更新日: 2017年10月10日
3187 view

芸術家肌に多い!? ロングスリーパーの特徴とは?

世の中には、体質的にたっぷりと眠らないといけないロングスリーパ―と呼ばれる人がいます。通常の場合、7~8時間が適切な睡眠時間といわれていますが、ロングスリーパーは、その睡眠時間では全然足りません。これから、ロングスリーパーの特徴や、メリットとデメリットについてご紹介します。

ロングスリーパーとは? どんな特徴がある?

Retina pixta 31020086 s
ロングスリーパーとは、適切な睡眠時間が9時間~10時間以上と、通常よりも長い人のことです。世間一般的には、適切な睡眠時間が6時間以上9時間未満の人が圧倒的多数を占め、ロングスリーパーはごく少数派に該当します。

適切な睡眠時間とは、日常生活を支障なく健康的に過ごすために必要な睡眠の長さのことです。ロングスリーパーは、体質的に通常よりも長い睡眠時間が必要なだけです。いわゆる過眠症のように、病気のせいで通常よりもたくさん眠ってしまうというわけではありません。

ロングスリーパーの特徴

1.眠りの浅い状態が長い

Retina pixta 32976377 s
睡眠の状態は、脳も身体もしっかりと休んでいるノンレム睡眠と、身体は休めていても脳は活動しているレム睡眠に大別できます。ロングスリーパーは、適切な睡眠時間が通常よりも長いですが、それにともなってノンレム睡眠も長くなるというわけではありません。

ノンレム睡眠の中でも徐波睡眠といわれる特に眠りの深い状態は、他のタイプのスリーパーとぼぼ変わらないようです。

2.夢をよく見る

Retina pixta 28043770 s
記憶に残る夢はレム睡眠時に見るといわれています。レム睡眠の時間が長くなる分、夢を見る回数も多くなるようです。

3.日中の眠気が強い

Retina pixta 19478776 s
適切な睡眠時間を確保できなかった場合に起こりやすい特徴です。例えば、普段、7時間~8時間の平均睡眠時間を確保できていても、必然的に睡眠不足状態に陥るため、眠気が強くなります。

そのほかに、寝つきが悪い、夜中に目が覚めやすい、朝なかなか起きられないという特徴もよく見られるようです。

ロングスリーパーのメリット

Retina pixta 31275796 s
スポーツや芸術の分野での活躍が望めるというのが、ロングスリーパーの最大のメリットといえそうです。

スポーツの技術、楽器の演奏技術、絵の技能などは、レム睡眠時に記憶されることで、身につくことになるようです。レム睡眠時が長ければ長いほど、それらの技術をより多く身に着けること可能です。

実際、睡眠時間を長くすると、スポーツのパフォーマンスが大幅に向上するという研究報告もあります。

白鵬関やタイガーウッズ選手は、ロングスリーパーとして有名ですが、彼らの類まれなる才能や技術は、睡眠時間の長さに秘密があるのかもしれません。

ロングスリーパーのデメリット

Retina pixta 24165282 s
必要な睡眠時間を確保しにくいというのが最大のデメリットになるでしょう。特に一般企業に勤めていて、通勤に時間がかかる場合などは、平日に9時間~10時間もの睡眠時間を確保するのは実質困難といえそうです。

睡眠時間を確保できない場合は、睡眠が足らず、日中、仕事や学業などのパフォーマンスが低下するという次なるデメリットにもつながりかねません。

また、ロングスリーパーは性格的に社会に適応しづらいという傾向もあるようです、仕事内容によっては、その傾向もある意味デメリットになるかもしれません。

おわりに

いかにして適切な睡眠時間を確保するかが、ロングスリーパ―の方々にとって最大の課題といえるかもしれません。実際、多くのロングスリーパーは、仕事を選ぶ、職場の近くに引っ越す、休日に睡眠の不足分を補うなど、それぞれに課題をクリアするための努力をされているようです。

長い時間寝ているのに眠い・・・それ睡眠の質に問題があるかも!


十分に寝たのに眠い・・・。そんなことが続いている場合、もしかしたら本人も気づかない間にいびきをかいているのかもしれません。ネルコト編集部おすすめのいびきグッズをご紹介しましょう。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1479view
2

布団が敷きっぱなしだと〇〇に⁉カビやダニの対策方法とは?

1039view
3

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

158view
4

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6076view
5

【マウスピースが効かない! 】いびきが治らないときの適切な対処法とは?

1957view

おすすめキーワード