更新日: 2017年01月29日
2433 view

【2017年最新版】東京・台東区にある「いびき」を診てくれるオススメ病院6選

台東区は、江戸時代に寛永寺や浅草寺の門前町として栄えたエリアで、活気あふれる商店街もあり、下町情緒の残る街です。 浅草寺、合羽橋、上野公園など、観光の街としても有名ですね。 そんな台東区で、いびきを診てくれる病院をご紹介します。

1.予約不要で行ける「浅草クリニック」

Topmain 2013.2 出典:http://www.asakusa-clinic.or.jp/
浅草クリニックは、診療科が多くあるのであらゆる症状に対応できるのが強みです。
いびきは、他の病気と関連がある場合も多いので、一つの病院で診てもらえるのは助かりますね。いびきは、呼吸器内科で相談できます。CPAPでの治療が可能です。

「浅草クリニック」の口コミ・評判

古そうな病院でしたが綺麗で暖かく、テレビ、雑誌もあり、待ちやすかったです。
30分位して、別の待合室に呼ばれ10人位待ってました。端の席は、壁が冷たくて寒かったです。ここでもテレビがあり、問診→待合室→注射の順で20分位かかりました。診察室に入るとカーテンで仕切られた3つのブースがありました。お医者さんは、こちらをみて問診してくだいました。4価になり痛いときいて居ましたが、痛く無かったです。

呼ばれるとき、お会計のとき、優しく「お待たせしました。」といってくれて、先生も丁寧で感じの良いクリニックでした。子供の予防接種でも利用させて頂こうと思います。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2131418170/reviews/93622

「浅草クリニック」の住所・電話番号

東京都台東区浅草4-11-6
03-3876-3200

2.入谷駅から徒歩0分! 下谷医師会「斎藤耳鼻咽喉科」

駅から歩いて0分という立地の良さが嬉しい「斎藤耳鼻咽喉科医院」。土曜日の午前も診療してくれているのが安心ですね。

「斎藤耳鼻咽喉科」の住所・電話番号

東京都台東区入谷1丁目18-5 日伸ハイツ202
03-3871-8733

3.入谷駅から徒歩2分「谷口内科」

院内はとても綺麗で清潔感があります。
東京メトロ日比谷線 入谷駅から徒歩2分という便利な場所にあるのも、通いやすくておすすめです。睡眠時無呼吸の検査を受ける事ができます。土曜日の午前も診療可です。

「谷口内科」の口コミ・評判

一日中ひっきりなしに診察をされているのに、診察は丁寧で院長の人柄も良く、親身になって診てくれます。
薬出しときゃOKのようなお医者さんではなく、薬は極力避けようとしてくれますし、専門外の病の疑いがあったときは無理に抱えずにすぐに専門医を紹介してくださる謙虚さもあり信頼してます。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2135413922/reviews/153354

「谷口内科」の住所・電話番号

東京都台東区竜泉1-10-6
03-3872-1369

4.診療科が多い「永寿総合病院」

Img03 出典:http://www.eijuhp.com/gairai/shinsatu.html#01
広く開放的で、明るい印象の総合病院です。呼吸器内科でいびきの相談ができます。
睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合は、簡易検査や、1泊2日で行う、ポリソムノグラフィー検査を受ける事ができます。

「永寿総合病院」の口コミ・評判

休日に子供を見てもらいました。夜中に呼吸がしづらそうで咳も止まらずあまり寝れなそうにしていたので朝連れていきました。受付もすぐにしてもらえ、こんなにも酷いのは初めてだったので、心配で診察に呼ばれるのを待ちました。先生は二人体制なのか、男性の医師が二人いました。自分自身そのような病名を聞くのは初めてで、心配で質問したら丁寧に細かく説明してくださいました。無事に薬も処方箋で処方してもらい、病院の目の前に処方箋薬局があったのですぐに頂く事ができました。

https://caloo.jp/hospitals/detail/1131400370/reviews/166099

「永寿総合病院」の住所・電話番号

東京都台東区東上野2丁目23-16
03-3833-8381

5.周囲に駅がたくさんあり通院にも便利な「服部医院」

T07 出典:http://www.hattori-clinic.sakura.ne.jp/index.html
服部医院は、内科、呼吸器内科、小児科、アレルギー科のあるクリニックです。中でも呼吸器内科を得意としています。

睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は早期の検査が必要になりますが、こちらのクリニックでは、呼吸器内科で検査と治療を受けることができます。土曜日の午前も診療可です。


「服部医院」の口コミ・評判

古びた小さな町医者というイメージですが、小児科、内科、アレルギー科などあり大変便利です。
平日15時から1時間は予防接種が受けられますが、予約不要で待ち時間もほぼ無しなので効率も良いです。
通常の診療だけでなく、花粉の舌下治療や遅発性が他アレルギー検査、にんにく注射など新しいこともなさってるのが気に入っています。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2131404320/reviews/162458

「服部医院」の住所・電話番号

東京都台東区元浅草3-4-7
03-3842-1851

6. 開業して70年「浦尾医院」

67 ext 03 0 s 出典:http://www.uraoiin-ioukai.com/about_us/
開業して70年の歴史ある医院です。駅から近いのも通いやすくていいですね。
大学病院との連携をしっかり行なっているので、精密検査など必要になった時は安心です。ナステントのフィッティングと購入ができます。

「浦尾医院」の口コミ・評判

主に子供の耳鼻科として利用させてもらっています。
病院はとても綺麗で先生方は日替わりで数名、皆優しく子供の診察をしてくれ、
子供たちも行くのを嫌がりません。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2131307900/reviews

「浦尾医院」の住所・電話番号

東京都台東区根岸5-17-6 1階
03-3875-0242

いびき対策の治療法おすすめ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

アクセスランキング

1

いびき対策にリュック!? いびきにリュックが効く理由と効かせ方

3310view
2

AB型は睡眠不足に弱いって本当? 血液型による睡眠事情について

101555view
3

仰向け? うつぶせ? 疲労回復効果が最も高い寝方とは?

2089view
4

昼寝とどう違うの? 流行中のパワーナップの正しいやり方とその効果とは?

13970view
5

3月生まれは睡眠不足に弱いかも!? 生まれ月でわかる、なりやすい病気とは?

7317view

おすすめキーワード