更新日: 2017年06月07日
70756 view

寝る時にTシャツ・短パンはNG!? 服装が睡眠の質をあげる!

皆さんは眠る時にどのような服装で寝ていますか? パジャマを着ている方は意外に少なく、Tシャツ・短パンやジャージで寝る方も多いようです。でも実は、パジャマには快適に眠るためのさまざまな機能があるんです。今回は睡眠時に快適な服装をご紹介したいと思います。

睡眠時に裸ではダメ? 服装の役割とは?

Retina pixta 19441919 s

1.温度調節

季節によって気温や湿度は異なります。気温や湿度の変化が大きいと、体調を崩しやすいため、衣服を着用して体温を調整した方が良いようです。

睡眠障害のある方は、特に慎重に、気温や湿度に合わせて衣服選びをすると良いようです。睡眠の質が向上するかもしれませんよ。

2.汗を吸収する

人間は睡眠中に汗をかきます。その汗をしっかり吸い取ってくれる素材の衣服が必要です。汗を吸収しないと、風邪を引く原因にもなります。汗をシーツが吸い取り、布団やマットレスに雑菌が増え、不衛生な状態になる事も。

睡眠時の服装選びのポイント3つ

Retina pixta 24167225 s

1.体を締め付けない素材と形状

ゆったりとした服装は、体を締め付けず、リラックスさせてくれます。しかしあまりにも大きすぎて、体にフィットしないものは脱げてしまうのでやめましょう。

2.汗を吸収して乾燥しやすい素材

一般的に人は一晩で200ccの汗をかくと言われています。睡眠中に汗を吸収し乾燥させてくれる素材が望ましいです。シルクや綿100%は吸水性が良いです。

3.動きやすさが大切!

私たちは、一晩で10回以上寝返りを打っています。動きにくい素材の服装だと、寝返りが打ちにくく、変な体勢になってしまう事も。睡眠中に窮屈な思いをするのは避けたいですね。フードがついているものやモコモコしている素材も動きにくいことがあるので注意しましょう。

ジャージやスウェットじゃダメ? パジャマの魅力とは?

Retina pixta 27370639 s
眠る時に1番適した服装はパジャマだと言われています。理由は、上でご紹介したポイントをすべて押さえていること。また、眠る際にパジャマに着替える事で「これから眠る」という入眠の儀式が出来上がるため、入眠しやすくなるのだとか。

反対に、ジャージやスウェット、Tシャツや短パンはどうでしょう? これらの衣服は丈夫に作られていますが、逆に厚手すぎて、「汗を吸い取ったあと乾燥しにくい」「素材に固さがあり寝返りが打ちにくい」などの特徴もあります。

実際、普段、パジャマを着ない20~40代の男女30人に1週間、パジャマを着て寝てもらい、睡眠状態を調べた調査もあります。パジャマを着て寝た夜は、寝つきにかかる時間が平均で9分間短縮した、夜中に目が覚める回数が少し減ったなどの結果が出ています。

出典:オムロンヘルスケアとワコールのパジャマと眠りに関する共同実験

なお、衛生面においては、パジャマは週に2回は洗濯するよう心がけ、布団もこまめに干しましょう。

おわりに

睡眠において服装は非常に大切です。服装で睡眠に影響が出るとは意外な結果ですよね。睡眠に悩まれている方は上記に述べたポイントを見ながら、ぜひパジャマ選びをしてみてください。

パジャマを着る以外にも睡眠の質を上げる方法がある!?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

224view
2

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

834view
3

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6125view
4

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

125view
5

【マウスピースが効かない! 】いびきが治らないときの適切な対処法とは?

2001view

おすすめキーワード