更新日: 2017年09月12日
6746 view

【体験記】歯ぎしり用のマウスピースを病院で購入してみました。その効果とは?

固いものが噛めないことで悩んでいたときに、歯科検診で歯の揺れ・歯ぎしりを指摘され、マウスピースを購入しました。歯科での診断からマウスピース作成、装着した効果をレポートします。

自分では自覚のなかった歯ぎしり。歯を痛めてしまっていた

私は一ヶ月に一回、歯のメンテナンスに歯医者に通っています。
数ヶ月前、歯科衛生士さんに歯を洗浄してもらっている時に、歯がグラグラしていると指摘されました。

言われてみると、最近、自分でもお煎餅など固いものが噛めないことがあり、その話をすると医師の診察を受けることになりました。
Retina pixta 28403294 s
医師に噛み合わせを見てもらい、歯ぎしりの癖があり、特に食いしばり(クレンチング)をしているようだと言われました。

食いしばりとは、無意識の上下の歯をぐっと噛み締めてしまうことだそうです。歯に強い圧力をかけ続けると、歯が圧力に耐えきれずに割れてしまったり、ぐらついてしまったりするとか。

この時に医師から日常的に食いしばるのをやめるように言われました。無意識で行ってしまうため、パソコンの画面などよく見るところに、メモパッドで「歯を食いしばらない」と貼ると効果的だと言われました。

言われた通り、メモも貼りましたが、気づくとぐっと噛み締めていました。頭で分かってはいても、仕事中など考え込むときに噛み締めるのが癖になっており、なかなか治りません。

その数週間後、虫歯のような歯の痛みに襲われ再度受診しました。食いしばりのせいで痛みが出ているため、マウスピースを作ると良いと勧められました。付けたまま寝れば、就寝中の歯ぎしりを防ぐ効果があるそうです。なお、マウスピースは日中も使うとなお良いそうですが、付けて人前に出るのは難しいため、就寝中だけ使用することにしました。

歯ぎしり対策のマウスピースを作成。まずは型とりから。

Retina  mg 3876
マウスピース作成時は、まず上顎の歯型を取ります。粘土のようなものを口で噛み、数分待つことで歯型が取れます。

作成までは1〜2週間かかりました。金額は保険適用で5000円程でした。(その他受診料等もかかります)

マウスピースは夜間のみ装着するため、昼間は清潔に保つように指示がありました。朝起きたら、水かぬるま湯で洗浄し、風通しの良いところで乾燥させます。

いびき対策マウスピース、実際に装着してみてどうだったか?

Retina img 3881
マウスピースは、しっかりと上顎にはまる形で仕上がりました。
また、ソフト素材の柔らかい素材で作成してもらったため、フィット感があります。
色も透明で、付けていても周りは気づかないほどです。そして取り外しも簡単。

歯ぎしり対策のマウスピース。装着しての睡眠にチャレンジ!

Retina img 3879
しかし、実際に装着して寝ようとすると、どうしても違和感があり眠れません。
きちんとフィットはしているものの、口の中に異物が入っているという違和感は拭えませんでした。
そのため、何度チャレンジしても、眠る直前に外してしまいます。

結局マウスピースをつけない私は、歯に余分な力が加わり、歯が揺れて、固いものがどんどん食べられなくなっています。

例えばパン。ちょっと固いと食べられません。お煎餅も食べられません。

今後も歯科と相談しながら、マウスピースにもチャレンジを続けていこうと思います! 改善したらご報告します。

おわりに

歯ぎしりのためマウスピースを作られる方は多いようです。今回は自分の経験をレポートさせていただきました。みなさんのお役にたてれば幸いです。

ライター紹介

Retina unnamed 6
ネコ(ウェブライター) 30歳 既婚
定期的な歯科検診時に歯の揺れを指摘されクレンチングがある事を知る。後日、歯の痛みにて受診し、クレンチングのためマウスピースが必要と診断される。偏頭痛持ち、逆流性食道炎持ち、ストレスに敏感。

歯並びが崩れるといびきの原因にも! 気になるいびきの対策グッズ5選


十分に寝たのに眠い・・・。そんなことが続いている場合、もしかしたら本人も気づかない間にいびきをかいているのかもしれません。ネルコト編集部おすすめのいびきグッズをご紹介しましょう。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1562view
2

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6211view
3

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

192view
4

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

897view
5

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

288view

おすすめキーワード