更新日: 2017年07月05日
3471 view

不眠で頭痛が起きるのはなぜ? 頭痛が起きるメカニズムとは?

あまり眠れなかった翌日、頭痛がひどいということは少なくないでしょう。不眠と頭痛には、密接な関係があるようです。頭痛が原因で不眠に悩まされる場合もありますし、不眠が原因で頭痛に悩まされる場合もあるようです。頭痛のタイプ別に、不眠で頭痛が起きるメカニズムについてご紹介します。

そもそも頭痛が起きるメカニズムとは

Retina pixta 21160442 s
頭痛には、いくつか種類があります。頭痛が起きるメカニズムの詳細については、それぞれの種類によって異なってきますが、いずれの場合も、何らかの原因によって頭部にある神経が圧迫されることで痛みが生じる点は、ほぼ共通しているようです。

不眠と関係のある頭痛は、主に緊張性頭痛、片頭痛、偶発性頭痛の3種類です。それぞれの発症のメカニズムについてさらに詳しく見ていきましょう。

<不眠と関係のある頭痛>1.緊張性頭痛

頭部や頭部周辺にある首や肩の筋肉が緊張して硬くなることで起こる頭痛です。硬くなった筋肉が神経を圧迫して痛みが生じます。なぜ硬くなってしまうかといいますと、血行が悪くなってしまうからです。血行が悪くなる原因は、主に不自然な姿勢を長く続ける、身体の冷え、ストレスによる自律神経の乱れなどです。
Retina pixta 18673345 s
枕や寝具が合わないなど、睡眠中の姿勢に問題があって血行が悪くなる場合に起りやすい頭痛です。肩こりや首のこりを伴う場合が多いのが特徴です。睡眠中に身体が冷えて血行が悪くなる場合も起こるようです。

例えば、睡眠中に緊張性頭痛の痛みで目が覚めて、それから眠れなくなって不眠になるといった場合も考えられます。不眠で、眠れないというストレスから、自律神経のバランスが乱れ、神経が緊張状態に陥ってしまうと、睡眠中の姿勢に問題がなくても、緊張性頭痛が起こる場合もあるようです。

<不眠と関係のある頭痛>2.片頭痛

Retina pixta 12578066 s
頭部にある太い血管が拡張することで起こる頭痛です。何らかの原因で拡張した血管が周辺にある三叉神経を圧迫することで、痛みが引き起こされます。血管が拡張する主な原因は、女性ホルモンの乱れ、ストレスや疲労による自律神経の乱れなどです。

ズキンズキンと脈打つような痛みが特徴です。光や音に過敏に反応し、吐き気が起こる場合もあるようです。
Retina pixta 29155420 s
不眠と関係がある片頭痛は、特に「睡眠時頭痛」「睡眠時無呼吸性頭痛」と呼ばれています。

「睡眠時頭痛」は、睡眠中に起こる片頭痛で、痛みのために、目を覚ましてしまい、それから眠れなくなります。中高年以降に起こりやすく、昼寝や仮眠の時にも、頭痛が起きる月の半分以上も繰り返すことがあります。詳しい原因は不明ですが、眠りの質や血液中の酸素不足が関係しているのと考えられています。

「睡眠時無呼吸性頭痛」は、睡眠中に気道が塞がれ、血液中の酸素濃度が低下し、逆に二酸化炭素濃度が増えることで、脳に悪影響が及ぶことで起こる頭痛です。鈍い痛みが特徴的です。

<不眠と関係のある頭痛>3.偶発頭痛

Retina pixta 27264264 s
頭痛が起きる詳細なメカニズムについては今のところ不明です。目の後ろにある血管が拡張して神経を圧迫して炎症を起こすことと関係があると考えられています。

目の奥が激しく痛むといった特徴があります。飲酒や喫煙により症状が悪化するといわれています
偶発性部痛は、明け方に起こりやすいといわれています。そのため、痛みで朝早くに目覚めてしまうという早朝覚醒タイプの不眠に陥りやすいです。

また、不眠による慢性疲労や慢性睡眠不足によるストレスが原因で、起こる場合もあるようです。

おわりに

いかがでしたか?頭痛も不眠も、どちらも脳の不調が原因であるという点で共通しているといえそうです。脳の不調は、ストレスと密接に関係している点も見逃せません。まさにストレスは万病の元。頭痛と不眠の両方の改善のためにも、ストレスフリーな生活を心がけましょう。

いびきにおすすめのグッズ

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

224view
2

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

834view
3

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6125view
4

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

125view
5

【マウスピースが効かない! 】いびきが治らないときの適切な対処法とは?

2001view

おすすめキーワード