更新日: 2017年08月13日
100180 view

睡眠障害の主な種類6タイプとそれぞれの症状の特徴

睡眠障害というと、なかなか眠りにつけない症状の不眠症を連想しがちですが、それは、あくまでも睡眠障害の種類のひとつにすぎません。実は、これ以外にも睡眠障害に該当する症状は実にたくさんあります。そこで、今回は、睡眠障害の主な種類(6種類)とそれぞれの特徴についてご紹介します。

そもそも睡眠障害とは?【睡眠障害の6つの種類と特徴】

Retina pixta 32344233 s
睡眠障害とは、睡眠に支障が生じている状態のことを言います。眠りにつけないケースや、覚醒を繰り返してしまうケース、その他の原因により眠っている間に主に脳が十分な休息をとれない状態に陥ってしまうケースなど、さまざまなタイプがあり、日中の眠気や倦怠感、集中力の低下、注意力の散漫など、日常生活に様々な悪影響を及ぼします。

睡眠障害は、その症状や原因により、大きくわけて6つに分類できます。次の項から6つのタイプ別の特徴をお伝えします。

睡眠障害の種類 1.不眠症

Retina pixta 25949687 s
睡眠障害の代表的な種類のひとつです。不眠症は、さらに次の4種類に分類することができます。
1)入眠障害(寝付くまで2時間以上かかる)
2)中途覚醒(夜中に2回以上目が覚めてしまう)
3)熟眠障害(ぐっすり眠った感じが得られない)
4)早朝覚醒(通常よりも2時間以上早くに目が覚めてしまう)
上記の4種類のうちどれかの状態が、週2回以上の割合で、1か月以上続き、かつ、本人が苦痛を感じたり、日常生活に支障が生じたりする場合が、睡眠障害に該当します。

睡眠障害の種類 2.過眠症

Retina pixta 29779000 s
夜、十分な時間、睡眠ができているにもかかわらず。日中に異常な眠気を感じたり、眠気に耐えられず実際に居眠りをしてしまったりするのが主な特徴です。過眠症は、さらに、以下のような3種類に分類されます。

1)ナルコレプシー
日中、場所や状況を選ばずに強い眠気に襲われる症状で、居眠り病などと呼ばれています。日本人の場合600人に1人の割合で起こるとされていますが、世界的には2000人に1人の割合で起こるとされており、日本人の発症率はやや高めであると言えます。

2)特発性(とくはつせい)過眠症
日中、強い睡魔を覚え1時間以上など長時間眠ってしまう症状や、睡眠時間が10時間以上と以上に長く朝起きられないなどの症状があります。

3)反復性過眠症
15時間以上の睡眠が、数日間から2週間程度続くなど、強い眠気に襲われる状態が繰り返し起こる症状があります。

睡眠障害の種類 3.概日リズム障害

Retina pixta 28601522 s
様々な原因により、体内時計に狂いが生じ、本来眠るべき時間帯に眠れなくなるのが主な症状です。夜勤が多い、時差ボケがある、不規則な生活などによって起きやすいといわれています。

睡眠障害の種類 4.睡眠時無呼吸症候群

Retina pixta 27257628 s
睡眠中に、気道が塞がれることで無呼吸になる状態が数秒続くことなどにより、脳が休息できず、ぐっすり眠れないために日中の眠気に襲われて日常生活に支障が生じます。

睡眠障害の種類 5. 睡眠時随伴症

睡眠時随伴症とは、睡眠中に起こる心身の様々な異常の総称です。寝言、こむらがえり、悪夢、歯ぎしり、夜尿、いびき、夢遊病、夜驚症、レム睡眠行動障害など多岐に渡ります。

睡眠障害の種類 6.心身の疾患が原因の場合

心身に何らかの疾患がある場合、そのことが原因でおこる睡眠障害です。原因となる身体的疾患は、頭痛、関節痛、歯痛、胃痛、頻尿など多岐に渡ります。また、このケースでは、うつ病など精神的疾患が原因の場合も多いです。

おわりに

いかがでしたか?睡眠障害の種類は実に多岐に渡り、またいくつかの種類が重なっている場合も少なくありません。原因も特定しにくいため、専門の医療機関への受診をおすすめします。適切な治療を受けることで、改善が十分に望めるようですので、おかしいと感じたら、ぜひお早目に、病院へいってみてくださいね。

睡眠時無呼吸症候群の治療法おすすめ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)


ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…


マウスピースの詳細はこちら

アクセスランキング

1

上手な仮眠で一気に疲労回復! いつ? 何分? どう仮眠を取ったら良いかを解説!

333view
2

手術時間は数秒で終わることも⁉鼻のいびきを手術で治す方法とは?

1396view
3

ハンモックで寝るのはあり? なし? ハンモック睡眠のメリット・デメリット

9975view
4

【睡眠時無呼吸症候群】外科手術での治療とは? 費用や効果、UPPPとLAUPの違いとは?

6229view
5

【いびき対策グッズ調査2017】スノアサークルの効果&口コミ

912view

おすすめキーワード