更新日: 2017年08月06日
2695 view

【2017年最新版】福岡県北九州市にある「いびき」を診てくれるオススメ病院6選

福岡県北部に位置している政令指定都市の北九州市。九州地方において、人口は福岡市に次ぐ二位で非常に活気のある都市ですね。そんな北九州市で「いびき」の相談ができる病院をいくつか紹介したいと思います。

1.睡眠時無呼吸症候群の治療実績多数「霧が丘つだ病院」

Gaikan 出典:http://www.k-you.or.jp/
呼吸器科を専門に、睡眠呼吸にも精通している病院。
1999年に睡眠時無呼吸症候群の診察体制を確立して以来、4000件以上もの検査・治療を行ってきた確かな実績があります。

「霧が丘つだ病院」の口コミ・評判

おすすめ度: 特に呼吸器専門医の先生が多く、看護師さんもすごく勉強熱心で患者さんの気持ちに応えてくれます。COPDの在宅酸素療法、睡眠時無呼吸症候群の人には特におすすめです。非常勤の先生がリウマチや糖尿病も見てくれます。

対応: 先生だけでなく看護師さんが呼吸器に関する知識がしっかりあるので質問にもしっかり答えてくれます。

清潔感: 院内はとてもきれいです。

待ち時間: 初めての受診では待つこともあります。

https://byoinnavi.jp/clinic/71037/reviews#review_17410

「霧が丘つだ病院」の住所・電話番号

〒802-0052 福岡県北九州市小倉北区霧ヶ丘3丁目9-20
093-921-0438 

2.ホテルのような綺麗設備な設備「坂本クリニック耳鼻咽喉科」

Photo01 出典:http://visca-sp.com/sakamoto-clinic/
個人病院ではありますが、検査から手術まで一貫して行う病院で、ホテル並みに綺麗です。
また、先生や受付スタッフの対応も丁寧で評判高いです。

「坂本クリニック耳鼻咽喉科」の口コミ・評判

扁桃腺切除の手術のため、入院したことがあります。
入院中、非常に丁寧にお世話をしてくださり、こちらが想像していた以上に感じが良い印象をうけました。
病院内も綺麗で清潔で、快適に過ごせました。

先生の治療も丁寧で、安心感が持てます。スタッフの人数も多い方だと思うので、診察がスムーズに流れているように感じます。

ただ患者さんが多いので、待ち時間が結構長いのが難点です。
ネット予約もできますが、それでもどうしても掛かってしまいます。
その点だけ点数を引いてますが、全体的に見て満足できる病院です。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2400065740

「坂本クリニック耳鼻咽喉科」の住所・電話番号

福岡県北九州市小倉南区湯川1-3-23 
093-923-3387

3.八幡駅から徒歩5分「北九州市立八幡病院」

95a894090b396ca8ece82df8fad82b58cc382a2 出典:http://www.yahatahp.jp/
内科・循環器内科・小児科を始めとする17つのも診療科がある大型病院です。
内科・外科共に揃っており、専門医の数も充実しています。
急な手術でも安心ですね!

「北九州市立八幡病院」の口コミ・評判

大きめの病院にしては、あまり待つことなくテキパキと対応してくれるという印象が強いです。自分が患者として診察してもらったこともありますし、家族が入院していたこともあります。医師も優秀ですし、対応も早いです。父親が脳梗塞で、2度こちらに入院したことがありますが看護師の方々も親切で、しっかりと体制が整った病院だな。と、いう印象があります。築年数がおそらく古いかと思いますが、衛生面でも問題なく綺麗でした。こちらは信頼出来る病院だと思います。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2400500060

「北九州市立八幡病院」の住所・電話番号

〒805-8534 福岡県北九州市八幡東区西本町4丁目18−1
093-662-6565

4.丁寧なカウンセリングに定評「たかじょうクリニック」

Takajo img 出典:http://www.takajo-clinic.com/access.html
「たかじょうクリニック」の先生は感じがよく、ホームページを見てもその人柄が伝わってきます。
また、診察の待ち時間への工夫が多く、フロアコーディネート制を設け患者さんとのコミュニケーションを積極的に取ったり、待ち時間を退屈しないようにモニター・キッズコーナー・設置、たくさんの雑誌を備えてくれています。

