更新日: 2017年10月10日
1458 view

疲労回復のために寝る前にやるべきこと4選。眠りの質を高め疲れを取ってくれる方法とは?

疲労回復のためには、質のよい睡眠をとることがとても大切です。寝る前に一工夫することで眠りの質を確実に高めることができます。そこで今回は疲労回復のためにぜひ実践していただきたい眠りの質を高める方法をご紹介します。

【寝る前の疲労回復術1】お風呂に入る

Retina pixta 28183609 s
40℃前後のぬるめのお湯に入って身体を温めて血行をよくすることで、寝つきもよくなり深い睡眠が得られるようです。いったん体温を上げておくことで、下がったときに眠気が訪れスムーズに入眠でき、その後ぐっすりと眠れます。

ただし、42度以上の熱いお湯は、興奮して寝つきが悪くなるのでNGです。

【寝る前の疲労回復術2】鶏むね肉を食べる

Retina pixta 29040341 s
疲労の元凶は、ずばり活性酸素です。疲労回復のためには、この活性酸素を取り除く抗酸化作用を持つ栄養素をなるべくたくさん摂取することが大切になります。

抗酸化作用のある栄養素は、数多くありますが、その中でも特にイミダゾールペプチドの抗酸化作用が極めて強く、今では、イミダゾールペプチド=疲労回復物質として、幅広く認知されるようになっています。実際、イミダゾールペプチドの疲労回復効果については科学的にも実証されているようです。

イミダゾールペプチドは、脳の疲労回復にも優れた効果が望めます。イミダゾールペプチドが豊富に含まれる鶏むね肉(特に豊富)やマグロ、カツオなどを、寝る3時間前までに食べておくことで、睡眠中に脳の疲れをとり、眠りの質を高める効果が望めます。

【寝る前の疲労回復術3】寝る前にハーブティを飲む

Retina pixta 30451588 s
数あるハーブティの中でも特におすすめなのが、ルイボスティです。ルイボスティにはSD酵素やフラボノイドなど、抗酸化作用のある成分が豊富に含まれています。これらの抗酸化作用により、活性酸素が除去されれば、脳の疲れも素早く回復し、眠りの質を高めることが期待できます。

「ぐっすりと眠れる」ということで愛飲者も増えているようです。

そのほか、カモミールティ、ジャスミンティ、ラベンダーティなどもおすすめです。

【寝る前の疲労回復術4】ヨガやストレッチで筋肉をほぐす

Retina pixta 25933319 s
寝る前にヨガやストレッチを行うと、筋肉がほぐれるため、ぐっすりと眠れ、睡眠の質を高めることができます。その結果、高い疲労回復効果が望めます。

ストレッチは基本的になんでもOKですが、特に股関節まわりの筋肉や骨盤周囲の筋肉をほぐせるストレッチが効果的です。例、仰向けになって背のびをする、仰向けで片膝を90度に曲げて反対の方向の床につくなど。

今回は、特におすすめのヨガの「完全熟眠ポーズ」をご紹介します。
Retina pixta 23921822 s

1.仰向けに寝る

両腕は45度くらいに開いておき、手のひらは天井に向けます。

2.片足を上げる

左右どちらかの足を、鼻から息を吸いながら45度くらいの高さまで上げ、その状態を6秒~8秒ほどキープします。

3.力を抜きストンと足を下げる

キープした後、一気に力を抜きストンと上げた足を落とします。足を開いた状態のまましばらく気持ちを落ち着けます。

もう一方の足も同じ要領で行います。

両足をそれぞれ5回以内を目安に行いましょう。6回以上はNGです。

おわりに

いかがでしたか?どれも簡単に実践できる方法ばかりです。寝る前にぜひ一度お試しになって、その効果のほどを実感していただければと思います。

昼間の異常な眠気が辛い・・・それはいびきが原因かも!?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)


ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…


マウスピースの詳細はこちら

アクセスランキング

1

睡眠時間が足りないと太る? 痩せる? 睡眠中のエネルギー消費とダイエットに効く睡眠法とは?

435view
2

一番睡眠時間が長い動物は? 動物別睡眠時間一覧!

360view
3

【いびき対策グッズ調査2017】スノアサークルの効果&口コミ

589view
4

ハンモックで寝るのはあり? なし? ハンモック睡眠のメリット・デメリット

9609view
5

【寝ピク】入眠時に痙攣はよくある? 原因や対処法とは?

7954view

おすすめキーワード