更新日: 2017年06月12日
14069 view

飲酒と睡眠の関係とは?飲むタイミングやお酒の種類によって睡眠を妨げない方法の紹介

飲酒と睡眠には深い関係があります。よく眠れるからという理由で、寝酒を習慣にしている方も 少なくないようです。実は、飲酒は、飲むタイミングや飲む量を間違えると、睡眠の妨げになってしまうようです。そこで今回は、睡眠の妨げにならない、飲酒のタイミングや、お酒の種類ごとの適量についてご紹介します。

飲酒と睡眠の関係

Retina pixta 25190960 s
アルコールには、興奮を鎮めたり、睡眠を促したりする働きがあります。そのため、寝る前にお酒を飲むと寝つきがよくなります。ただし、寝つきがよくなるお酒の量については個人差があり、人によって少量でも寝つける場合もあれば、かなり大量に飲まないと、寝つけない場合もあるようです。通常、アルコール度数の高いお酒をたくさん飲めば飲むほど、寝つきはよくなるようではあります。

いずれの場合も、寝る前の飲酒を習慣にしていると、次第に耐性がついてきて、量を増やさなければ、寝つきも悪くなっていくようです。
Retina pixta 28675234 s
また、寝る前の飲酒は、あくまでも寝つきがよくなるというだけであって、けして睡眠の質がよくなるわけではありません。

寝る前にお酒を飲むと、身体は、アルコールを処理するために、本来、休息できるはずの夜中にも、働かなくてはならなくなります。その結果、深い眠りに入れなくなり、睡眠の質が低下してしまいます。

また、アルコールには、利尿作用もあるため、夜中に尿意で目が覚めやすくなります。そのことも、睡眠の質を下げる一因になります。

寝る直前の飲酒は、飲む量に関係なく、たとえ寝つきがよくなるとしても、良質の睡眠を得るためには、避けるべきでしょう。

睡眠を妨げない飲酒のタイミングとその量について

Retina pixta 24389259 s
お酒を飲んでも、寝る直前に、身体からアルコールが抜けていれば、その影響を受けなくなるため、睡眠は妨げらないと、考えられます。

ただ、飲酒後にアルコール分が身体から抜ける時間は、飲む量やお酒の種類(アルコールの強さ)、また、性別や体重、体質によって違いが出てきます。

あくまでも一応の目安ですが、肝臓が、1時間にアルコールを処理できる量は、体重1kgにつき100ml程度とされています。

そこから計算すると、体重が60キロの人の場合、日本酒なら1合、ビール大瓶1本、ワイン1/3本、ウイスキーの水割り(シングル)2杯なら、およそ3時間で処理できるということになります。

これより体重が軽い場合や体質によって処理能力が低くなる場合は、その分、処理に必要な時間も多くなることになります。

一般的には、寝る3時間前までに上記の適量とされる量を飲み終えていれば、睡眠に大きな支障はないと考えられているようです。

おわりに

お酒に含まれるアルコールには、血管を広げて、血流をよくする効果もあります。寝る前の飲酒は控え、適量のお酒を、適切なタイミングで飲むようにすれば、睡眠の妨げにもならず、健康面での好い効果も期待できそうです。

飲酒を避ける以外にも睡眠の質をあげる方法とは?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

224view
2

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

834view
3

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6125view
4

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

125view
5

【マウスピースが効かない! 】いびきが治らないときの適切な対処法とは?

2001view

おすすめキーワード