更新日: 2017年08月12日
2808 view

【2017年最新版】静岡県・浜松市にある「いびき」を診てくれるオススメ病院5選

静岡県の政令指定都市であり、面積・人口共に静岡県最大の都市の浜松市。江戸時代は宿場町として栄え、浜松城・浜名湖があることでも有名ですよね。そんな浜松市で「いびき」の相談ができる病院をいくつか紹介します。

1.キッズスペースがあるので安心「はしもと耳鼻咽喉科」

Head7 出典:http://www.hashi-jibi.com/clinic.html
子連れで病院に行くのは、待ち時間が長かったりと、大変なものですよね。「はしもと耳鼻咽喉科」はリラックスしてもらうために待合室を広く開放的にに造っています。

また、睡眠時無呼吸の専門治療も行っているので安心して受診できますよ。

「はしもと耳鼻咽喉科」の口コミ・評判

鼻づまりと喉が痛く熱もあったのでインターネットで検索し、家から一番近いはしもと耳鼻咽喉科にむかいました。病院自体は新しく設備もかなり整っているようにみえました。
先生や看護師は忙しいなかでも優しい対応をしてくださいましたし、薬を頂いてから2日程で治りましたよ。
申し分ない病院なためか、かなりの人気でいつも混んでいます。小さな子供さんも何人か待っている状態でした。利用するには結構待たされる覚悟が必要です。

https://caloo.jp/hospitals/detail/4220000593

「はしもと耳鼻咽喉科」の住所・電話番号

〒433-8112静岡県浜松市北区初生町1112-4
053-414-3387

2.明るく清潔なクリニックに最新設備「竹下耳鼻咽喉科」

Head1 出典:http://www.takeshita-jibika.com/sas.html
清潔感があり、きれいな院内の竹下耳鼻咽喉科。親切な院長先生が診察をしてくれます。丁寧な診察に人気が集まっています。いびきの悩みにも応じてもらえます。睡眠時無呼吸症候群の検査は、簡易キットを貸し出してくれ、自宅で行う形になるようです。また、睡眠時無呼吸症候群の場合、CPAP、マウスピース、手術などさまざまな選択肢を患者に合わせて提案してくれるとのことです。

「竹下耳鼻咽喉科」の口コミ・評判

子どもが耳をよく触っていたのをキッカケに受診しました。その時に、風邪を引いた時は小児科じゃなくて耳鼻科でも診れるよと説明してくださり、それ以降風邪の症状の時にはこちらを受診しています。小児科と違い鼻水をすってくれ耳の中をみてくれるので、風邪の症状で行くと必ず中耳炎が見つかりました。またついでに耳垢もとってくれるので、小児科より耳鼻科の方が通いやすいです。予約はできませんが、待ち時間はそんなに長くないです。キッズルームがあるし、絵本もたくさんあります。大人用の漫画もたくさんあるので、待つのはそれほど苦にならないかもしれません。先生が明るくて、しっかり説明もしてくれます。分からないことも聞きやすいです。最後は必ず子どもにバイバイを言ってくれます。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2223382730

「竹下耳鼻咽喉科」の住所・電話番号

〒435-0043浜松市東区宮竹町89-1
053-462-8733

3.手術治療ならここ!「サージセンター浜松」

Hamamatsu pageimage 出典:http://www.ent-surgicenter.com/about/
「サージセンター浜松」は現在国内で唯一、鼻・副鼻腔手術を全身麻酔を用いた日帰り手術として実施している施設です。手術治療を専門としています。いびき手術の実績もあり、いびきについても相談できます。

「サージセンター浜松」の口コミ・評判

供が咳をともなう風邪をひき、風邪が治っても耳を気にして触ってばかりいました。小児科で少し水が溜まっているので耳鼻科で診てもらってくださいと言われて、こちらに伺いました。
 予約制ですが、混んでいる日ですと15分以上待つ時もあります。しかし、県内でも有名な病院で、技術も高いことを知っているため、多少待っても来る価値はあると思います。
 幸い、子供の耳は軽い中耳炎の状態ということで薬を飲まないで様子をみるということになり、1週間後に診察に行きましたが薬なしで自然に完治しました。先生は、今の耳の状態をわかりやすく説明してくれるので、納得して帰ることができました。子供も優しい先生だったので泣かずに診察を終えることができました。また何かあったときはこちらに来ようと思います。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2223343470

