更新日: 2017年06月09日
4074 view

イギリスで「眠りの森の美女ダイエット」がブーム!? 専門家が危険性を指摘!

眠りの森の美女といえば、映画化やバレエ・劇の演目でも扱われる名作ですね。このお話になぞらえて、長時間眠ることで体力を温存し、食べる機会を減らすというダイエットが海外で流行っているそうです。専門家はこのブームに警鐘を鳴らしています。詳しくご紹介しましょう。

イギリスで「眠りの森の美女ダイエット」がブーム!?

51zftzdrlkl 出典:https://www.amazon.co.jp/%E7%9C%A0%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%A3%AE%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%A5%B3-%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E6%9C%9F%E9%96%93%E9%99%90%E5%AE%9A-DVD-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%BC/dp/B001CFXM70
眠りの森の美女とは、魔女の呪いで永遠の眠りについた女性の物語。この物語になぞらえて「眠りの森の美女ダイエット」と呼ばれるダイエット方法が話題になっています。

方法はシンプル。睡眠時間をなるべく多く取ることで、昼間、活動して食事に回す時間を減らそうというものです。中には、鎮痛剤や睡眠薬の助けを借りて、20時間も寝る女性もいるとか。

眠りの森の美女ダイエットの発端とは?

Retina pixta 24892333 s
発端は拒食症患者の個人ブログでした。「寝ると食べなくて済む」と書いた記事が話題となり、その後、拒食症のオンラインのコミュニティで、睡眠薬や鎮痛剤の使い方などの具体的なノウハウが共有され、広まって行ったようです。

こうしたオンラインコミュニティには、週末の間、寝続けて眠りの美女ダイエットを試すアイディアや、家族に監視されているといった悩みなど、さまざまな意見が寄せられています。

眠りの森の美女ダイエットの持つ危険性とは?

Retina pixta 26420423 s
専門家は、ダイエットでの睡眠薬や鎮痛剤の使用は、薬の過剰摂取につながるリスクがあると警鐘を鳴らします。

イギリスダイエットアソシエーション代表であり、ダイエットの専門家であるパテル氏は、この極端なダイエット方法は死を招くリスクがあるとコメントしています。また、寝すぎでやせることはないばかりか、肥満につながる可能性もあるそう。

オーストラリアのフリンダー大学心理学のトレイシー教授は、活動時間が減ることで、社会と関わる時間が減り、うつ気味になる危険性を指摘しています。また、睡眠時間を増やすことで体重が減るという研究結果はないとも言っています。「おそらく、起きた時に食べ過ぎてしまうからでしょう」とのこと。

DailyMail'Sleeping beauty diets' are putting women at risk of an overdose as they rely on sedatives to nod off for up to 20 HOURS a day to stop them eating"

おわりに

Retina pixta 14769877 s  1
寝ている時間が長く、社会と触れる時間が短くなってしまうと、そのうち社会から取り残されているような気持ちになったり、友人や家族との関係も希薄になってしまうかもしれません。

寝る時間が長くなればなるほど、起き上がるのも億劫になってしまいがち。うつになってしまうかもしれないという専門家の指摘も頷けますね。

効果が少なく、専門家から危険性が指摘される「眠りの森の美女ダイエット」。誰でも手軽に始められるところは魅力ですが、日本でブームになることはなさそうですね。

睡眠時間は長さより質が重要!? 睡眠の質を上げる方法とは?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

110view
2

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

212view
3

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6107view
4

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

822view
5

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1493view

おすすめキーワード