更新日: 2017年08月22日
10133 view

【寝ピク】入眠時に痙攣はよくある? 原因や対処法とは?

入眠の際にピクっと身体が痙攣した経験は、多くの方がお持ちのことでしょう。入眠の際の痙攣(ジャーキング)は、けして珍しくない生理現象のようです。しかし、中には、睡眠障害を招く疾患に陥っている場合もあるので注意が必要です。入眠時の痙攣について、これから詳しくご紹介します。

入眠時に起こる痙攣(ジャーキング)は生理現象?

Retina pixta 32375813 s
入眠時に起こる痙攣の多くはジャーキングと呼ばれていて、寝入りばな、すなわち入眠の際に、ほんの一瞬だけ身体が痙攣する生理現象のことです。ジャーキングは、入眠時に最も起こりやすいですが、うたた寝している時や睡眠中にも起こることがあります。

例えば、電車の中で、ウトウトしていて、眠りこけそうになった時に、急に身体がピクっと痙攣して、はっと目が覚めたという経験をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。これもジャーキングです。また、入眠の際に、痙攣と同時に高いところか急降下するような感覚を覚えて目が覚めるという場合もあります。

ジャーキングは、ちょうどしゃっくりと同じで、誰にで起こる筋肉の不随意運動(ミオクローヌス)の一種だと考えれています。人間だけでなく、犬や猫に起こる場合も多いです。

入眠時に起こる痙攣の原因とは?

Retina pixta 31458648 s
実は、ジャーキングに該当する入眠時に起こる痙攣の原因は、現段階では、まだ明らかになっていないようです。しかし、覚醒した状態から、休息して睡眠へと移行する際に、何らかの不具合が生じることで脳が誤作動を起こした結果、本来動かないはずの筋肉が動いてしまうという説が有力です。

原因は、不明ですが、以下のような状態の時に起りやすくなるようです。
・過度のストレス
・疲れがひどい
・入眠中に大きな物音を聞く
・入眠中に話しかけられる
・入眠の際の姿勢が不自然(座った状態や立った 状態で眠るなど)
・睡眠が浅い
・夢を見ている

入眠時に起こる痙攣の対処法

Retina pixta 27828576 s
原因が明らかでない以上、原因にアプローチする対処法は望めません。しかし、入眠時に痙攣が起きやすい状態を回避することで、ある程度予防することは可能です。

例えば、ストレスをためない、疲れをためない、快適に眠れる姿勢を保つ、質のよい睡眠を心がけるなどが方法としては有効です。

入眠時の痙攣が頻繁に起こる場合は疾患の疑いも

Retina pixta 25511896 s
入眠時の痙攣が頻繁に起こる場合、周期性四肢運動障害という疾患の疑いも考えられます。

周期性四肢運動障害は、ジャーキングと症状はよく似ていますが、ジャーキングに比べて、起こっている時間も長めで、起こる回数も多いです。一晩中起こしている場合もあるようです。

周期性四肢運動障害の場合は、睡眠の質が著しく低下するため、投薬などによる適切な治療が必要になります。

おわりに

いかがでしたか? 入眠時の痙攣は、比較的よくある生理現象で、一過性のものなので特に気にする必要はなさそうです。ただ、頻繁に起こり睡眠の妨げになっている場合は、専門の医療機関(睡眠外来、神経内科など)への受診をおすすめします。

昼間の眠気が辛い・・・それ、睡眠の質に問題があるかも!?


十分に寝たのに眠い・・・。そんなことが続いている場合、もしかしたら本人も気づかない間にいびきをかいているのかもしれません。ネルコト編集部おすすめのいびきグッズをご紹介しましょう。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

110view
2

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

212view
3

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6107view
4

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

822view
5

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1493view

おすすめキーワード