更新日: 2017年09月26日
2384 view

いびきは抜け毛の原因に!? いびきと抜け毛の関係とは?

いびきと抜け毛、一見、何の関係もないように思えますが、実は、いびきと抜け毛には密接な関係があります。 いびきは抜け毛の大きな原因のひとつで、いびきをかく場合は、そうでない場合に比べ、数段、抜け毛が増えやすいと言われています。それにしてもなぜそうなるのでしょうか?いびきと抜け毛の関係についてご紹介します。

いびきをかくと成長ホルモンの分泌が減る原因に?

Retina pixta 29899568 s
睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。

レム睡眠は、身体は休めているものの、脳が休めていない、眠りの浅い状態の睡眠です。ノンレム睡眠は、身体も脳もしっかり休めていて、眠りの深い状態の睡眠です。

心身の回復のためには、ノンレム睡眠が非常に重要で、ノンレム睡眠中に脳が酸素を十分に取り込むことによって、成長ホルモンがたっぷりと分泌されます。

成長ホルモンは、その名の通り、身体の成長に必要なホルモンです。当然、髪の成長にも必要なホルモンでもあります。さらに、傷ついた細胞の修復、免疫力の向上などにも大きく関わっています。

いびきは、睡眠中に、空気の通り道である気道が狭くなることで起こる、喉の粘膜と空気との振動音です。空気の通り道が十分に広ければ、空気が喉にぶつかることもないためにいびきは生じません。

睡眠中に、気道が狭くなっていると、空気が通りにくいため、いびきをかくだけでなく、酸素不足の状態に陥ります。そうなると、脳は、酸素を十分に取めないため、成長ホルモンの分泌が不十分となります。その結果、髪の毛が成長できず、抜けやすくなります。

いびきをかくと髪に栄養や酸素が届きにくく、抜け毛につながる!?

Retina pixta 29886924 s
身体の細胞が元気に活動するためには、栄養もさることながら、酸素が必要不可欠です。酸素は、血液を通して各細胞に運ばれることになります。いびきによって、身体が十分な酸素を取り込めなくなるということは、血液中の酸素が不足してしまうことに他なりません。

血液中の酸素が不足すると、身体は生命を維持するために重要な組織を優先してより多くのく血液を送りこもうとします。その結果、特になくなっても生命を脅かす心配のない部位である髪の毛を育てる毛母細胞への供給は後回しにされてしまうのです。その結果、毛母細胞がエネルギー切れを起こし、著しくその働きを鈍らせることになると、髪の毛はどんどん弱り、抜けやすくなります。

いびきによる悪影響は抜け毛だけではない?

Retina pixta 32569054 s
いびきによる悪影響は抜け毛だけではありません。いびきは、その程度の差こそあれ、睡眠中に酸素不足に陥っている状態です。いびきにより、睡眠中に十分な呼吸ができず、酸素不足に陥ると、脳も心臓も血管も、身体全体により多くの血液を送りこもうとして、フル稼働しなければならないため。ゆっくり休むことができません。いびきが続いている限り、この状態が毎晩繰り返されることになります。

その結果、抜け毛のほかにも、慢性疲労、集中力の低下、高血圧、心疾患、脳疾患、糖尿病、緑内障など、身体全体に様々な支障が生じる怖れが生じます。

おわりに

いかがでしたか?いびき対策を実践することは、抜け毛を防げるだけでなく、心身の健康を維持するためにもとても大切なことです。これを機にぜひ実践しましょう。

いびき対策におすすめ! 編集部厳選のいびきグッズ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)




付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

アクセスランキング

1

いびき対策にリュック!? いびきにリュックが効く理由と効かせ方

3297view
2

AB型は睡眠不足に弱いって本当? 血液型による睡眠事情について

101550view
3

仰向け? うつぶせ? 疲労回復効果が最も高い寝方とは?

2087view
4

昼寝とどう違うの? 流行中のパワーナップの正しいやり方とその効果とは?

13969view
5

3月生まれは睡眠不足に弱いかも!? 生まれ月でわかる、なりやすい病気とは?

7313view

おすすめキーワード