更新日: 2017年10月13日
699 view

○○の細胞が損傷!? 睡眠不足が身体におよぼす深刻な影響とは?

仕事や子育てに追われていると、ついつい睡眠不足に陥ってしまうことになりやすいですよね。しかし睡眠不足は、私たちの心身に様々なよからぬ影響を及ぼします。その中には、特に深刻な影響も含まれています。そこで今回は、睡眠不足が及ぼす数々の影響についてご紹介します。

何時間足りないと睡眠不足? 睡眠不足の定義とは?

Retina pixta 33089087 s
睡眠不足とは、その人にとって十分な睡眠がとれていない状態のことです。睡眠不足というと、ついつい睡眠時間が少ないことを連想しがちですが、睡眠時間が足りていても睡眠の質が悪い場合は、睡眠不足に該当します。

そのため、例えば、睡眠時間が同じ5時間でも、睡眠不足になる場合と睡眠不足にならない場合が出てくるようです。

睡眠不足がもたらす影響とは?

1.脳の機能が低下する

Retina pixta 25208116 s
睡眠不足に陥ると、脳が十分に休息がとれずに、その機能が低下してしまいます。その結果、集中力が低下したり、注意力が散漫になったりして、仕事や学業、家事に支障が生じます。

2.肥りやすくなる

Retina pixta 32421658 s
睡眠時間が短いことが原因で睡眠不足に陥ると、レプチンという食欲を抑えるホルモンの分泌が減り、グレリンという食欲を増進させるホルモンの分泌が増えることが明らかになっています。また、グレリンが多くなるほど、高脂肪で高カロリーの食べ物を好むようになるようです。

そのため、食欲を抑えきれずに、高脂肪や高カロリーのものを食べすぎてしまい、太りやすくなります。

3.血圧が上がる

Retina pixta 28042506 s
睡眠不足で十分な睡眠がとれていないと、自律神経のバランスが乱れ、交感神経が絶えず優位な状態が続くことになります。交感神経は、血管を収縮させ血圧を上げる働きがあるため、血圧が上がりやすく、高血圧のリスクが生じます。すでに高血圧の場合は、症状が悪化する怖れがあるでしょう。

4.気分が落ち込む

Retina pixta 21498345 s
睡眠中は、ストレスを解消するための重要な時間でもあります。眠っている間に脳が嫌な記憶を処理して、ストレスを軽減しているようです。睡眠不足になると、ストレスが解消できずにたまってしまい、それが気分の落ち込みにつながります。その結果、うつ病や適応障害などの発症リスクが生じます。

長期間の睡眠不足がもたらす特に深刻な影響とは?

Retina pixta 28472801 s
睡眠不足の状態が、長く続けば続くほど、悪影響は多岐に渡ります。長期間の睡眠不足がもたらす影響の中で最も深刻なのは、脳が損傷して二度と元に戻らなくなるということです。これは医学的には、脳細胞の不可逆的な損失などと呼ばれている現象のようです。

睡眠不足で、脳の機能が一時的に低下しただけの場合なら、十分な睡眠をとって脳を休ませることで、機能の回復が望めます。しかし、度重なる睡眠不足によって脳細胞の一部が損傷してしまうと、脳の損傷した部分の回復は、ほぼ不可能になるようです。

これは、睡眠中に、脳が脳内にたまった老廃物や有害物質を排出する作業を行うことと関係があります。睡眠時間が少なくなると、その排出作業がうまくできずに、脳内に老廃物や有害物質がたまる一方になります。その結果、脳細胞の損失範囲が広がってしまい、脳の機能の大幅な低下につながります。そうなるともう、いくら睡眠不足を解消しても、脳の機能の回復は望めなくなるようです。

おわりに

いかがでしたか?たかが睡眠不足とあなどることなかれ。日頃から、睡眠時間の確保に加え、質の良い睡眠がとれるように心がけましょう。

昼間の眠気が辛い・・・そんなときの対処法とは?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)




付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

アクセスランキング

1

睡眠時間が足りないと太る? 痩せる? 睡眠中のエネルギー消費とダイエットに効く睡眠法とは?

442view
2

一番睡眠時間が長い動物は? 動物別睡眠時間一覧!

363view
3

【いびき対策グッズ調査2017】スノアサークルの効果&口コミ

592view
4

ハンモックで寝るのはあり? なし? ハンモック睡眠のメリット・デメリット

9611view
5

【寝ピク】入眠時に痙攣はよくある? 原因や対処法とは?

7956view

おすすめキーワード