更新日: 2017年05月25日
2768 view

いびきには男女差がある? ない? 両論をとりあげ、その内容を解説

どちらかというと、いびきは、男性がかきやすいというイメージがあります。しかし、女性でもいびきに悩まされている人はけして少なくありません。果たして、いびきには男女差があるのでしょうか? それともないのでしょうか? 実は、どちらも正しいというのが正解です。これから、さらに詳しくご紹介します。

<男女差の前に>いびきをかくメカニズムとは?

Retina pixta 21368960 s
そもそもいびきをかく、メカニズムそのものに男女差は、ありません。男性のいびきも、女性のいびきも、睡眠中に、何らかの原因で、喉にある気道が狭くなることで起こります。気道が狭くなると、スムーズに通れなくなった空気が、喉の粘膜を振動させます。その振動音がいびきの正体です。


喉にある気道が狭くなる主な原因としては、舌根や口蓋垂(のどちんこ)が大きい、扁桃腺が大きい、首や喉まわりに脂肪がつきすぎている、仰向けに寝る習慣、のどの筋力の低下などがあります。

いびきには男女差がある!? その根拠とは?

Retina pixta 28723628 s
男性に比べて、女性の方が、いびきをかきにくい、この男女差については、明確な理由が存在します。それは、女性ホルモンの存在です。

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがありますが、このうち、黄体ホルモンには、気道を広げる働きがあるようです。黄体ホルモンには、上気道(鼻から鼻腔、鼻咽腔、咽頭 喉頭までの気道)にある筋肉の動きを活発にして、空気の通りをスムーズにする働きがあります。

つまり、この黄体ホルモンの働きによって、女性は男性に比べて、いびきをかきにくいと考えられています。(女性ホルモンは、男性にも分泌されていますが、その分泌量には、明らかに男女差があるため、それに伴って、いびきのかきやすさにも男女差が生じる、と考えることもできます)

「いびきに男女差なし」説の根拠とは?

ただし、男性よりも女性のほうが女性ホルモンの分泌量が多いとはいっても、同じ女性でも更年期以降は、女性ホルモンの分泌量が極端に減少するため、男性と更年期以降の女性とでは、女性ホルモンの分泌量に関しては、ほぼ男女差がなくなると考えられます。

そのため、男性と更年期以降の女性を比較した場合に限り、どちらも女性ホルモンの働きが期待できない、という点においては、男女差がなくなります。それにともなって、いびきのかきやすさにも男女差がなくなる、という見解に至らせることは可能かもしれません。

NPO法人睡眠時無呼吸症候群ネットワークの副理事長である渡邉了之氏によりますと、若いころは、女性はあまりイビキをかかなくても、更年期を境にいびきをかく女性が急増し、その時点で、男女差はほぼなくなるということです。

はいから「更年期障害とイビキ」

おわりに

いかがでしたか?いびきというのは、本人は無自覚なため、男女差のあるなしについても、実際にデータをとって検証するのがむずかしくなるようです。ちなみに、同じく気道が狭くなることで発症する睡眠時無呼吸症候群の発症率には、男女差がないということが、いくつかの検証から明らかにされているようです。睡眠時無呼吸症候群の最大の特徴が大いびきであるといわれていることから、この検証結果が、いびきの男女差と、何らかの因果関係があると考えられるかもしれません。

ネルコト編集部厳選! いびき対策グッズ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)




付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

アクセスランキング

1

いびき対策にリュック!? いびきにリュックが効く理由と効かせ方

3316view
2

AB型は睡眠不足に弱いって本当? 血液型による睡眠事情について

101557view
3

仰向け? うつぶせ? 疲労回復効果が最も高い寝方とは?

2090view
4

昼寝とどう違うの? 流行中のパワーナップの正しいやり方とその効果とは?

13971view
5

3月生まれは睡眠不足に弱いかも!? 生まれ月でわかる、なりやすい病気とは?

7317view

おすすめキーワード