更新日: 2017年09月29日
779 view

メタボ解消でいびきも解消!? 睡眠時無呼吸症候群に運動療法が効く理由とは?

運動療法は、睡眠時無呼吸症候群と密接な関係にある肥満を改善するのに、大変に効果的な治療法です。肥満の解消で、睡眠時無呼吸症候群の症状が大幅に改善されたケースは数多く存在します。そこで今回は、睡眠時無呼吸症候群に効く運動療法についてご紹介します。

睡眠時無呼吸症候群の最大の原因は肥満

Retina pixta 32023723 s
睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に空気の通り道である気道が塞がることで、10秒以上呼吸が停止する状態が1時間につき5回以上、繰り返される疾患です。

この睡眠時無呼吸症候群の最大の原因は、肥満であるといわれています。肥満により、喉のまわりに脂肪がつくことで、気道が塞がりやすくなるからのようです。実際、症状が中度以上のレベルの睡眠時無呼吸症候群の患者さんのうち、実に70%以上がBMI 25以上の肥満であるというデータも存在します。

体重が10%増えた場合、AHI(睡眠中1時間あたりの無呼吸と低呼吸の回数を示す指数)が、32%も増加することが明らかになっています。逆に体重を10%減らすと、AHIを26%減少させることができるようです。

さらに肥満は、睡眠時無呼吸症候群だけでなく、生活習慣病をはじめとする様々な疾患の発症リスクも増大させます。

食事制限ではダメ!? 睡眠時無呼吸症候群に運動療法が効く理由

Retina pixta 33972515 s
睡眠時無呼吸症候群に運動療法が効くのは、ただ単に肥満が解消できるからという理由だけではありません。

肥満を解消させるだけなら、食事制限を行えばそれでよいことになります。しかし、運動をせずに食事制限だけで、肥満が解消されても、睡眠時無呼吸症候群が改善されない場合が多いようです。運動せずに食事制限だけを行った場合、脂肪と同時に筋肉も減るため、筋力低下が起こります。気道周辺の筋力が低下すると、睡眠時に舌根が喉に落ち込みやすくなるため、気道が塞がりやすくなるからです。

運動療法を行えば、筋力を低下させることなく、脂肪だけを落とすことが可能になるため優れた改善効果が望めます。

睡眠時無呼吸症候群に効く運動とは?

Retina pixta 28978420 s
睡眠時無呼吸症候群のために最も効果的な運動は、有酸素運動と筋肉トレーニングです。

有酸素運動の中では、手軽に行えるウォーキングがおすすめです。運動強度は、軽く息をはずませながら会話ができるくらいが目安です。それくらいの強度のウォーキングを1日合計30分以上(ただし15分以上継続することがポイント)続けると、食事制限と同時に行っても、筋肉を落とすことなく脂肪だけを減らすことができるようです。

有酸素運動は、心肺機能を向上させる効果も望めます。心肺機能が向上すれば、より多くの酸素を取り込み、全身に送り込むことが可能になります。

ちなみに、心配機能の強度を示す、最大酸素摂取量と最大心拍呼吸量が多ければ、肥満度が高くても睡眠時に無呼吸にならないことが、アメリカのハーバード医学校の研究によって明らかになっています。

おわりに

睡眠時無呼吸症候群に効く運動療法の効果についておわかりいただけたでしょうか?運動療法によって心肺機能を強化することは、肥満であるなしにかかわらず、睡眠時無呼吸症候群の治療としても極めて効果的であるといえそうです。

睡眠時無呼吸症候群の治療法には何がある?

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。一度買ってしまえば後はオンラインで購入でき、手軽なのもポイントです。




重度の睡眠時無呼吸症候群に効果大! 機械で空気を気道に送り込む「CPAP」


CPAP治療では、鼻マスクを装着し、機械から空気を送り込みます。その風圧で気道を広げ、空気を送り込むことで、無呼吸になることを防ぐ仕組みです。喉が乾燥しやすい、毎月通院する必要がある、などのデメリットもありますが、重度の患者さん向けの標準治療だそうですよ。




口蓋垂(のどちんこ)や鼻腔を広げる「手術」


患者ごとに原因を特定し、それによって異なる手術方法が選択されます。のどが狭かったり、口蓋垂(のどちんこ)が大きいことが原因の場合、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。また原因が鼻腔が狭いことや鼻づまりの場合には、それを解消する手術になります。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の原因は特定しきれないことも多く、手術を受けても必ず睡眠時無呼吸症候群が解消するとは限らず、その後も治療が必要になることもあるそうです。

アクセスランキング

1

いびき対策にリュック!? いびきにリュックが効く理由と効かせ方

3306view
2

AB型は睡眠不足に弱いって本当? 血液型による睡眠事情について

101555view
3

仰向け? うつぶせ? 疲労回復効果が最も高い寝方とは?

2089view
4

昼寝とどう違うの? 流行中のパワーナップの正しいやり方とその効果とは?

13969view
5

3月生まれは睡眠不足に弱いかも!? 生まれ月でわかる、なりやすい病気とは?

7316view

おすすめキーワード