更新日: 2017年09月01日
4505 view

数々の研究で実証!? 学習効果を増大させる「睡眠学習」とは?

寝ている間に暗記ができるという「睡眠学習」。暗記したい単語のCDを流しながら寝たことがある人もいるかもしれませんね。でも寝ている間は意識がないのに、睡眠学習って本当に効果があるのでしょうか? ここでは睡眠学習のメカニズムや最新の研究についてご紹介します。

寝ている間に知識を吸収? そもそも睡眠学習とは何?

Retina pixta 3715094 s  1
「ねている間に差をつけろ!」のキャッチコピーで1960年代に一躍人気となった睡眠学習機器、みなさんはご存知ですか?

枕にテープレコーダーが組み込まれてあり、眠っている間に音声を流し暗記ができるこの商品は、大ヒットしましたが、睡眠学習自体の科学的根拠が乏しいという理由から、その人気は落ち込んでいきました。

そんな睡眠学習ですが、最新の研究で効果が実証されたことから再び注目されています。

睡眠学習で記憶を強化できる? 最新の研究内容とは?

Retina 20883076 29242297928416 795652495109367121 n 1

夜更かし学習より仮眠中の睡眠学習の方が効果的がある!?

2014年にスイス国立科学財団が次のような実験を行いました。

まず、22時からドイツ人の学生にオランダ語の単語をいくつか覚えてもらいます。

その後、半数の学生は仮眠をとり、仮眠の最中に学んだ単語の音声を流します。
残りの半数の学生はそのまま起きた状態で、学んだ単語の音声を聞きます。

午前2時に両グループに対して単語テストを実施したところ、「仮眠をとった学生のほうが成績が良かった」という結果が明らかになりました。

夜更かしして勉強したグループより、睡眠学習をしながら寝ていたグループの方が成績が良かったなんて意外ですね。

睡眠学習ではなく仮眠により記憶が定着しただけでは?

睡眠中の音声がなかったとしても、睡眠を取るだけで脳内で情報の整理がされ、記憶として定着することは知られています。本当に睡眠学習の効果だったのでしょうか?

スイスの研究者たちは、加えて睡眠中の脳波も記録していました。すると、オランダ語の単語の再生をする前と再生中とで、記憶に関係のある部位の脳波が大きく変化していました。つまり、睡眠中の音声を記憶していたと考えられます。

その他にも数々の研究で睡眠中の音声による情報が記憶されることが実証されています。睡眠学習とは本当に効果があったんですね。

睡眠にはそもそも記憶を定着させる役割がある

Retina retina pixta 29231444 s
そもそも、睡眠には「記憶の定着」という重要な働きがあります。

ノンレム睡眠とレム睡眠の違いを皆さんはご存知ですか?
簡単に言うと、「深い眠りのノンレム睡眠は脳を休める睡眠」で、「浅い眠りのレム睡眠は身体を休める睡眠」ということです。

人は寝ている間にノンレム睡眠とレム睡眠を約90分かけて入れ替えて、これを一晩で約4~5回繰り返しています。

このレム睡眠とノンレム睡眠が記憶の定着と大きく関係があるのです。

朝方に多いレム睡眠は、身体を休めながら「記憶を整理」

レム睡眠は主に睡眠の後半で朝方に多いとされています。

昼間の出来事や学習した内容が重要か重要じゃないか、今後日常茶で覚えていていなければならない記憶を「長期記憶」として脳に保存することができるのが、レム睡眠です。

この覚えた記憶を長期記憶に変換できるのは、浅い眠りのレム睡眠時にしかできないとされています。

寝始めに多いノンレム睡眠の役割は「記憶の定着」

ノンレム睡眠は主に睡眠の前半に多いとされています。

上述したようにノンレム睡眠は脳を安める睡眠です。
つまり、体は起きているため、光や音は多少感じることができるのです。

なので、睡眠学習をするのならば、周囲の音が聞こえるノンレム睡眠時に音声を聞く必要があります。
寝始めの90分あたりがノンレム睡眠の割合が高いので、この時に音声を流すと記憶に定着されやすいとされています。

ただし重要なのは、「睡眠前に覚えたいことを学習すること」です。
睡眠時の脳は記憶を定着させることはできますが、いきなり暗記はむずかしいということです。

寝ればいいってわけではない?最適な睡眠時間の確保が重要

Retina retina pixta 25611718 s
また、ただ寝れば記憶が定着するわけでもありません。

3~4時間ほどの短時間睡眠では、レム睡眠がなくなり、記憶の整理・定着が行われません。

記憶能力を十分に引き出すためには、最適な睡眠時間とされる6~7時間をしっかり確保し、レム睡眠とノンレム睡眠を行うことが重要とされます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
睡眠による脳のメカニズムを理解し、きちんとした睡眠時間を確保すれば、覚えたこともちゃんと身につきます。

テスト前など徹夜で暗記することも多いと思いますが、勉強したあとはしっかりと睡眠をとり、覚えたことを脳に定着させる手法の方が、体も心も健康的になるのではないでしょうか?

しっかり寝たのに眠い・・・それ睡眠の質に問題があるのかも!


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1572view
2

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6222view
3

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

202view
4

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

907view
5

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

299view

おすすめキーワード