすぐに薬を出すのではなく、食事に気をつけたり、運動したりしてから
様子を見て薬にしましょうと言われました。栄養士の方と、食事の記録をつけてみて
コレステロールを下げるような食事のあり方を教えていただきました。
薬を出してもらうのは簡単だったと思いますが、飲み続けるにはお金もかかります。
出来ることをしてみましょうと言われて本当に助かりました。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2330011545/reviews/26147

「医療法人清音クリニック」の住所・電話番号

岡山県総社市清音三因606-1
0866-94-4111

いびき対策の治療法おすすめ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

アクセスランキング

1

睡眠障害の主な種類6タイプとそれぞれの症状の特徴

6733view
2

【知っているようで知らない!】夜更かしのデメリット

178323view
3

1分で眠れる!? 瞬時にリラックスして寝てしまうと噂の睡眠呼吸法とは?

2361view
4

ガムで眠気覚ましになる? 効果とコンビニで買えるおすすめガム3選

808view
5

実は、二度寝には明確なメリットが? 正しい二度寝の方法とは?

3576view

おすすめキーワード