更新日: 2017年06月06日
1046 view

これで乗り切れる! 梅雨の寝づらさを快適に過ごす為のポイント

もうすぐ梅雨入りです。体がだるい人や頭痛に悩まされる人も多くなるのではないでしょうか。また、睡眠が取りづらく、不眠気味という方も少なくないようです。寝づらくなってくる季節に、乗り切る秘訣をまとめてみました。

梅雨と不眠、関係はあるの?

Retina pixta 22889372 s
梅雨の時期、不眠になるという人もいるようです。梅雨と不眠には関係があるのでしょうか? 梅雨は一年の中で最も湿度が高くなる時期です。体がだるい方や睡眠が十分に取れない方は、この高湿度や不安定な天気による寝苦しさが原因かもしれません。

日によって低気圧の日も増えるため、だるさや頭痛など身体症状が出る人も。また、日光に当たる機会が減少し、メラトニン分泌が減少する事で、体内時計が狂ってしまうこともあるようです。

梅雨時期は湿度に注意! 快適な環境で不眠解消へ

Retina pixta 23602496 s
室内の湿度を下げて、快適な睡眠環境を整えましょう。

1.エアコンや除湿器を活用

温度や湿度が高いと寝苦しいもの。温度は寝る前は26度程度、湿度は50〜60%に調節しましょう。

2.新聞紙で布団の湿気を吸収

寝ている間には、たっぷりと汗をかくものです。新聞紙を布団の下に敷いておくだけで、水分を吸収してくれる効果がありますよ。起きた時に新聞紙を捨てて、新しいものに変えればOK。

3.竹炭を湿気に使用

竹炭は天日干しすれば何度でも使用できます。部屋に置いておくと良いでしょう。

4.ペットボトルも湿気取りに使える!?

ペットボトルの中に水を8割ほど入れて凍らせます。そのまま、部屋に置いておきましょう。部屋の水分がペットボトルの周りの結露になってくれるそう。ただし、結露がたっぷりつくので、下にたらいなど置き、水分の受け皿とするのをお忘れなく。

5.布団を干す

湿度が高い時の布団はダニだらけです。かゆいとなかなか眠りにくいものですね。こまめに布団を干すか、布団乾燥機を利用し、衛生的に管理しましょう。

梅雨時期の不眠に! 生活習慣の改善方法

Retina pixta 20288784 s
<日を浴びる>
朝起きたらカーテンを開け、日の光を浴びましょう。体内時計をリセットします。なかなか入眠しづらい方におすすめの方法です。

<運動>
梅雨の時期は天候が悪いため、運動不足になりがちです。仕事で頭は使って疲れているけれど、体の疲労感が無いため、寝付けないという状態にも陥りやすいもの。少しずつでも良いので、体を動かす時間をもうけると良いでしょう。

<入浴>
38度〜40度のお湯に20〜30分、入浴する事をおすすめします。心身の緊張がほぐれ、リラックスできますよ。また、入浴時に体温が上がり、寝る前までにゆっくりと体温が下がっていくので、眠りにつきやすくなります。就寝の直前ではなく、1時間前に入るのが良いでしょう。

おわりに

梅雨は寝づらくなって不眠になる方やだるさを抱える方が多いそうです。睡眠には、心身の休息、記憶の整理、ストレスの対処など、さまざまな機能があります。たかが睡眠と思わずに、1日1日の睡眠を大切にされてくださいね。

アクセスランキング

1

実は病気かも! 仕事中なぜ眠い? 午前中の眠気の原因と対処法まとめ

256view
2

あなたは知っていますか? 「いびき」の語源・由来

274view
3

寝落ち確定!? 寝る前に聴きたい「快眠音楽」の効果と選曲方法

118view
4

寝る時に足に違和感があって眠れない! むずむず脚症候群とは!?

293view
5

【赤ちゃんグッスリ!?】寝かしつけに効く3つのツボと効果的なツボの押し方

529view

おすすめキーワード