「サージセンター浜松」の住所・電話番号

〒435-0052 静岡県浜松市東区天王町1696
053-462-2222

4.アットホームな雰囲気でリラックスできる「植田耳鼻咽喉科」

Left4 出典:http://www.ueda-jibika.com/info.html
頭頚部がんの治療を専門としながら、耳鼻咽喉科の専門治療も行う「植田耳鼻咽喉科」。
「医者がすすめる専門医」に掲載され、名医であることが窺えます。

「植田耳鼻咽喉科」の口コミ・評判

4年程前に1ヶ月位耳に違和感があり、駐車場が広いからと受診しました。初診日に"耳管開放症"と直ぐに診断をしてくれました。
当時はまだ、メジャーな病気ではなかったので医学書等にも掲載されていませんでした。
今後の治療方針、地元の医大病院で研究している先生がいらっしゃる事など説明を受けました。投薬、ルゴール液等の治療を受けましたが精神的に限界を迎え先生に訴えたら直ぐに「医大病院を受診してみますか」と紹介状をFAXしてくれました。翌週には医大病院を受診しました。今となっては植田先生の的確な早期判断を感謝しています。植田耳鼻科3回目の受診日の判断です。
それ以降も心因性失声等、耳鼻科関連は全て植田耳鼻科です。声が全く出なくて筆談の為にとメモとペンを持って診察室に入ったら
「何処も悪い訳ではない、精神的なものだから僕は聞いてあげる、声が出なくてもいい
空気だけでもいいから」と言ってくれた時は感動物でした。
目眩の時も内科では「血圧が低いだけ」と言われましたが眼震検査結果以上の症状と判断をしてくれました。当時血圧は上が70以下の時もあり"起立性低血圧"と診断してくれて血圧の薬も処方してくれました。
診察が終わると「○日たったら様子を聞かせて」とか「もう大丈夫だね」とか言ってくれます。質問もしやすく説明後も「これでいい?」と確認をしてくれます。
耳鼻科関連は全幅の信頼をしています。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2223378690

「植田耳鼻咽喉科」の住所・電話番号

〒432-8018 静岡県浜松市中区蜆塚3-1-7
053-450-0800

5.浜松駅より徒歩15分「ながさかハートクリニック」

Cbk?panoid=jcnqzcgomhg2crqt2h59yq&output=thumbnail&cb client=search.tactile.gps&thumb=2&w=408&h=200&yaw=353 出典:https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92430-0925+%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E5%B8%82%E4%B8%AD%E5%8C%BA%E5%AF%BA%E5%B3%B6%E7%94%BA%EF%BC%96%EF%BC%98%E2%88%92%EF%BC%91/@34.6982151,137.7349253,17z/data=!4m13!1m7!3m6!1s0x601addd832d4b061:0x2bbc6ce88583b63c!2z44CSNDMwLTA5MjUg6Z2Z5bKh55yM5rWc5p2-5biC5Lit5Yy65a-65bO255S677yW77yY4oiS77yR!3b1!8m2!3d34.6983611!4d137.7348924!3m4!1s0x601addd832d4b061:0x2bbc6ce88583b63c!8m2!3d34.6983611!4d137.7348924
「ながさかハートクリニック」は循環器内科・内科の病院です。いびきの相談もできます。

「ながさかハートクリニック」の住所・電話番号

〒430-0925 静岡県松市中区寺島町68-1
053-454-1477

いびき対策の治療法おすすめ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

アクセスランキング

1

いびき対策にリュック!? いびきにリュックが効く理由と効かせ方

3305view
2

AB型は睡眠不足に弱いって本当? 血液型による睡眠事情について

101555view
3

仰向け? うつぶせ? 疲労回復効果が最も高い寝方とは?

2089view
4

昼寝とどう違うの? 流行中のパワーナップの正しいやり方とその効果とは?

13969view
5

3月生まれは睡眠不足に弱いかも!? 生まれ月でわかる、なりやすい病気とは?

7315view

おすすめキーワード