更新日: 2017年10月19日
2148 view

日本では◯%! 左利きの人の割合と知られざる「利き手と睡眠の関係」

左利きの人は、日本に約5%いるといわれています。世の中のほとんどのものは右利き用に作られており、左利きの人は不便に思うことも・・・。そんな左利きの人は、不眠症になりやすい、というのはあまり知られていません。左利きと睡眠障害の関係についてご紹介します。

生まれつきの左利き。実は遺伝子レベルで決まっていた!?

Left handed percentage by country 出典:http://leftyfretz.com/how-many-people-are-left-handed/
世界で1割程度いると言われている左利き。実は日本だと5%くらいのようです。もしかしたら、左利きを矯正する文化を持つ国とそうでない国によっても違いが表れているのかもしれませんね。それでも左利きの人に一度も会ったことがないという人はいないのではないでしょうか?

左利きというと、アインシュタインやダーウィンを始め、天才が多いという印象もありますね。スポーツ界でも、王貞治にメッシやマラドーナ、マッケンローと一流の選手が揃います。

この左利きですが、実は遺伝子レベルで決まっていることがわかったそうです。発見したのは、イギリスのオックスフォード大学の研究チーム。100家族の利き手と遺伝子の関係を調べたところ、多くの左利きの人は「LRRTM1」という遺伝子を持つ傾向があったそうです。

詳しいメカニズムはまだわかっていませんが、この遺伝子が脳の発達の過程で影響を与える可能性が指摘されています。

左利きの人は「不眠」になりがち!? 利き手と睡眠の関係とは?

Retina pixta 28490752 m
睡眠中に手や足がピクピクと動いてしまう「周期性四肢運動障害」という病気があります。睡眠障害の一つで、眠りが浅くなったり、途中で目覚めやすくなってしまう、という特徴があります。

アメリカで、この睡眠障害を持つ患者を100人集め、睡眠の質の調査が行われました。

調査によると、この患者のうち、左利きの人で、この睡眠障害により身体の両側がピクピクと動く人の比率は94%もいました。右利きの人の64%と比べると圧倒的に高かったのです。

この睡眠障害では、身体の片側だけ症状が出る人より両側に症状が出る人の方が、症状が重く、睡眠の質も低くなる傾向にあります。

つまり、左利きの人の方が睡眠障害が重くなりやすいということがわかったんです。

専門家は、左利きの人と右利きの人では身体の動きを支配している脳の部位が異なるため、このような違いが出るのではないかと推定しています。

一見、利き手と睡眠障害というと何も関係がなさそうなので意外ですね。実は、左利きと右利きでは、脳の働きに大きな違いがあって、さまざまな病気や体質に影響しているのかもしれませんね。今後のさらなる研究の成果が期待されます。

ちなみに「周期性四肢運動障害」ってどんな病気?

Retina pixta 23656738 m
周期性四肢運動障害とはどんな病気なのでしょうか?

日本の成人における有病率は4%であり、高齢者になるほど発症の比率が高くなります。

周期性四肢運動障害では、寝ている間に手や足首がピクピクと動いたり、足を蹴るような動きをしてしまいます。この病気の特徴は、自分の意志とは関係なく身体が動いてしまうこと。身体が動くことで、寝ている途中で目が醒めてしまったり、熟睡が妨げられます。睡眠が浅く、昼間の眠気や疲労など不眠の症状につながります。

日中に過度な眠気を感じたら、それは病気のサインかもしれません。周期性四肢運動障害は投薬で改善に向かうことが多いとされていますが、通常の病院ではただの不眠症と診断されてしまうことも。睡眠障害を専門とする病院を受診しましょう。

まとめ

日本における左利きの人の割合とともに睡眠障害の研究結果をご紹介しました。左利きの人は天才に多いとともに、睡眠障害が強めにでる傾向もあるようですね。

参考:日本睡眠学会「睡眠医療認定医リスト」

良く寝たのに眠い・・・それは睡眠の質に問題があるかも!?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

鼻チューブ型のいびき・無呼吸グッズ「ナステント」がAmazonで販売開始!

851view

おすすめキーワード