更新日: 2017年09月27日
1766 view

睡眠時無呼吸症候群で道路交通法違反に!? 知っておきたい3つのポイント

2014年の道路交通法の改正項目の中には、睡眠時無呼吸症候群に関連した内容の項目があります。このことを知らずにいると、運転免許取得や免許更新の際に、何かと不都合が生じるようです。そこで今回は、睡眠時無呼吸症候群に関連する道路交通法の改正ポイントについてご紹介します。

改正の主旨は居眠り運転による事故防止対策強化【睡眠時無呼吸症候群で道路交通法違反に!?】

2014年の道路交通法では、居眠り運転の危険性が高くなる睡眠時無呼吸症候群を含む睡眠障害の症状を持つ人の運転に関する取り締まりを強化した項目が付け加えられました。

1免許取得時・免許証更新時などにおける質問制度

Retina pixta 5313385 s
免許の取得や免許の更新の際に、申請者に対して、「一定の病気等」に罹患しているか否かを確認するために、質問表を交付したり、本人に直接回答を求めたりすることができる制度が導入されました。

ちなみに、「一定の病気等」とは、運転に支障が生じる怖れがあるとして、政令で定められている疾患のことです。睡眠時無呼吸症候群を含むすべての睡眠障害が「一定の病気等」に該当します。

免許取得時や免許証更新時に質問票を交付された場合は、その質問票に回答し、申請時に提出しなければ、免許の取得や更新ができません。

故意に虚偽の回答をした場合、罰則((懲役1年以下、もしくは罰金30万円以下)が与えられます。例えば、睡眠障害に関する質問に対して、実際は、重度の眠気があるのにもかかわらず、「いいえ」と虚偽の回答をした場合、罰則の対象となるということです。

また、回答結果により、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は、医師の診断書などの確認書類を提出が必要で、確認が済むまで一定の期間免許の効力を停止できるようになりました。診断書の内容によっては、免許の取得や免許の更新ができない場合もあります。

2医師による診断書の任意届出制度

Retina pixta 32421602 s
「一定の病気等」と診断した相手が運転免許を持っている場合、担当医師は、その診断結果を、都道府県公安委員会に任意で届け出ることが可能になりました。この診断結果は、当人の運転免許更新の際に有効な判断材料になります。

3免許の暫定的な停止制度

Retina pixta 32421568 s
改正前までは、交通事故を起こした運転者が、「一定の病気等」に該当すると疑われた場合、専門医の診断によって免許の取り消し処分が行われていましたが、その診断を待たずに、3か月を超えない範囲で免許の停止措置が可能になりました。

4免許再取得時の技能・学科試験の免除制度

Retina pixta 27435120 s
睡眠時無呼吸症候群をはじめとする睡眠障害を理由に、免許が取り消されても、適切な治療を受け症状が改善された場合、免許の再取得が可能になります。その際、免許の取り消しから3年以内に限り、再取得の際に、技能試験と学科試験が免除されます。

おわりに

いかがでしたか、2014年の道路交通法が改正されてから、免許の取得や更新時に診断書の提出が必要になるケースも増えてきているようです。いずれにせよ、睡眠時無呼吸症候群の心当たりがある場合は、万が一の居眠り運転による事故を防ぐためにも、速やかに受診し、症状を改善しておくことが何よりも大切です。

十分に寝たのに眠い・・・そんな場合の対処法とは?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1475view
2

布団が敷きっぱなしだと〇〇に⁉カビやダニの対策方法とは?

1039view
3

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

153view
4

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6072view
5

【マウスピースが効かない! 】いびきが治らないときの適切な対処法とは?

1955view

おすすめキーワード