更新日: 2017年10月10日
2666 view

アインシュタインだけじゃない!?「ロングスリーパー」の偉人とその特徴とは?

いわゆるロングスリーパーと呼ばれる人々の中には、歴史にその名を残す偉人たちも少なからず存在します。しかも、ロングスリーパーであることが偉人たちの素晴らしい才能や功績に深く関わっているようです。そこで今回は、ロングスリーパ―とその声質、それからロングスリーパーの偉人をご紹介します。

ロングスリーパーとは?

Retina pixta 28043770 s  1
ロングスリーパーは、その名が示す通り、長く眠る人のことです。ただ、病気が原因で長く眠っている場合は、ロングスリーパーから除外されます。

そもそも適切な睡眠時間というものは、個人差があり、一人一人違っていて当然です。そのため、5時間眠れば十分な人もいれば、10時間眠らなければ不十分という人がいても、けして不思議ではありません。

ロングスリーパ―は、適切な睡眠時間が10時間以上なわけですから、平均的な睡眠時間といわれる7時間~8時間では、眠りが足りず、日常生活に支障が生じやすくなるようです。

ロンスグスリーパーの特徴

Retina pixta 12991407 s
適切な睡眠時間が10時間以上という特徴のほかに、ロンスグスリ―パーの特徴としては、夜の早い時間帯に眠くなる、寝つきがあまりよくない、夜中によく目が覚める、10時間以上眠れないと日中に眠気を感じやすい、朝起きるのがつらいなどがあります。

またロングスリーパーの性格的な特徴としては、内向的、一人でいるのが好き、繊細で細かなところまでよく気がまわる、創造性に富んでいる、批判的精神が旺盛で現状に満足しにくい、などを挙げることができるようです。

また、ロングスリーパーは、睡眠時間が長くなりますが、眠りの深いノンレム睡眠の時間が長くなるわけではなく、眠りの浅いレム睡眠の時間が長くなるようです。レム睡眠は、スポーツや芸術、学術研究などの技術を身に着けるのに必要な時間といわれています。レム睡眠時間が長ければ長いほど、それらの方面の技術をより多く身に着けることができると考えられます。

そのため、ロングスリーパーは、スポーツや芸術、学術研究方面での才能を発揮しやすい傾向があるようです。

ロングスリーパーの偉人

アインシュタイン

Retina pixta 14720863 s
相対性理論の生みの親である超天才物理学者であるアインシュタイン博士は、毎日10時間以上の睡眠を必要としていたそうです。睡眠中は、誰にも邪魔されないように寝室にしっかりと鍵をかけていたということです。

小柴昌俊

Koshiba2 出典:http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/research/alumni/koshiba.html
2002年のノーベル物理学賞の受賞者である小柴昌俊氏の睡眠時間は、ほぼ毎日11時間だということです。

水木しげる

ゲゲゲの鬼太郎の作者として有名な水木しげる氏の睡眠時間は、通常9時間~10時間で、最長12時間眠っていたそうです。水木しげる氏の「睡眠のチカラ」という題名の漫画には、眠っている時間分だけ長生きするんです」というセリフが出てきます。

白鵬

夜の睡眠時間は10時間、昼寝が6時間という超ロングスリーパーとして有名なようです。
通算勝利回数、幕内優勝回数、連勝記録など、前人未到の数々の偉業は、人並み外れた睡眠時間の長さ(レム睡眠の長さ)とも関係があるのかもしれませんね。

おわりに

いかがでしたか? ちなみに、ショートスリーパーの偉人としては、ナポレオンが有名です。長くても短くても、自分にとって最適な睡眠時間を確保できれば、偉人に負けず劣らないような素晴らしいパフォーマンスを発揮できるといえそうです。

昼間の異常な眠気・・・その原因はいびきかも!?


十分に寝たのに眠い・・・。そんなことが続いている場合、もしかしたら本人も気づかない間にいびきをかいているのかもしれません。ネルコト編集部おすすめのいびきグッズをご紹介しましょう。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」



口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)


ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら

アクセスランキング

1

睡眠時間が足りないと太る? 痩せる? 睡眠中のエネルギー消費とダイエットに効く睡眠法とは?

437view
2

一番睡眠時間が長い動物は? 動物別睡眠時間一覧!

363view
3

【いびき対策グッズ調査2017】スノアサークルの効果&口コミ

591view
4

ハンモックで寝るのはあり? なし? ハンモック睡眠のメリット・デメリット

9610view
5

【寝ピク】入眠時に痙攣はよくある? 原因や対処法とは?

7955view

おすすめキーワード