更新日: 2017年02月14日
210 view

【2017年最新版】東京・日野市にある「いびき」を診てくれるオススメ病院4選

東京都のほぼ中心部に位置する日野市。 モノレールや、2つの鉄道も走っているので、利便性も良く、住みやすい街としても知られています。多摩動物公園や、高幡不動尊が有名ですね。 そんな日野市で、いびきを診てくれる病院をご紹介します。

1.高幡不動駅から徒歩2分「鈴木内科クリニック」

Machiaishitsu 01 出典:http://www.suzukinaika-cl.com/
しっかりと話を聞いてくれる優しい先生の病院で、相談しやすい雰囲気です。
睡眠時無呼吸症候群の治療に力を入れている病院なので、治療も安心して受けられますね。
院内もとても綺麗で清潔感があります。

「鈴木内科クリニック」の口コミ・評判

当たり外れが大きい内科において安定の病院だと思います。
感じが良い受付、綺麗な院内、ほぼ待ち時間のない案内等、
忙しい現代人にはピッタリです。
ただ最近、院長先生ではなく違う先生ばかりなのが気になりますが、
どちらも患者の希望に沿った薬の出し方をしてくれる先生なので
問題はないと思います。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2139112520/reviews/170312

「鈴木内科クリニック」の住所・電話番号

東京都日野市高幡1009-7 TIKビル2F
042ー599ー7021

2.信頼できる院長のいる「石塚医院」

Retina fireshot capture 199                                                http   ishizuka.byoinnavi.jp pc
睡眠時無呼吸症候群の、自宅検査が受けられる病院です。
モデルハウスの2階にあり、豊田駅からも近く、徒歩2分の便利な場所にあります。
午後の診察が13時30分からと、早くに始まるのも嬉しいです。

「石塚医院」の住所・電話番号

東京都日野市多摩平2-3-4 オリエント丹野マンション豊田106
042-584-4111

3.日本睡眠学会認定医のいる「高幡耳鼻咽喉科」

A0070 出典:http://hino-med.or.jp/clinic.php?id=a0070
ベテランの医師が、テキパキと診察してくれます。
優しい先生なので、気になることも相談しやすいです。
人気の病院で、患者も多いですが、電話やネットから予約もできます。

「高幡耳鼻咽喉科」の口コミ・評判

受付から診察、処置室まで保健室にあるような仕切りカーテンのみで全体が見えるつくりでした。
待合室も混んでいて、これはだいぶ待つようだなと思ったのですが、仕切りカーテンを間に置いて診察台二つ、先生が常に行ったり来たりして進めていくのですごくスピーディでした。
はっきりとした口調でテキパキしているのに丁寧に説明して頂けるので良かったです。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2137425460/reviews/146777

「高幡耳鼻咽喉科」の住所・電話番号

東京都日野市高幡1001-8 久野第二ビル4階
042-592-5467

4.丁寧な対応の総合病院「日野市立病院」

Main image02 出典:http://hospital.city.hino.tokyo.jp/
検査設備も整った大きな病院なので、気になる症状もしっかり検査してもらえます。
駅からは少し距離がありますが、病院前に停まるバスがあります。
再診からは予約ができますので、スムーズに診察を受けられますよ。

「日野市立病院」の口コミ・評判

入院期間中も医療・看護・スタッフの皆様の様々な気配りで心配していた入院生活も適度な快適ささえ感じながら送ることが出来ました。病室は大部屋でも4人までとなっているようです。採光も良く陰湿な感じが一切ないことも大きく寄与していると思います。
気になる病院食ですが自分の味覚にとても合う味付けで助かりました。
いくら感謝しても感謝しきれないほどの気持ちで一杯です。

https://caloo.jp/hospitals/detail/1137402060/reviews/173075

「日野市立病院」の住所・電話番号

東京都日野市多摩平4丁目3-1
042-581-2677

いびき対策の治療法おすすめ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

アクセスランキング

1

睡眠障害の主な種類6タイプとそれぞれの症状の特徴

921view
2

睡眠のゴールデンタイムに根拠はなかった!? それより重要なのは◯◯?

1559view
3

【知っているようで知らない!】夜更かしのデメリット

177721view
4

1分で眠れる!? 瞬時にリラックスして寝てしまうと噂の睡眠呼吸法とは?

1897view
5

ナルコレプシーとはどのような病気なの? 症状、原因やその治療法とは?

822view

おすすめキーワード