スタッフさんの気配りは抜群で、気配りを向上させるために定期的に外部からマナー講師を呼んでるそうです。

「たかじょうクリニック」の口コミ・評判

[症状・来院理由]

1週間ほど前から咳が急に出るようになったのですが熱も出ずにいましたので内科より耳鼻咽喉科!と思い、近くにあった(たかじょうクリニック)に行きました。

[医師の診断・治療法]

問診後、診察室で腫れていた喉に薬の塗布をされ先生から風邪ではなく軽い喘息気味との事で経口の吸入を行いました。

[感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応]

受付の方々・看護師の皆さんもちろん先生も
すばらしくキレイな日本語と笑顔で対応をして下さいます。事務的な感じが全くしなかったです。

なんでもマナー講座を全員で受講されているらしく
(TVにも出演されている方の)こちらも優しくなれるような病院でした。
比較的待ち時間の少ない時間帯を教えて下さるのも嬉しかったです。
小さなお子さんでも待ち時間を過ごせるように、たくさんの絵本やアニメDVDが常時流れています。病院の雰囲気も明るくて入りやすいです。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2400039540

「たかじょうクリニック」の住所・電話番号

福岡県北九州市戸畑区天神1-12-6
093-871-6133

5.患者第一主義「しらいし耳鼻咽喉科クリニック」

Main ph 出典:http://shiraishi-jibika.jp/index.php
地域の住民に人気の「しらいし耳鼻咽喉科クリニック」。丁寧に説明してくれることが人気の理由のようです。いびき、睡眠時無呼吸症候群の検査は、検査キットを貸し出してくれますよ。

「しらいし耳鼻咽喉科クリニック」の口コミ・評判

のどが痛くて熱もあり、内科で薬をもらったんですが、どんどんひどくなって食事もままならなくなりました。待合室であまりきつそうに見えたのか、順番前に呼ばれて「どうぞベッドで横になってお待ちください」と。これは助かりました。
 先生に診察していただくと、扁桃腺がかなり腫れて周りにまで炎症が広がっているとのことで、点滴(抗生剤)をすることになり看護師さんがてきぱきと血液検査と点滴してくださいました。血液検査の結果、炎症反応が7?くらいとのことで数日間は点滴したほうが良いだろうとわかりやすく説明してくれました。
 その晩までは熱が出ましたが、一晩経つとだいぶ痛みもよくなり食事もできるようになりました。計3日間点滴しましたが、すっかり良くなりました。
 一時はどうなるかと自分でもすごく不安でしたが、しっかり診察して検査もしてくれて、説明してもらったら不安も軽くなりました。先生の言った通り数日の点滴で治りましたし、とても信頼しています。ありがとうございました。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2400066430

「しらいし耳鼻咽喉科クリニック」の住所・電話番号

〒804-0073福岡県北九州市戸畑区明治町3-19
093-863-8741

6.大通りからの看板が目印「今井小児科内科医院」

小児科のみならず、内科・呼吸器系の悩みにも対応してくれる病院。

子供のかかりつけ病院として利用させてもらっています。
病院名は小児科とありますが専門は消化器系らしいです。もともとは小児科専門だったらしく子供が遊ぶスペースやベビーベッドなどもあります。病院はとても古いのですが、先生がやさしい女性の先生で看護士さん達もとても親切なしてくれるのでこちらの病院をかかりつけに決めました。
患者さんが少ないので待ち時間はほとんどありません。なので予防接種や健康診断のときなどは風邪などをうつされる心配が少ないのでいいなと思いました。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2400027210

「今井小児科内科医院」の住所・電話番号

〒807-0077 福岡県北九州市八幡西区沖田2−17−1
093-613-3555

いびき対策の治療法おすすめ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

アクセスランキング

1

いびき対策にリュック!? いびきにリュックが効く理由と効かせ方

3305view
2

AB型は睡眠不足に弱いって本当? 血液型による睡眠事情について

101555view
3

仰向け? うつぶせ? 疲労回復効果が最も高い寝方とは?

2089view
4

昼寝とどう違うの? 流行中のパワーナップの正しいやり方とその効果とは?

13969view
5

3月生まれは睡眠不足に弱いかも!? 生まれ月でわかる、なりやすい病気とは?

7314view

おすすめキーワード