更新日: 2017年10月23日
877 view

◯歳過ぎたら女性はいびきに注意!? 女性ホルモンといびきの関係とは?

いびきは女性ホルモンと深く関わっています。本来、女性は、女性ホルモンの恩恵を受けていびきをかきにくいといわれています。しかし、中高年を過ぎるとこの女性ホルモンの分泌が不十分になり、いびきをかきやすくなるようです。いびきと女性ホルモンの関係についてこれから詳しくご紹介します。

女性ホルモンが減るといびきをかきやすくなる? 原因は?

Retina pixta 12041475 s  1
そもそも、女性は男性よりいびきをかきにくい性質があります。これは女性ホルモンの影響です。

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがありますが、このうち、黄体ホルモンには、気道を広げる働きがあるようです。黄体ホルモンには、上気道(鼻から鼻腔、鼻咽腔、咽頭 喉頭までの気道)にある筋肉の動きを活発にして、空気の通りをスムーズにする働きがあります。

そのため、女性の多くは、若い頃は、いびきとは無縁でも、中高年になると、いびきをかきやすくなります。特に更年期の女性はいびきに注意が必要です。

これは、加齢に伴って、女性ホルモンの分泌が減ってしまうためです。
Retina pixta 21368960 s
そもそもいびきは、睡眠中に気道が狭くなり、呼吸で吸い込んだ空気が喉の粘膜を震わせるために発生します。睡眠中に舌の筋肉が緩んで舌の根が喉に落ち込むと気道が狭くなるため、いびきが発生しやすくなるんです。

女性ホルモンの分泌が減ってしまうと、顎や喉まわりの筋肉の緊張がほどけ緩みやすくなり、舌を支えきれなくなります。さらに、加齢に伴う筋力の衰えにより、気道を開いた状態に維持する力が低下します。

その結果、舌の根が喉に落ち込むことで気道が狭められっぱなし状態に陥ってしまうのです。

更年期はいびきだけでなく睡眠時無呼吸症候群にも要注意!

Retina pixta 21300110 s
特に女性ホルモンの分泌が急激に減る更年期から、女性はいびきをかきやすくなってしまうようです。気道が完全に塞がってしまう睡眠時無呼吸症候群も更年期から急増すると言われています。また、女性の睡眠時無呼吸症候群は、更年期と時期的に重なることから更年期障害と誤診される場合も多いようです。

これは、女性の睡眠時無呼吸症候群の症状である、不眠、起床時の頭痛、疲労倦怠感、集中力の低下、イライラ、うつや不安症状は、更年期障害の症状にもあてはまるためです。

睡眠時無呼吸症候群は、治療によって回復が望めますが、更年期障害と誤診されて放置された状態が続くと、心筋梗塞や脳梗塞など、重篤な疾患を招く怖れがあるため、注意が必要です。

ダイエット中はいびきをかきやすくなる女性も!?

Retina pixta 31480339 s
女性ホルモンの分泌が減ってしまう原因は、加齢ばかりではありません。若い世代の女性でも、極端なダイエットや過剰な精神的ストレスなどによって減ってしまうことがあるため、その点はくれぐれも気をつけましょう。

おわりに

女性ホルモンが減ってしまうと、いびきのほかに、高血圧や高コレステロール血症、骨粗しょう症などの疾患のリスクが増大します。さらに、生理不順、不妊、抜け毛や肌荒れ、うつなど、その影響は多岐に渡ります。女性にとって女性ホルモンは本当にありがたい存在なのですね。

ネルコト編集部厳選! いびきに効く対策グッズ3選

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)




付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

 s

アクセスランキング

1

睡眠時間が足りないと太る? 痩せる? 睡眠中のエネルギー消費とダイエットに効く睡眠法とは?

441view
2

一番睡眠時間が長い動物は? 動物別睡眠時間一覧!

363view
3

【いびき対策グッズ調査2017】スノアサークルの効果&口コミ

591view
4

ハンモックで寝るのはあり? なし? ハンモック睡眠のメリット・デメリット

9611view
5

【寝ピク】入眠時に痙攣はよくある? 原因や対処法とは?

7956view

おすすめキーワード