更新日: 2017年08月21日
2160 view

小さい頃から教えないと手遅れに!? 睡眠教育「眠育」とは?

「食育の次は眠育」と言われ、注目されている「睡眠教育」。皆さんはご存知ですか? 長年に渡って夜更かしの生活をしていると、体内時計が崩れ、朝になっても体内時計をリセットできなくなってしまいます。そうすると日中眠気がひどい、やる気が出ないという問題につながります。実際、夜型生活をしている子どもは、学習意欲が低く、体力や運動能力にも差が出ることが調査でも明らかにされました。ここでは、「睡眠教育」とは何を教えることなのでしょうか? 詳しくご紹介します。

そもそも、睡眠教育とは? 行うことにどんな意味がある?

Retina pixta 20115506 m
しっかりと睡眠を取ることは大切ですが、なぜ子どもに対して睡眠教育を行うことが注目されているのでしょうか?

近年、友達とのLINEなどといった連絡やゲームなどで睡眠時間を削る子どもが増えています。
こうして、睡眠不足が慢性化すると、「体内時計」が次第にずれていき、朝になっても体内時計がリセットされなくなってしまうことにつながります。
Img bloodpressure 02 出典:http://kanja.ds-pharma.jp/health/ketsuatsu/complete/bloodpressure/bp02.html
通常、朝が来ると体内時計がリセットされ、体温や血圧が上がり、日中の活動に集中しやすい状態になります。また、夜になるにつれ、体温や血圧が下がり、眠くなります。

体内時計が狂うと、日中に体温や血圧が下がったままで眠気に襲われたり、夜になっても眠くならなかったりします。

朝、起きれなかったり、腹痛や頭痛などの症状が出たりして学校を休みがちになる傾向も。
実際、健全な生活習慣のある子どもは、学習意欲が高く、体力・運動能力も高い傾向があることが調査でも明らかにされています。

また、子どもの頃に身についた生活習慣はなかなか改善することができないもの。大人になっても睡眠障害が続き、社会生活に支障が出てしまう方もいます。

なお、子どもの睡眠と脳機能の発達には深い関係があると言われています。睡眠不足が続くと、発達に与える影響も心配ですね。

実際に中学校で「睡眠教育」を取り入れた結果、欠席ゼロに!

Retina pixta 33090897 m
堺市にある中学校では、実際に睡眠教育を取り入れることで出席率が向上したそうです。

この中学校では原因不明の頭痛や腹痛により欠席する生徒が多いことが悩みの種でした。「腹痛などの原因は睡眠不足の可能性が高い」という専門家のアドバイスにより、全校生徒の睡眠状況をアンケート調査で調べたそうです。すると、欠席しがちな生徒の大半が0時以降に就寝していたことがわかったのです。

そこで、この中学校では全員に睡眠教育を行い、睡眠不足が体に与える悪影響を解説したり、睡眠時間の記録を付けさせ、個別に睡眠指導を行いました。

この結果、半年後には休みが多かった生徒28人のうち4割の12人の欠席日数が減少し、月10日休んでいた生徒も改善したとのこと。睡眠が子どもたちに与える影響の大きさが覗えますね。


参考:毎日新聞「午前0時までに寝れば欠席減少…堺の中学校」

睡眠教育とは、具体的に何をどのように教えたら良いの?

Retina retina pixta 7140377 s
文部科学省が中高生の睡眠教育向けに作成した資料では、以下のポイントが強調されています。

・平日でも週末でも規則正しく、同じ時間帯に睡眠を取るようにする
・夕方に眠気を感じたら、夜早目に寝て翌朝勉強する(夕方の仮眠は控える)
・寝る前にスマートフォンやゲームをするのは控える
・寝る前に激しい運動をしない
・毎朝、朝食をしっかりと取る

やはり規則正しい生活習慣を身につけることが重要なんですね。
ぜひご家庭でも取り入れてみてはいかがでしょうか?

「早寝早起き朝ごはん」中高生等向け普及啓発資料及び指導者用資料

おわりに

子どもの頃から睡眠に関する正しい知識を身につけることが大切です。大人も一緒に早寝早起きをしてみるのもいいかもしれませんね。

アクセスランキング

1

睡眠時間が足りないと太る? 痩せる? 睡眠中のエネルギー消費とダイエットに効く睡眠法とは?

435view
2

一番睡眠時間が長い動物は? 動物別睡眠時間一覧!

360view
3

【いびき対策グッズ調査2017】スノアサークルの効果&口コミ

589view
4

ハンモックで寝るのはあり? なし? ハンモック睡眠のメリット・デメリット

9609view
5

【寝ピク】入眠時に痙攣はよくある? 原因や対処法とは?

7954view

おすすめキーワード