更新日: 2017年06月19日
3023 view

なぜ夜中に起きちゃうの?! 中途覚醒のメカニズムはこうだった!

穏やかにぐっすり眠りたいのに、なぜか途中で起きてしまう、そんな事はありませんか。なんで起きてしまうのでしょうか? こうした疑問に答えるべく、中途覚醒のメカニズムをまとめました。

眠りが浅い? 中途覚醒はどんな時に起きるのか

Retina pixta 23943148 s  1
夜中に何度も目が覚めてしまう、その際にまた眠りにつくのに時間がかかる症状を“中途覚醒”と呼びます。不眠のひとつであり、理由は様々です。目が覚めるタイミングは入眠後、90分の倍数であると言われています。レム睡眠という、眠りが浅く目が覚めやすい時間がくるのが90分ごとであり、その他の時間はノンレム睡眠と呼ばれ深い眠りにあります。しかしこの90分のサイクル以外にも覚醒する時間があります。それを以下にまとめました。

【1】加齢によるもの

年齢が上がるにつれて、ノンレム睡眠の深い眠りの時間が短くなると言われています。これはメラトニンの分泌が減るからであると言われています。メラトニンは非常に大切なホルモンで、夜間にきとんと分泌されると脈、血圧、体温が下がり、眠りへと繋がります。加齢により、以前よりメラトニンが分泌されないということは深く眠れなくなるという事です。それに伴い、中途覚醒の回数も増えると言われています。

【2】飲酒、飲食

飲酒に関しては、入眠しやすくなるのは事実としてあるかもしれません。しかし夜間頻尿や、肝臓が分解しようとして、アセトアルデヒドの分泌により交感神経を刺激され、脳が覚醒されてしまう可能性があります。それにより中途覚醒に繋がることもあるかと思います。飲食に関しては、食事が消化されていない状態のため、胃は消化しようとしており、活発に動いているため眠りが浅くなります。

【3】身体の痛み

身体に痛みがあるとゆっくり休めないため、中途覚醒に繋がる可能性があります。首や肩、腰等の痛みがある方は要注意です。マットレスや寝具が体に合ってない可能性があります。

【4】精神的ストレス

ストレスが大きいと、脳が十分に休めないまま睡眠に入る為、睡眠が深くならず、中途覚醒の頻度が増える可能性があります。レム睡眠の頻度が増えるとも言い換えられます。つまり夢を多く見ることにも繋がります。中途覚醒だけではなく、入眠障害も増えることもあります。

その中途覚醒、もしかしたら病気のサインかも・・・

Retina pixta 29155632 s
以下の病気があると、症状により中途覚醒してしまう場合があります。

【1】睡眠時無呼吸症候群

睡眠中、体の筋肉はリラックスしていますが、舌や顎の筋肉が緩んでる事も関係し、上気道が何らかの原因で狭くなり、そこを通ろうとする空気が振動し、いびきが起きます。そのいびきがひどくなった時、呼吸が止まる事があります。その症状が現れる病気を睡眠時無呼吸症候群と呼びます。呼吸が止まる事により、中途覚醒に繋がる事があります。

【2】周期性四肢運動障害

足や手が動く障害による、中途覚醒もあります。周期性四肢運動障害は、足がぴくぴく動いたり、ひじがガクっと動く障害を指します。自分がその障害の為に中途覚醒をしていると自覚はでき無い事が多いようです。

中途覚醒を予防しよう! 眠りを改善する為の方法4つ

Retina pixta 19806415 s
中途覚醒を予防し、眠りを改善する方法を4つご紹介します。

【1】睡眠ホルモンを増やす

メラトニンというホルモンは体内で夜に分泌され、睡眠に働くホルモンです。しかし先にも述べたように、メラトニンは加齢に伴い減少していくホルモンです。そのため加齢に伴い深い睡眠が取れなくなっていくのです。メラトニンを増やすには、セロトニンを増やすのが効果的です。なぜなら、メラトニンはセロトニンから出来ているからです。セロトニンを増やす方法は、太陽の光を浴びる事、セロトニンの原料となるトリプトファンを摂取する事、ダンス等のリズミカルな運動をすることが有効とされています。トリプトファンについてはサプリなども出ています。

【2】飲酒・飲食の時間を考える

飲酒は2時間前までには終わらせたいですね。肝臓で分解する際にアセトアルデヒドという物質が出て、自律神経の交感神経を刺激するため、覚醒してしまうのです。飲食は就寝3時間前までに終わらせるのが良いようです。就寝中に消化していると深い眠りを疎外されるためです。

【3】治療に取り組む

睡眠時無呼吸症候群・周期性四肢障害も十分に眠れていない可能性がありますので専門家の治療を受けることが望ましいでしょう。

【4】寝具が合っているか検討する

首、肩、腰などの痛みがある方は、寝具が合っているか検討して頂きたいです。特に固すぎるマットレスは寝返りが出来ず、体に負担をかけている可能性もあり得ます。マットレスの固さは重要なので、検討してみてください。

十分寝たのに疲れが取れない・・・、それはいびきが原因かも!

しっかり寝ているのに疲れが取れない、眠りが浅い気がする、夜ときどき目が覚める・・・。このような症状に悩むのは、もしかしたらいびきが原因かもしれません。こちらに編集部でおすすめのいびきグッズをご紹介します。

いびき対策におすすめのグッズ

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)




付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

おわりに

中途覚醒のメカニズムについてご理解いただけたでしょうか。生活習慣や、睡眠環境の見直しや、ホルモンバランスを整えることへ注意を向けて、中途覚醒を予防出来るといいですね。病気かな、と思われたら一度病院へ行かれることをおすすめします。

アクセスランキング

1

AB型は睡眠不足に弱いって本当? 血液型による睡眠事情について

99761view
2

昼寝とどう違うの? 流行中のパワーナップの正しいやり方とその効果とは?

12812view
3

いびき対策にリュック!? いびきにリュックが効く理由と効かせ方

1715view
4

3月生まれは睡眠不足に弱いかも!? 生まれ月でわかる、なりやすい病気とは?

6504view
5

不眠に酔い止めが効くって本当? そのメカニズムとは?

2067view

おすすめキーワード