更新日: 2017年03月19日
181 view

【2017年最新版】東京・福生市にある「いびき」を診てくれるオススメ病院4選

福生市は全国で3番目に小さな市で、横田米軍基地が、その3分の1を占めていることでも知られています。 異国情緒あふれる街並みが人気で、移り住む人もいるほどです。 そんな福生市で、いびきを診てくれる病院をご紹介します。

1.安心できる公立病院「公立福生病院」

Mainv02 出典:http://www.fussahp.jp/
大きな病院ですが、予約システムがしっかりしているので、スムーズに診察してもらえます。駐車場もあるので、車での通院も便利です。
常勤医師が複数常駐しているので、安心ですね。

「公立福生病院」の住所・電話番号

東京都福生市加美平1丁目6-1
042-551-1111

2.親身になってくれる「波多野医院」

150115 02 出典:http://www.hatano-clinic.org/
どの医師も患者の話を親身になって聞いてくれるので、急かされる感じもなく、説明もきちんとしてくれるので、安心して診察を受けられる病院です。
院内も明るく清潔感があり、ビルの中にある病院ですが、入りやすい雰囲気です

「波多野医院」の口コミ・評判

こちらにお世話になってから数年が経ちます。ある病気が過去にありまして定期的に検査を受けております。内科と眼科が一緒で患者さんがどちらの診察で待っているのか?検討がつきません。糖尿病専門の病院なのか?それで眼科が入っているのかな?と思います。患者さんにしては眼科、内科で別々の病院へ行くよりも同じ病院で済む方が楽ですよね。混雑している日は院長先生の診察している曜日かと思います。福生駅の近くなので有料の駐車場もあるし便利な所だと思います。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2138702490/reviews

「波多野医院」の住所・電話番号

東京都福生市福生1046 コヤマビル3F
042-551-7545

3.新しく綺麗な病院「大聖病院」

Ent 出典:http://www.taisei-hospital.jp/
医師も看護師も、話しやすいので、気になる症状などを気軽に相談できます。
大きな病院で、目の前にバス停があり、交通の便も良いです。

「大聖病院」の口コミ・評判

主人が突然歩けなくなってしまい、受診すると持病のヘルニアから来ているとのことですぐに入院となりました。手術が必要ということで初めてのことで不安でいっぱいでしたが、主治医の先生がとても話しやすく、説明もわかりやすかったので安心してお願いすることができました。(入院中に知りましたが、脊椎やせき髄でいろいろ資格を持った先生のようでした)

子どももまだ小さく、病気が分かった時は治らなかったら…と暗い気持ちになりましたが、今ではすっかり回復して以前と変わらない生活を送ることができています。良い先生に出会えて本当によかったです。

https://caloo.jp/hospitals/detail/1138700330/reviews/127846

「大聖病院」の住所・電話番号

東京都福生市福生871
042-551-1311

4.地域に根差した診療をしている「津田クリニック」

Top img 出典:http://www.clinic-tsuda.jp/
睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング検査をしてもらえます。
とても綺麗で清潔感のある病院ですので、リラックスして診察を受けられますよ。
駐車場もあるので、車で通院もできます。

「津田クリニック」の住所・電話番号

東京都福生市福生二宮2461
042-513-3656

いびき対策の治療法おすすめ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

アクセスランキング

1

睡眠障害の主な種類6タイプとそれぞれの症状の特徴

921view
2

睡眠のゴールデンタイムに根拠はなかった!? それより重要なのは◯◯?

1559view
3

【知っているようで知らない!】夜更かしのデメリット

177721view
4

1分で眠れる!? 瞬時にリラックスして寝てしまうと噂の睡眠呼吸法とは?

1897view
5

ナルコレプシーとはどのような病気なの? 症状、原因やその治療法とは?

822view

おすすめキーワード