更新日: 2017年08月22日
6901 view

眠気の原因はエネルギー不足だった!? その理由やメカニズムとは?

眠気の原因といえば、すぐに睡眠不足が思い浮かぶかもしれません。しかし、眠気は、エネルギー不足でも起こりやすいです。そこで今回は、エネルギー不足が原因の眠気にスポットをあて、その理由やメカニズムについてご紹介します。

エネルギー不足で眠気が起こる理由とそのメカニズム

Retina pixta 2238214 s
その主な理由は、エネルギー不足による脳の活動量の低下です。

身体全体のエネルギー源のおよそ80%は、ブドウ糖でまかなっています。身体の中でも脳は、特にブドウ糖を必要とします。ブドウ糖は、脳の唯一のエネルギー源であるからです。

ブドウ糖は、炭水化物や糖質を摂取することで体内で合成され、血液を通して脳をはじめ身体の各組織に運ばれていきます。血液中に存在するブドウ糖のおよそ半分は、脳のエネルギー源になるようです。そのためエネルギー不足でブドウ糖が足りなくなると、脳に多大な影響が及び、その働きを鈍らせることになります。その結果、症状のひとつとして眠気が出やすくなるようです。

極端なダイエットや糖質制限により、食事から摂取する炭水化物や糖質が足りないとエネルギーが不足します。しかし、炭水化物や糖質の摂取が十分でも、それをエネルギーに替えるのに必要なビタミンB群や各種ミネラルが不足した場合も、エネルギーは不足します。

例えば、炭水化物や糖質ばかりを過剰に摂って、野菜や肉類を摂らないなど、食事量は十分でも食事内容に問題があった場合、エネルギー不足に陥るため注意が必要です。

その眠気、危機的状況を知らせるサインである場合も

Retina pixta 30834046 s
エネルギー不足に陥ると、エネルギーの供給は、呼吸や体温維持、ホルモン調節など、生命を維持するために必要な働きへ最優先されます。脳の活量が低下するのは、脳のそのほかの働き(集中力や記憶力をコントロールする働きなど)への供給が後回しにされるためです。

さらにエネルギー不足が進むと、脳のエネルギ―消費を最小限に抑えるために、脳を休ませようとして、眠気が起きる場合もあるようです。

つまり、血液中のブドウ糖が足りずに、脳の機能が低下していて、このままでは危ないというサインとして眠気が現れる場合もあるということです。この場合は、眠気に加え、疲労感やイライラ、甘いものが欲しくなる、といった状態に陥りやすいです。

エネルギー不足が原因の眠気の対処法

Retina pixta 29001247 s

1.朝食に炭水化物をとる

朝は、それまで眠っていて食事がとれないため、脳はエネルギー不足気味です。その上に朝食を抜けば、ますます脳はエネルギー不足に陥って、眠気を感じやすくなるようです。

朝食に、ごはんやパン、麺類などの炭水化物をとって、しっかりとブドウ糖を補給しておきましょう。

2.食べる順番を工夫する

最初に、ごはんやパンなどの炭水化物を摂ると、血液中に急にブドウ糖が増え、その調節のためにインスリンが大量に分泌されて、ブドウ糖を減らそうとします。そのため、食後に、逆に血液中のブドウ糖が減ってしまいエネルギー不足になりやすいです。。

そうならないために、先にタンパク質や食物繊維を含む肉類や大豆食品、卵、野菜類を先に食べて、ゆっくりと血液中のブドウ糖を増やし、インスリンの分泌を抑えることが大切にるようです。


3.ビタミンB群やミネラル不足にも気をつける

ビタミンB群やミネラル不足にも、十分に気を付けバランスのよい食事内容を心がけましょう。

おわりに

幸い、エネルギー不足が原因の眠気は、食生活の改善や食事の仕方によって大幅な改善が望めるようです。もし、睡眠は足りているはずなのに、眠気を感じる場合は、もしかしたらエネルギー不足なのかもしれません。まずは、朝食をしっかりと摂り、エネルギ―チャージに努めましょう。

辛い眠気・・・。睡眠の質を高める簡単な方法とは?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)


ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…


マウスピースの詳細はこちら

アクセスランキング

1

睡眠時間が足りないと太る? 痩せる? 睡眠中のエネルギー消費とダイエットに効く睡眠法とは?

435view
2

一番睡眠時間が長い動物は? 動物別睡眠時間一覧!

360view
3

【いびき対策グッズ調査2017】スノアサークルの効果&口コミ

589view
4

ハンモックで寝るのはあり? なし? ハンモック睡眠のメリット・デメリット

9609view
5

【寝ピク】入眠時に痙攣はよくある? 原因や対処法とは?

7954view

おすすめキーワード