更新日: 2017年06月14日
3341 view

よく眠れる枕の選び方。枕と睡眠の関係とは?

枕は、睡眠の質に大きく影響します。枕の選び方によって、睡眠の質が大きく左右されます。枕の選び肩を間違えると、よく眠ることができず、疲れがとれません。それだけでなく、いびきや肩こりを起こし、場合によっては首を傷めてしまうこともあります。そこで今回は、よく眠れる枕の選び方についてご紹介します。

<枕の選び方の前に>枕と睡眠の関係

Retina pixta 23845727 s
枕が、睡眠の質に大きく影響する、その理由は、枕によって、寝るときの姿勢が大きく変わってしまうからです。

最もよく眠れる寝るときの姿勢は、寝ているとき、立っている時の状態をそのまま保てる姿勢になります。人間の身体は、重力の関係で、自然なS字を描いています。寝ているときも、この自然なS字を描けるようにサポートするのが枕の役目です。

寝ている時の姿勢をしっかりとサポートしてくれる枕だと、よく眠れるため、睡眠の質は向上します。逆に、サポートがうまくできない枕だと、よく眠れなくなり、睡眠の質は低下します。

<よく眠れる枕の選び方1>高さ

Retina pixta 26296124 s
高すぎず低すぎず最適といえる高さを選ぶようにしましょう。

枕が高すぎると、気道が塞がれやすく、それがいびきを招き、よく眠れなくなります。また、首に負担がかかり、それが首のこりや肩こりを招きます。

枕が低すぎると、血液が頭に上りやすく、それによって脳が刺激されると頭が冴え、なかなか寝付けなくなります。

枕を当てたときに、首の骨が自然なカーブを保てる高さが、その人にとって理想的な枕の高さです。一応の目安として、その高さは、6センチだといわれていますが、性別や体型、体重、寝るときの姿勢によっても、かなり誤差が生じるようです。また、使用している敷布団の沈み込み具合によっても、さらに誤差が生じるため、それらのことも考慮して適宜高さを調整する必要があります。

できれば、高さを自由に調節できる枕がベストといえるでしょう。

<よく眠れる枕の選び方2>硬さ

枕の硬さもよく眠れるためには外せないポイントです。後頭部や首にピッタリとフィットする硬さが理想です。軟らかすぎると後頭部や首が沈み込み、硬すぎると後頭部や首が圧迫されるため、どちらの場合もよく眠ることができません。

<よく眠れる枕の選び方3>大きさ

Retina pixta 26386857 s
枕が小さいと寝返りを打ったときに枕から落ちてしまうことになり、それが安眠の妨げになります。寝返りに十分対応できる幅と奥行きのある枕が理想です。

一応の目安としては、横幅は、60センチ以上、奥行きは、50センチ以上です。体型にあわせて選びましょう。

いびきが気になる人におすすめしたい枕はこちら

仰向けで寝ることで気道が潰れてしまい、いびきをかきやすくなりますが、横向けで寝ることで気道を確保してしっかりと眠ることができます。よって疲れが取れやすく、日中の睡眠なども軽減できる可能性があります。


YOKONE(ヨコネ)というのは、簡単に言うといびきを解消してくれる枕です。
特殊な形をしていて、主にいびきの軽減や睡眠時無呼吸症候群の予防、腰痛の改善、睡眠の質の向上などに効果があります。

人が本来持っている寝方をある意味で矯正することによって、正しい身体の軸を支え、より呼吸をしやすくするというのが、YOKONE(ヨコネ)の特徴です。
呼吸が楽になるため、口を閉じやすくなり、正しい鼻呼吸にも繋がるため、全体的な睡眠の質、呼吸の質を改善する効果もあります。

YOKONE(ヨコネ)は、公式サイトや楽天市場で購入することができます。

半信半疑で注文したYOKONE枕ですが、少し高さが高いかな?という心配も吹き飛ぶ寝心地の良さにびっくりです。

http://intiinti.com/lp/p4010005/

枕は向き不向きあるのは承知しておりますが、とくに横向きで寝る方にとっては最適だとおもいます。おかげでぐっすり眠れています。

http://intiinti.com/lp/p4010005/

今まで感じたことのないやさしい感触でした。

http://intiinti.com/lp/p4010005/

おわりに

枕の選び方が正しくても、その使い方が間違っていては、元も子もありません。枕は、頭だけをあてるのではなく、首から上をあててください。肩先が枕の端にあたるくらいまで、しっかりとあてるのがポイントです。よく眠れる枕を選び、正しい使い方で眠ると、睡眠の質が向上し、翌朝スッキリ目覚められること、ほぼ間違いなしですよ。

枕で睡眠環境を整え、さらに睡眠の質をアップする方法とは?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1572view
2

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6222view
3

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

202view
4

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

907view
5

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

299view

おすすめキーワード