更新日: 2017年08月14日
2767 view

【2017年最新版】北海道・函館市にある「いびき」を診てくれるオススメ病院 4選

北海道函館市は函館山がそびえ立つ中核都市で、標高334メートルの夜景は北海道を代表するスポットでもあります。その他に五稜市タワーや函館市電も有名です。そんな函館市で、いびきについてオススメな病院をご紹介します。

1.平日19時まで診療「菅原内科クリニック」

Genkan 出典:http://www.sugawara-naika.com/setsubi/index.html
初診の場合は18時半までの受付となります。呼吸器科の他に肝炎、肝臓病、消化器科があります。

「菅原内科クリニック」の口コミ・評価

徒歩一分くらいのところに薬局もあってそのまま寄れます。駐車場も8台分くらいあって、大きな十字路のところにあったので見つけやすかったです。待合室の椅子にはひじ掛けや、杖を立てる場所もあって、空気清浄機もありとても環境が整っていた。

http://www.ekiten.jp/shop_1793444/

「菅原内科クリニック」の住所・電話番号

〒041-0812北海道函館市昭和3丁目36-11
0138-34-2221

2.松風町駅から徒歩4分「中島内科循環器科メンタルクリニック」

Mainvisual01 出典:http://nakajima-naika.jp/?utm_source=caloo.jp&utm_medium=referral
循環器の専門医であり、総合内科専門医である院長と、精神科医である副院長がいます。睡眠時無呼吸症候群や禁煙外来などさまざまな生活習慣病に積極的に取り組んでいるようです。

「中島内科循環器メンタルクリニック」の口コミ・評価

循環器内科の先生はとても勉強熱心で、よく学会にも出席しています。一時期、不整脈、頻脈等の症状があり、検査入院したこともあります。褐色細胞腫を疑われたからです。

結局、褐色細胞腫については、検査の結果、特に異常はないとの事で安心しました。ただ、これは不摂生で体重が増えた事によることから来ているのですが、寝ている最中、呼吸が止まることがあると家族から言われたことがありました。

そこで、褐色細胞腫の検査とともに、睡眠時無呼吸症候群症候群の検査もしてもらいました。頭などにいろいろな電極を付けられて、睡眠中の体の動きと脳波を調べたようです。すると、やはり睡眠時無呼吸症候群でした。

月5000円で睡眠時無呼吸症候群の治療のためのCPAP療法の装置をレンタルし、自宅でやってみましたが、ますくが邪魔で、起きるといつもマスクが外れていました。何度やってもダメで、うまくいかなかったという理由で、装置を返しました。

ちなみに、CPAP療法は、知人もしていましたが、マスクに慣れるまで2年かかったと言っています。もっと装置の改良か必要でしょう。

私が入院、通院していた時は、ちょっと古くさい感じでしたが、その後、改築して立派になりました。場所が函館駅から少々離れているのが不便です。市電「松風町」で降りて歩いた方が良いでしょう。

CTやエコー等の装置もあり、一般的なクリニックよりは設備が充実しています。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2010002520/reviews

「中島内科循環器科クリニック」の住所・電話番号

〒040-0034北海道函館市大森町19番13号
0138-22-4357

3.患者用図書室で病気のことを調べられる「市立函館病院」

Shirituhakodate 出典:http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014042800120/
総合病院として多くの診療科を運営する市立函館病院。院内は綺麗で清潔感があり、患者に人気の病院です。初診の際は予約をされたほうが良いようです。

「市立函館病院」の口コミ・評価

子どもの症状や様子が心配だったので、入院になりましたが、親切な先生や看護師さん達がそばで診てくださりサポートしてくださる状況で、とても良かったと思っています。
おかげさまで、元気に回復し、安心できました。
函館の方言や訛りも温かく、母子ともに心身ともに癒されました。
数十年前から存じておりますが、建て直し、お引っ越ししてから、大変綺麗で大きな総合病院となり、かなり好印象です。
函館で何かあった時には、今後ともこちらでお世話になりたいと思っております。

https://caloo.jp/hospitals/detail/1010002560

「市立函館病院」の住所・電話番号

〒041-0821北海道函館市港町1丁目10番1号
0138-43-2000

4.競馬場前駅から徒歩3分「佐藤耳鼻咽喉科」

評判が良く混んでいることが多いようです。子どもへの対応も上手で、子連れの患者さんにも人気です。

「佐藤耳鼻咽喉科」の口コミ・評価

佐藤耳鼻咽喉科は地元でも案外と評判が良くて いつ行ってもだいたいが混んでいますが、先生もわかりやすい説明をして下さるし スタッフの方も結構いるので混んではいますが評判がいい 腕がいい…だからこそ患者さんが多いんだと納得します。

子供が風邪をひいていて鼻水がすごかった時に、鼻の洗浄をしてもらった時 まだ小さくて怖さで泣きますよね。
でもうまく騙しながら痛くなくしてくれたらしく、息子はまた鼻のやりたいなんて言ってました。

鼻風邪の時は佐藤耳鼻咽喉科に行くと案外と早治りでしたよ。

https://caloo.jp/hospitals/detail/2010019770

「佐藤耳鼻咽喉科」の住所・電話番号

〒042-0941北海道函館市深堀町26-2
0138-51-7850

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

アクセスランキング

1

いびき対策にリュック!? いびきにリュックが効く理由と効かせ方

3316view
2

AB型は睡眠不足に弱いって本当? 血液型による睡眠事情について

101557view
3

仰向け? うつぶせ? 疲労回復効果が最も高い寝方とは?

2090view
4

昼寝とどう違うの? 流行中のパワーナップの正しいやり方とその効果とは?

13971view
5

3月生まれは睡眠不足に弱いかも!? 生まれ月でわかる、なりやすい病気とは?

7319view

おすすめキーワード