更新日: 2017年03月25日
296 view

【2017年最新版】千葉・船橋市にある「いびき」を診てくれるオススメ病院4選

船橋市は千葉県の北西部に位置し、最近では住みたい街ランキングにランクインするなど、ららぽーとやIKEAなどショッピンク施設が充実していて人気。 そんな船橋市で、いびきを診てくれる病院をご紹介します。

1.土曜の午後も診察している「船橋駅前内科クリニック」

Pic1 01 出典:http://funabashi-clinic.com/clinic
イトーヨーカドーの中にある、とても綺麗で清潔感のあるクリニックです。
いびきや、日中の眠気、起床時のだるさが気になる人は、問診や睡眠時無呼吸症候群の検査をし、診断してもらえます。
更に詳しく入院検査が必要な場合は、検査設備のある病院へ紹介してくれますよ。

「船橋駅前内科クリニック」の口コミ・評判

おすすめ度: 的確で丁寧に説明してくださる院長先生はもとより、受付の方、看護師の方、クリニックの全ての職員の方々のプロ意識がとても高く、たくさんいる患者さん一人一人に対しての温かい気遣いを感じました。クリニックに入った時から出る時まで100%満足しました!本物の接遇とは、こういうものだ!!と感動です。
対応: 最高でした。
清潔感: とても清潔でした。

https://byoinnavi.jp/clinic/250819/reviews

「船橋駅前内科クリニック」の住所・電話番号

千葉県船橋市本町7-6-1 船橋ツインビル東館イトーヨーカドー入居ビル6階
047-406-5515

2.予約なしでも受診できる「いとう耳鼻咽喉科」

Ito jibika web topimage1 出典:http://ito-jibika.net/index.html
病気についてきちんと説明してくれ、ベストな治療法を提案してくれる病院です。
分かりやすく話をしてくれるので理解しやすく、明るい雰囲気なので通いやすいと評判です。オンライン予約もできますよ。

「いとう耳鼻咽喉科」の口コミ・評判

おすすめ度: 対応が丁寧でやさしく、診察してくれる先生も好意的で話しかけるように接してくれます。
ただ少し狭いのが難点です。
対応: 順番に丁寧に誘導してくれるので、不安が少ないです。また、診察時の対応も良くスタッフ看護士の人たちのサポートもよくできています。

https://byoinnavi.jp/clinic/55959/reviews

「いとう耳鼻咽喉科」の住所・電話番号

千葉県船橋市前原東4-13-3 やつや本社ビル3F
047-473-8733

3.船橋駅から徒歩2分「船橋駅前みみはなクリニック」

Pic05 出典:http://mimihana.jp/
親身な姿勢で丁寧に診察をしてくれるので、とても人気のあるクリニックです。
しっかり眠れず、いびきが気になる場合は、睡眠時無呼吸症候群の自宅でできる検査を受けられます。
予約制ですので、事前に確認してみましょう。

「船橋駅前みみはなクリニック」の口コミ・評判

検査、投薬においても強制ではなく、本人が選択、希望できるので不本意な診療になることはなく快適です。
丁寧な問診、的確な診断と処方でした。

先生が模範となっているのか、受付、看護師さん等全てのスタッフが丁寧で感動的でした。
寝台に横になって点滴をする際も細かな気配りが嬉しかったです。ありがとうございます!

https://byoinnavi.jp/clinic/260672/reviews

「船橋駅前みみはなクリニック」の住所・電話番号

千葉県船橋市本町7-6-1 船橋ツインビル東館6F
047-411-3387

4.南船橋駅より徒歩5分「南船橋クリニック」

内科、小児科、皮膚科などがあるクリニックです。
周辺の病院ともしっかり連携しています。予防接種や健康診断でも利用でき、かかりつけ医としても人気があります。

「南船橋クリニック」の口コミ・評判

看護師や受付・スタッフの対応について
一度、問診票を忘れた際には嫌な顔せずに受付で貰えることができました。また、保健所に問合せが必要な際に、携帯を忘れてしまい、そのことを伝えると電話を貸してくれました。とても親切でした。

https://dr.o-uccino.jp/clinic/155620/kuchikomi/#k-221

「南船橋クリニック」の住所・電話番号

千葉県船橋市若松2丁目6-1
047-431-1820

いびき対策の治療法おすすめ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

アクセスランキング

1

AB型は睡眠不足に弱いって本当? 血液型による睡眠事情について

100775view
2

昼寝とどう違うの? 流行中のパワーナップの正しいやり方とその効果とは?

13497view
3

いびき対策にリュック!? いびきにリュックが効く理由と効かせ方

2099view
4

3月生まれは睡眠不足に弱いかも!? 生まれ月でわかる、なりやすい病気とは?

6813view
5

睡眠時無呼吸症候群だと全身麻酔ができないことも!? その理由とは?

3244view

おすすめキーワード