更新日: 2017年09月29日
1955 view

【マウスピースが効かない! 】いびきが治らないときの適切な対処法とは?

マウスピースはいびきの改善に効果的な方法です。しかしマウスピースでもいびきが治らないケースも多々あります。そこで今回は、いびきがマウスピースで治らない場合とその対処法についてご紹介します。

マウスピースでいびきが治るしくみ

315o1lcik8l. sx425 出典:https://www.amazon.co.jp
いびきは、睡眠中の気道が狭くなることで、呼吸で吸い込まれた空気が喉にぶつかる際に生じる振動音です。睡眠中に気道が狭くなるのは、舌の根元が喉に落ち込むことが主な原因と考えられています。

マウスピースを装着することで、下あごが上あごよりも前に出た状態が固定されます。その状態ですと、睡眠中の舌の根が喉に落ち込むことを防げるため、空気の通り道である気道を広く保つことができます。その結果、睡眠中に呼吸で取り込んだ空気がぶつかりにくくなるため、いびきが治りやすいと考えられています。

いびきがマウスピースで治らないケースと対処法

Retina pixta 22574132 s

1.マウスピースが合っていない

市販のマウスピースを使用する場合に比較的よくあるケースです。

○対処法
より自分の歯やあごの形に合ったマウスピースに替えることで、いびきが治る可能性があります。


2.気道を狭くする原因が他にある場合

マウスピースによる効果は、睡眠中に舌の根が喉に落ち込むことが原因で気道が狭くなっている場合に限られます。従って、原因が舌の落ち込み以外の場合は、効果が望めません。

例えば、肥満により喉まわりに脂肪がついていると、睡眠中に舌が落ち込む落ち込まずにかかわらず、気道が狭くなるためマウスピースでは治らない場合が多いです。

また、扁桃や口蓋垂(のどちんこ)の肥大が原因で気道が狭くなっている場合もマウスピ―スでは治らないようです。

○対処法
肥満が原因の場合は、適度な運動や食生活を見直すなどで、肥満を解消することで、いびきの大幅な改善が望めるようです。

扁桃や口蓋垂(のどちんこ)の肥大が原因の場合は、鼻チューブ「ナステント」で鼻から喉までの気道を確保してしまうのも手です。また、外科的手術によって肥大を解消する方法もあります。


3.鼻炎による鼻づまりが原因の場合

鼻づまりにより、鼻の粘膜が震えていびきが生じる場合、マウスピースで舌の落ち込みを防いでも、いびきは治りません。

○対処法
点鼻薬の使用、薬の服用、鼻腔を広げるテープを使用するなど、鼻づまりを解消する方法はすべて対処法として有効です。


4.重症の睡眠時無呼吸症候群である場合

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に完全に気道が塞がってしまう状態が、頻繁に繰り返される疾患です。この疾患は大いびきをかくことが特徴でもあります。症状が軽症~中程度の場合は、マウスピースでもいびきの改善に一定の効果が望めるようです。しかし、重症の場合は、マウスピースだけでは不十分で治らない場合が多いようです。

○対処法
睡眠時無呼吸症候群の代表的な治療法であるCPAPが、やはりいびきの対処法としても最も効果的です。肥満である場合は、同時に肥満を解消することでより高い効果が望めます。

マウスピースが効くタイプと効かないタイプ

41l7ibxvt3l. sx425 出典:https://www.amazon.co.jp
舌の落ち込みが原因で気道が狭くなっているためにいびきをかいている場合は、マウスピースが効くタイプ、それ以外の場合は、マウスピースが効かないタイプと大別することができます。

ただ、本来ならば、マウスピースが効くタイプに該当する場合でも、マウスピースの違和感で眠れないタイプや、関節やあごが痛くなるタイプなど、マウスピースの装着そのもののが困難になる場合も、効かないタイプ(正確には向かないタイプ?)に該当するといえるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?マウスピースは、ただつけて寝るだけと、いたって簡単な方法でいびきを治せる点が魅力です。ただ、必ずしも治せるというわけではなく、治らない場合や効かない場合があることを、事前に把握しておきましょう。

他のいびき対策グッズも試したい! 編集部おすすめ5選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。


見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)
ネルネルの詳細はこちら


付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…
マウスピースの詳細はこちら


いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。
特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。
ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1475view
2

布団が敷きっぱなしだと〇〇に⁉カビやダニの対策方法とは?

1039view
3

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

153view
4

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6072view
5

【マウスピースが効かない! 】いびきが治らないときの適切な対処法とは?

1955view

おすすめキーワード