更新日: 2017年06月29日
589 view

健康的な睡眠が過食やジャンクフード依存を防ぐって本当!?

睡眠不足の翌日、なんとなくジャンクフードに手が伸びてしまう・・・。こんな経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか? 最近の研究では、睡眠不足は、ストレスになるだけでなく、食生活にも大きく影響することがわかりました。詳しい研究結果をご紹介します。

睡眠不足だとジャンクフードを選びたくなる!?

Retina pixta 4823292 s
「睡眠不足の翌朝、妙に食べ過ぎてしまった。なぜかポテトチップスなどのジャンクフードが食べたくなってしまった」という経験はありませんか? また、ストレスがたまると、睡眠の質が下がりがちというのは、誰しも経験があることと思います。

学術誌「応用心理学」で発表された研究で、睡眠と食、ストレスには密接な関係があることが実証されました。

実験の対象になったのは、作業負荷が重く、睡眠時間が不足しがちな中国のIT企業の従業員125人と、顧客のクレームなどでストレスが溜まりがちな中国のコールセンターの企業の従業員110人。

彼らのどんな食べ物を食べたか、睡眠の質や睡眠時間はどうだったかと聞き取り調査を行いました。
Retina pixta 29919317 s
こうした実験の結果、前日に睡眠が不足していた従業員は、健康的な食品よりジャンクフードを選ぶ傾向にありました。

また、午前中お客さんのクレーム対応を行っていたコールセンターの従業員は、「ネガティブな気分で午後を迎え、夜も過食する割合が多く、睡眠の質も下がりがちになる」ということが分かりました。

つまり、睡眠不足によって、過食になったり、ジャンクフードに手が伸びやすくなる。また、勤務によるストレスは過食に結びつき、睡眠不足になりやすくなる。こうした悪循環が生まれていることがわかったのです。

睡眠と食は切っても切れない関係にあるんですね。

過食症とはどのような病気? 過食症の持つリスクとは?

Retina pixta 24072913 s
過食症とは食欲をコントロールできずに、異常なほど食事してしまう病気です。
症状としては 
(1)過食のみを繰り返す 
(2)過食と嘔吐を繰り返す の二種類があります。

原因としてまだわかっていないことも多いのですが、ストレスも影響しやすいようです。
Retina pixta 29919467 s
過食症は、摂食障害の一つです。摂食障害には、「神経性過食症(過食症)」「神経性無食欲症(拒食症)」「過食性障害」の3つがあります。ここ20年間で摂食障害の患者は10倍に増えているそうです。
摂食障害では、嘔吐や下剤の乱用を繰り返し、重篤化してしまうことも多いとか。生命の危険にさらされるケースもあります。

参考:厚生労働省「摂食障害とは」

どれくらいの睡眠時間が必要なの?

Retina pixta 29899571 s
一般的に健康的な睡眠時間は6時間〜8時間と言われています。
毎日しっかり睡眠時間を確保することは大変難しいものですが、病気を防ぎ、健康的な食生活を送るための基本と言えそうです。

おわりに

Retina pixta 28080490 s
過度な労働時間、自分自身が無理に仕事をしているとストレスが溜まり、それが過食という形で現れることもあります。過食に悩んでたり、不安な方は生活習慣、仕事とストレスとのバランスを見直してみてください。

出典:the Journal of Applied Psychology"Eating Your Feelings? Testing a Model of Employees' Work-Related Stressors, Sleep Quality, and Unhealthy Eating"

十分な睡眠時間なのに眠い・・・それ、睡眠の質に問題があり!?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)




付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

アクセスランキング

1

睡眠障害の主な種類6タイプとそれぞれの症状の特徴

921view
2

睡眠のゴールデンタイムに根拠はなかった!? それより重要なのは◯◯?

1558view
3

【知っているようで知らない!】夜更かしのデメリット

177721view
4

1分で眠れる!? 瞬時にリラックスして寝てしまうと噂の睡眠呼吸法とは?

1897view
5

ナルコレプシーとはどのような病気なの? 症状、原因やその治療法とは?

822view

おすすめキーワード