更新日: 2017年08月10日
3632 view

【体験記】睡眠時無呼吸症候群の検査の内容とは? 痛みはない? 料金は?(検査編)

睡眠時無呼吸症候群の治療をしてみたいけど、どんな検査だかわからず不安という方も多いのではないでしょうか? 時間はどれくらいかかるのか、痛みはないのか、料金は? いびきに悩んでいた私が初めて病院に行った時の体験をご紹介します。

【睡眠時無呼吸症候群の検査の前に】病院はどう選ぶ?

Retina pixta 17845694 s
さて、病院に行くことは決めましたが、いったい何科にいくべきなのでしょうか?
いろいろと調べたところ「いびき外来」や「睡眠外来」がありました。「耳鼻咽喉科」か「内科」が多いようです。

内科や耳鼻咽喉科であっても、いびきは専門外としているところもありました。

また、これは地域や時期によるのかもしれませんが、いびき外来がある病院は、どこも混み合っている印象があります。私が電話をしたときも、初めの2つの病院では、最短で約半月後の診察になってしまう旨のアナウンスがありました。

早期に解決したい場合は、なるべく早く予約などをしておく必要がありそうです。

たった10分で終了! 睡眠時無呼吸症候群の検査の内容とは?

早速、事前に予約をした病院へ。診察当日は、もともと病院が苦手なため少し緊張していましたが、受付の方も担当してくださった医師も、とても丁寧で優しい対応でした。

実際に診察してもらった内容は次のとおりで、診察時間だけならば、10分かからない程度で済みました。ちなみに診察内容は次のとおりです。

1.喉の広さのチェック

口をあけ、直接お医者さんが喉の中に異常がないか、どの程度の大きさなのかを確認していきます。

Retina img 20170727 134120

2.鼻腔の大きさのチェック

鼻から直径3mmほどの管をいれ、鼻腔と喉の奥の状態を確認します。入れられる瞬間は多少違和感がありましたが、耐えきれないようなものではありませんでした。
Retina img 20170727 134126

3.鼻の呼気のチェック

鼻のとおりをチェックします。片方づつ順番に鼻のとおりをチェックします。
Retina img 20170727 134304
第一回の診察は、たったこれだけです。特に大きな痛みなどもなく、行く前の緊張はなんだったのか…といった感じです。

そしてこの後は、自宅で簡易検査をすることになりました。検査キットを宅急便で送ってもらうため、伝票用紙に記入します。

ちなみにここまでで、料金は6250円。この金額で今後の人生が大きく変わるのであれば、安いものです。

【睡眠時無呼吸症候群の検査】自宅で行う簡易検査とは?

第1回目の検査の後、数日で自宅に検査キットが届きました。
Retina img 20170806 210149
中身は、検査用の機器と説明書です。説明書は図が多く、わかりやすいです。
Retina img 20170806 210921
機器
Retina img 20170806 211308
この機器を説明書に従って装着すると、このようになります。
Retina img 20170808 002404
パッと見は鼻部分にも機器をつけているので、物々しく見えるかもしれませんが、装着している本人は、特に違和感はなく、私の場合は、気になって寝付けなかったというようなこともありませんでした。このまま、翌朝を迎え、一晩検査を終えたら、翌朝電源を切り、宅急便で返却するだけです。

機器を返却してから検査期間が2週間ほどかかるそうです。頃合いを見て診察をうけた病院へ電話し、次回受診日を予約する予定です。

おわりに

診察や検査の前は、どんな検査をするのかがわからなかったため、痛みがあったらイヤだな。面倒だったらイヤだなと不安になっていましたが、実際は時間もかからず、ほぼノンストレスでした。
「案ずるより生むがやすし」といったイメージかもしれませんね。
このあと、検査結果を聞いて治療方針が決まる予定です。

いびき治療にはどんなものがある? いびき治療3選とは?

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

あわせて読みたい

アクセスランキング

1

いびき対策にリュック!? いびきにリュックが効く理由と効かせ方

3303view
2

AB型は睡眠不足に弱いって本当? 血液型による睡眠事情について

101555view
3

仰向け? うつぶせ? 疲労回復効果が最も高い寝方とは?

2089view
4

昼寝とどう違うの? 流行中のパワーナップの正しいやり方とその効果とは?

13969view
5

3月生まれは睡眠不足に弱いかも!? 生まれ月でわかる、なりやすい病気とは?

7314view

おすすめキーワード