更新日: 2017年08月21日
9220 view

眠気の原因は酸欠!? 原因とすぐできる簡単対処法とは?

睡眠は十分にとっているはずなのに、日中、眠気に襲われる場合、その原因は、酸欠、すなわち、酸素不足にあるのかもしれません。普段無意識に行っている呼吸ですが、呼吸の仕方がよくないと慢性的な酸欠を招き、眠気に襲われやすくなるようです。なぜ酸欠が原因で眠気が起こるのでしょうか?

なぜ酸欠が原因で眠気が起こるの?

Retina pixta 32040465 s
酸素は、身体の細胞にとって、エネルギーを作るために必要不可欠な物質です。ご存知のように人は、酸素なしでは生きられません。ほんの数分間酸素の供給が途絶えただけで死に至ります。

酸素は、呼吸によって肺からとりこまれ血液と通して全身の細胞に供給されます。各細胞は、酸素を使って生命を維持するための数々の活動を行います。特に脳は、エネルギーを作るために、たくさんの酸素を必要とします。

脳が必要とする酸素の量は膨大です。実は、脳だけで、全体の酸素消費量のおよそ20%も消費していると言われています。そのため、酸欠を起こした場合、脳がまっさきにその影響を受け、エネルギー不足に陥りやすくなります。

酸欠で脳がエネルギー不足に陥りそうになると、エネルギーの消費を最小限に抑えようとして、脳を眠らせようとします。眠気が起こるのはそのためです。

また、脳のエネルギーが不足気味になると、エネルギーは、生命を維持するための働きへの供給が最優先され、集中力や記憶力を司るの働きへの供給は後回しにされるため、眠気を感じないまでも、頭がボーっとして日中に支障が出やすくなるようです。

眠気の原因になるような酸欠になる原因は?

Retina pixta 20859444 s  1
酸欠は、呼吸の仕方に問題がある場合に起りやすくなります。現代人の多くは、運動不足や姿勢が原因で、呼吸が浅い傾向にあるといわれています。呼吸が浅いと、酸素を十分に取り込むことができなくなります。

また、運動不足も酸欠の遠因に。交通手段の発達した現代は、歩く機会が減りがちです。意識して身体を動かさない限り、運動不足に陥りやすくなりますね。運動をすると、より多くの酸素を取り込む必要が出てくるため、自然と呼吸が深くなります。

また、パソコンやスマホの普及により、前かがみの姿勢になる機会が増えています。前かがみの姿勢は、肺を圧迫するため、やはり呼吸が浅くなり、同様に酸欠気味になりやすいようです。

酸欠といっても、極端に酸素の少ない環境で過ごしている以外は、酸素欠乏症という深刻な状態に陥ってしまうリスクは、そこまで大きくはありません。しかし、身体に取り込まれる酸素が、ほんの少しでも減ってしまうだけでも、脳への影響は相当に大きくなるため、眠気を起こしやすくなります。

酸欠を防ぎ、眠気を解消する方法

Retina pixta 31622931 s  1
酸欠を防ぎ眠気を解消する方法は、至って簡単。深呼吸をするだけです。深く呼吸をすれば、より多くの酸素を体内に取り込むことできます。

深呼吸のポイントは、鼻呼吸と、息を吐ききることの2点です。まずは普通に息を吸って、その後、息を吐ききります。それこそ肺をからっぽにするくらいの気持ちで息を吐ききりましょう。そうすると、自然に、より多くの酸素を取り組むことができます。

上記の要領での深呼吸を1日数回実践してみましょう。

併せて、日頃から、散歩程度でもいいので、歩く機会を増やしたり、背筋を伸ばしたりすることを心がけるようにすると、さらに効果的です。

おわりに

深呼吸でより多くの酸素を取り込むことができれば、眠気を防げるだけでなく、疲労回復や視力の向上なども期待できるようです。また、深呼吸は、リラックス効果もあるため、就寝前に行えば、寝つきもよくなり、おすすめです。誰でも、どこでも簡単にできますので、これを機に、意識して深呼吸の回数を増やすようにされてみてはいかがでしょう。

十分に寝たのに眠い・・・それ、睡眠の質に問題があるかも!


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1562view
2

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6211view
3

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

192view
4

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

897view
5

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

288view

おすすめキーワード