更新日: 2016年11月28日
1569 view

【2016年最新版】広島市内にある「いびき」を診てくれるオススメ病院4選

いびきを治したいと考えているなら、一度病院で相談してみてください。 病院で相談することで、生活習慣を改善したり、適切な治療をしたりすることで、治せるかもしれません。そこで今回は、広島市内でおすすめの病院を5軒ご紹介します・

1.「土井内科神経内科クリニック」

Retina fireshot capture 84                                                         http   www.doi naika.com
電車では、紙屋町東から徒歩1分。バスでは紙屋町から徒歩1分という、便利な場所にあります。こちらの病院では、睡眠時無呼吸検査(アプノメーター)を受けることができます。

「土井内科神経内科クリニック」の口コミ・評判

・院長先生が、気さくで親切である。
・13年前に、肝硬変からくる食道静脈瘤破裂の手術以来今まで無事過ごしてこれたのも、相光先生の適切な指導のおかげである。これからも、長くこのままお世話になりたいと思っているこのごろである。

https://www.10man-doc.co.jp/wom/hiroshima/001/5

「土井内科神経内科クリニック」の住所・電話番号

広島県広島市中区紙屋町1丁目1-17 広島ミッドタウンビル1F
082-242-7878

2.「だんばら耳鼻咽喉科クリニック」

Retina fireshot capture 85                      http   www.danbara jibika.sakura.ne.jp index.html
2016年10月に開業されたばかりの、新しいクリニックです。
院長は女性の先生です。
マックッスバリュ・段原ショッピングセンターの駐車場が利用できるので、車での通院もできます。

「土井内科神経内科クリニック」の住所・電話番号

広島県広島市南区段原南1丁目3-53 広島イーストビル1F
082-263-4133

3.「医療法人社団飛翔会 寛田クリニック」

Topimg 出典:http://www.hishokai.or.jp/kanda/
広島市でとても有名なクリニックで、スポーツ選手も多く通っているそうです。
ビルの一角にあるクリニックですが、ビル自体も、クリニック内も、掃除が行き届いていて清潔な印象です。

「医療法人社団飛翔会 寛田クリニック」の住所・電話番号

広島県広島市南区稲荷町3-20 トーレ稲荷町2F
082-261-7030

4.「西原セントラルクリニック」

Top05 出典:http://koenkai-gr.jp/medical/central-clinic/
西原駅のすぐ目の前にある病院で、交通の便も良いです。
木曜日、土曜日の午後も診察しているので、助かりますね。
睡眠時無呼吸症候群の精密検査ができる設備も充実しています。

「西原セントラルクリニック」の口コミ・評判

先生も看護師さんも気さくで親身になってくれますし、病状の説明や治療に対しても解りやすく説明してくれるので、不安などを感じることなく治療を受けることができます。
清潔感: まだ開設されて新しいクリニックなので外観も内装も非常に綺麗になっており、ホテルのフロントのような清潔感やスマートさのあるデザインとなっています。
待ち時間: 時間帯によって運んでいる時もありますが、予約をしていればそこまで待たされることなく診療を受けることができます。初診の場合は少し時間はかかりますが、待合室で時間をつぶすことはできますし苦痛を感じるほどではなかったです。

https://byoinnavi.jp/clinic/254008/reviews

「西原セントラルクリニック」の住所・電話番号

広島県広島市安佐南区西原8丁目33-3
082-871-1177

いびき対策の治療法おすすめ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

アクセスランキング

1

睡眠障害の主な種類6タイプとそれぞれの症状の特徴

6731view
2

【知っているようで知らない!】夜更かしのデメリット

178322view
3

1分で眠れる!? 瞬時にリラックスして寝てしまうと噂の睡眠呼吸法とは?

2361view
4

ガムで眠気覚ましになる? 効果とコンビニで買えるおすすめガム3選

808view
5

実は、二度寝には明確なメリットが? 正しい二度寝の方法とは?

3575view

おすすめキーワード