更新日: 2017年09月12日
6390 view

いびきにマウスピースは効果的? 効く理由とメカニズムとは?

いびきの改善にマウスピースを装着するという方法は、かなり高い効果が得られるようです。それにしても、なぜ、いびきにマウスピースが効果的なのでしょうか? そこで今回は、その理由やメカニズムについてご紹介します。

マウスピースはいびきに効果があるの? その理由とは?

31adzk47m6l 出典:http://amazon.co.jp
いびきがマウスピースに効く理由は、マウスピースを装着することによって、睡眠中の気道を確保できるからです。

そもそも、いびきは、睡眠中に気道が狭くなることで、呼吸の際に、空気が喉の粘膜にぶつかってしまうことで生じる振動音です。マウスピースを装着することで、十分な気道を確保することができれば、呼吸の際に、空気が喉の粘膜にぶつかりにくくなるため、いびきも起こりにくくなります。

睡眠中は、身体の筋肉が緩み、さらにそこに重力が加わることで、下のあごが下がりやすく、それに伴って舌ものどの奥へ落ち込みやすくなります。舌がのどの奥に落ち込むと、その分気道が狭くなるため、それが原因で、いびきが起こる場合が非常に多くなるようです。

マウスピースを装着すると、上の歯と下の歯が固定されることで、睡眠中に下のあごが下がることを防げます。下のあごが下がらなければ、舌がのどの奥に落ち込みにくくなるため、気道も狭くなりにくいというわけです。

特に仰向けの姿勢で寝ている場合は、重力の影響を受けやすく、睡眠中にのどの奥に舌が落ち込みやすくなるので、それを防げる分、マウスピースの効果は大きくなるようです。

市販のいびき対策マウスピースは主に2タイプ

4174r3%2b8 yl 出典:https://www.amazon.co.jp/PROIDEA-プロイデア-歯ぎしりピタリ-ストロング-ブルー/dp/B018QGVQXY/ref=sr_1_1_mimg_1_health_and_beauty_display_on_website?ie=UTF8&qid=1510722173&sr=8-1&keywords=歯ぎしりピタリ
上下の奥歯で挟むタイプ。型とり不要です。
市販されているいびき改善用のマウスピースは、主に2タイプあります。それは、口の中に装着するだけのタイプと、自分の口の中のサイズに合わせた型をとるタイプです。

口の中に装着するだけのタイプは、面倒な型とりの作業が不要な点がメリットです。ただし、サイズが合わない場合もありますし、使い方にちょっとしたコツが必要になります。何か使い方に問題があって、舌をしっかりと固定できない場合は、効果が得にくいようです。
414xskedikl 出典:https://www.amazon.co.jp/Hommy-ビキさよならセット-鼻と口からダブルでイビキ対策-マウスガード-取扱説明書付/dp/B06XPDZNVM/ref=sr_1_18_mimg_1_home_display_on_website?ie=UTF8&qid=1510722377&sr=8-18&keywords=マウスピース
型取りをするタイプのマウスピース。
Retina photo 17 09 13 08 26 20.230
型とりに失敗したマウスピース
型とりが必要なタイプもあります。お湯などで柔らかくしてから、自分の口にはめて型をとります。

型とりさえうまくいけば、自分の口の中のサイズにフィットするため、その分、優れたいびきの防止効果が望めるようです。

ただ、型をとる作業は結構難しいもの。お湯の温度と時間の調整が難しく、なかなか柔らかくならず、やり過ぎると二度と使えなくなってしまいます。中には、型とりに失敗したときのために、2個セットで市販されているものもあります。

病院や歯科医院でマウスピースを作ってもらう方法も

Retina pixta 32873117 s
マウスピースは、病院や歯科医院で作ってもらうという方法もあります。
プロの手で型取りしてもらえることでよりフィット感が高まり、虫歯や矯正中の歯にも考慮してもらえることがメリットです。

マウスピースはさまざまな種類があり1万〜3万円と幅があるようです(保険適用時の金額。診断料や治療費は別途)。

ただし、保険の適用を受けるためには、いびき外来専門の医療機関を受診し、睡眠時無呼吸症候群であるという診断書(診療情報提供書)が必要になるようです。

簡易検査でも約3千円、入院を要する精密検査では約2万円かかるのが相場です。初診料や診察代は別途かかります。

診断書がなしで、いびきの改善のためにマウスピースを作ってもらう場合は、保険適用にならず、費用は全額自己負担になります。ただし、検査費用も勘案すると、もしかしたら自己負担の方が安く済むケースもありそうですね。お近くのいびき外来や歯科医院に問い合わせてみると良いでしょう。

おわりに

マウスピースは、正しく装着できれば、極めて高い効果が望めるようです。インターネット通販で1000円前後から購入できますので、興味を持たれた場合は、まずは、気軽に試せる市販のマウスピースをご検討されてみてはいかがでしょうか。

お手軽に試せるいびき対策! 編集部のおススメグッズ5選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1562view
2

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6211view
3

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

192view
4

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

897view
5

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

288view

おすすめキーワード