更新日: 2016年07月24日
5600 view

旅行・出張時のいびきもコレで安心!旅行・出張先でもできる「いびき対策」

楽しい旅行のはずが……心配なことってありますよね?また、ビジネスマンの方だと出張時にはいびきが気になりますよね。特に、普段、自分では気づかない「いびき」が、家族や友人、彼氏彼女に指摘されるのは、恥ずかしいですよね。旅行、出張の時だけでも、なんとかいびきをかきたくない!という時に、当日でも間に合う対策方法をご紹介します。

自分では気づきにくい「いびき」・・・旅行先での対策は?

Retina pixta 21271309 m
普段寝ているときには、気づかないいびきですが、旅行で友人や恋人と一緒の時に、指摘されて恥ずかしい思いはしたくないですよね。

自覚がないので、迷惑かけることだけは避けたいですね。

【旅行のいびき対策方法 その1】横向きに寝る

仰向けで寝ると舌が喉のほうに沈み上気道を狭くする原因となるため、横向きに寝ると気道が、確保されやすくなります。普段横向きで寝慣れてない人は、抱き枕を使うと横向きに寝やすくなりますよ。

【旅行のいびき対策方法 その2】寝酒をしない

Retina hote86 oyasumitimeotoko15234435 tp v
アルコールにより、喉の口の中の筋肉が緩み上気道が、狭くなりますので控えましょう。
ついつい旅先で楽しく飲んでしまいがちですが、適量になるように気をつけたいですね。

【旅行のいびき対策方法 その3】深呼吸をする

深呼吸する方法
1.楽な姿勢で座ります。
2.片手をわき腹のすぐ下にあるお腹の上において、もう片方の手は胸の上におきます。
3.鼻からゆっくりと空気を吸って口から、鼻からゆっくりと空気を吐き出していきましょう。

これにより副交感神経の働きを強め、脳や体に酸素がいきわたりやすくなります。

【旅行のいびき対策方法 その4】マスクをつける

マスクをつけることで、適度な湿気が乾きにくくなり、いびき対策になります。
つけることで、いびきの音量も小さくなるので、迷惑かけにくくなりますよ。

【旅行のいびき対策方法 その5】低い枕にする

枕は低いものを選ぶようにしましょう。
高すぎると、気道を狭めてしまうことでいびきをかく原因になります。
丁度よい高さのものがなければ、バスタオル一枚をたたんで、枕に代用するのもいいでしょう。

旅行時、出張時にも使える!おすすめ「いびき対策グッズ」

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)


ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…


マウスピースの詳細はこちら

アクセスランキング

1

上手な仮眠で一気に疲労回復! いつ? 何分? どう仮眠を取ったら良いかを解説!

333view
2

手術時間は数秒で終わることも⁉鼻のいびきを手術で治す方法とは?

1396view
3

ハンモックで寝るのはあり? なし? ハンモック睡眠のメリット・デメリット

9975view
4

【睡眠時無呼吸症候群】外科手術での治療とは? 費用や効果、UPPPとLAUPの違いとは?

6229view
5

【いびき対策グッズ調査2017】スノアサークルの効果&口コミ

912view

おすすめキーワード