更新日: 2017年10月02日
3764 view

無呼吸が逆流性食道炎の原因に!? 睡眠時無呼吸症候群と逆流性食道炎の関係とは?

睡眠時無呼吸症候群と逆流性食道炎には、密接な関係があるとか。睡眠時無呼吸症候になると極めて高い確率で、逆流性食道炎を発症しやすくなるようです。睡眠時無呼吸症候群と逆流性食道炎の関係についてこれから詳しくご紹介します。

そもそも逆流性食道炎とは何?

Retina pixta 30924204 s
逆流性食道炎とは、その名が示す通り、胃の内容物(主に胃酸)が逆流してしまうことで食道が炎症を起こす疾患です。

胃酸が逆流して食道の粘膜を傷つけることで潰瘍やびらん(ただれ)が生じたり、胸やけが起こったりします。治療せずに放置していると、最悪の場合は、食道がんを発症する場合もあるようです。

逆流性食道炎は、体質的に胃酸過多の場合に発症しやすいと考えられています。元々、肉食方の欧米人に多く見られる疾患で、日本人には、少ない疾患だったようですが、近年、日本でも、逆流性食道炎を患う人が増加しているようです。これは、食生活の欧米化により、高タンパク高脂肪の食事の摂取量が増えたことや、肥満、ピロリ菌の感染率の低下などとも深く関係しているようです。

通常は、胃酸は逆流しないように胃と食道の境目に下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)と呼ばれるストッパーがあり、逆流するようなことはまずありません。しかし、様々な原因によって、このストッパーがうまく作動しなくなると、逆流が起こってしまうと考えられています。

実は、胃から食道への逆流を防ぐためのストッパーがうまく作動しなくなる原因のひとつに、睡眠時無呼吸症候群が含まれます

睡眠時無呼吸症候群が「逆流性食道炎」の原因に!? 理由は?

Retina pixta 23608437 s
睡眠時無呼吸症候群は、夜、眠っている間に、空気の通り道である軌道が塞がれたり、狭くなったりすることで、一時的に呼吸が止まる状態や浅い呼吸の状態が、一晩の間に何度も繰り返される疾患です。

眠っている間に、呼吸ができなくなったり、しにくくなったりすると、身体は呼吸をしても空気がほとんど入ってこないために、呼吸の際に腹圧がかかります。腹圧により胃の中のものが食道に向かって押し上げられてしまうため、逆流が起こります。

逆流が起こってもストッパーが正常に働いてくれれば、事なきを得るのですが、睡眠中は筋肉が緩むために、ストッパーの働きが鈍くなりやすいため、逆流を阻止しきれない場合、胃の内容物(特に胃酸)が、食道まで達し粘膜を傷つけて、逆流性食道炎を発症します。

逆に「逆流性食道炎」が睡眠時無呼吸症候群の原因になることも

Retina pixta 29155420 s  2
逆流性食道炎の場合、睡眠中も胃の内容物が逆流しやすくなるため、それを防ぐために、身体のシステムが働き、食道を狭くして通らないようにします。

その際に、気道もつられて狭くなってしまうため、いびきや睡眠時無呼吸症候群が発症しやすくなるようです。

肥満体質が原因かも! 睡眠時無呼吸症候群と逆流性食道炎の関係

Retina pixta 34340711 s
睡眠時無呼吸症候群を発症すると極めて高い割合で逆流性食道炎を発症すると言われています。様々な調査がありますが、中には7割の併発率というものも。

これは、肥満体質だと、睡眠時無呼吸症候群にも、逆流性食道炎にもなりやすいこととも深く関係しているようです。

おわりに

いかがでしたか?睡眠時無呼吸症候群と逆流性食道炎は、肥満が原因で発症しやすいという点で共通しているといえるでしょう。そのため、肥満を招く生活習慣や食生活の改善に取り組むことは、両方の疾患の改善につながります。

いびきが気になる人にはコレ! 編集部おすすめ対策3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

226view
2

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

836view
3

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

127view
4

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6126view
5

【マウスピースが効かない! 】いびきが治らないときの適切な対処法とは?

2003view

おすすめキーワード