更新日: 2017年08月12日
2774 view

【2017年最新版】新潟県・新潟市にある「いびき」を診てくれるオススメ病院5選

新潟市は新潟県の県庁所在地であり、日本海側で唯一の政令指定都市です。また、持ち家率と延床面積では政令指定都市第1位だとか。ゆとりある生活ができそうですね。日本一長い信濃川があることでも有名ですよね。そんな新潟市で「いびき」の相談ができるオススメ病院をいくつか紹介したいと思います。

1.清潔で居心地の良い空間が特徴「たじま内科クリニック」

Clinic slides01 出典:http://tajima-naika.com/facilities.html
Clinic slides07 出典:http://tajima-naika.com/facilities.html
「たじま内科クリニック」の院長は、呼吸器内科医として20年以上のキャリアを持ち、地域住民からも信頼されています。睡眠の悩みがあれば是非相談してみてください。

「たじま内科クリニック」の口コミ・評判

おすすめ度: 睡眠時無呼吸症候群を仕事に穴を開けずに治療してもらえて感謝しています。
対応: 安心してお任せしています。入院をしながらの治療でなくて大丈夫なのか不安はありましたが、取り越し苦労でした。体重に伴う高血圧、コレステロールの治療もして頂こうと思います。
清潔感: ゆったりした空間が体の大きな自分にはとても快適です。掃除もよく出来ていると思います。
待ち時間: ネット予約を秘書にしてもらっているので、ほとんど気にならない程度の待ち時間で呼ばれます。混んでる時は、多少待つこともありますが。

https://byoinnavi.jp/clinic/263378/reviews#review_20737

おすすめ度: 女性の睡眠時無呼吸の治療でお世話になっております。結婚前に治したくて、色々な病院に行きましたが、ようやく良いクリニックにたどり着きました。
対応: 先生がとても優しく、よく話を聞いてくれます。いびきは男性だけの悩みではないこと、ちゃんとした治療で治ること。説明と治療がきちんとしています。
清潔感: クリニックでないような、とてもきれいで驚きました。女性には嬉しい雰囲気です。
待ち時間: 予約してから行くので、待ち時間もほとんどありません。最初は少し待ちました。

https://byoinnavi.jp/clinic/263378/reviews#review_20737

「たじま内科クリニック」の住所・電話番号

〒950-1101 新潟市西区山田3399番1
025-377-1213

2.地域のかかりつけ医「おかむら内科下町クリニック」

P1000615 出典:http://www.okamura-clinic.niigata.jp/
「おかむら内科下町クリニック」では、睡眠時無呼吸の専門外来はないものの、循環器専門医である院長が睡眠の悩みも相談に乗ってくれますよ。睡眠時無呼吸症候群の検査は自宅でできる検査キットを貸し出してもらえます。高齢化率の高い、下町地域の頼れるかかりつけ医です。

「おかむら内科下町クリニック」の住所・電話番号

〒951-8016 新潟市中央区田町1-3239-1
025-226-7712

3.新津駅よりマイクロバスで送迎「新津医療センター」

Gaikan 出典:https://www.niitsu-mch.jp/index.html
「新津医療センター」の呼吸器内科で、いびきの相談をすることができます。総合病院なので、持病がある方も安心ですね。呼吸器内科の診療日は決まっているので、事前にホームページや受付にて問合せるのがおすすめです。

「新津医療センター」の住所・電話番号

〒956-0025 新潟県新潟市秋葉区古田610番地
0250-24-5311 

4.日曜日の午前中も診察可「耳鼻咽喉科木村医院」

新潟島に位置する「耳鼻咽喉科木村」。日曜日も診察してくれるのでありがたいですね。先生の診察は優しく丁寧なのでとても人気があります。

「耳鼻咽喉科木村医院」の口コミ・評判

左耳の雑音が気になり受診しました。
昔からある小さな病院です。
地元の人しか知らないような、小路に入った場所ですがとても人気です。隣に駐車場も3~4台ありました。
平日の午後一番に受診。受付時は2人程しかおらずすぐ診察してもらえました。
待合室は大人が6人座ってぎゅうぎゅうです。
診察室も狭く、少々雑多な感じがしました。
ですが、先生の対応がものすごく丁寧。こちらの話もきちんと聞いてくれますし、説明もすごくわかりやすくしてくれました。
それが人気の理由だと思います。会計時には待合室は満席。
日曜の午前中も診察してくれるところもありがたいと思いました。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2150000549

「耳鼻咽喉科木村医院」の住所・電話番号

〒951-8086 新潟県新潟市中央区寄合町4585
025-223-4821

5.新津駅より車で25分「中澤内科医院」

「中澤内科医院」の住所・電話番号

〒950-1236 新潟県新潟市南区高井東1丁目469
025-371-2002

いびき対策の治療法おすすめ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

アクセスランキング

1

いびき対策にリュック!? いびきにリュックが効く理由と効かせ方

3300view
2

AB型は睡眠不足に弱いって本当? 血液型による睡眠事情について

101551view
3

仰向け? うつぶせ? 疲労回復効果が最も高い寝方とは?

2087view
4

昼寝とどう違うの? 流行中のパワーナップの正しいやり方とその効果とは?

13969view
5

3月生まれは睡眠不足に弱いかも!? 生まれ月でわかる、なりやすい病気とは?

7313view

おすすめキーワード