更新日: 2017年10月23日
3405 view

手術時間は数秒で終わることも⁉鼻のいびきを手術で治す方法とは?

いびきの治療法のひとつに、鼻の手術があります。鼻の手術とは、鼻づまりを解消するためのもの。鼻の手術は、いびきの原因となっている鼻づまりを解消するために、最も有効と診断された場合に行われます。この件について、これから詳しくご紹介します。

鼻づまりが原因でいびきが起こる?「鼻いびき」とは?

Retina pixta 4975295 s
いびきの原因は、肥満や扁桃腺肥大、顎の小ささなど体型に関わるものから、アルコール、口呼吸などの生活習慣までさまざまですが、中でも鼻づまりが原因である「鼻いびき」は決して少なくないようです。いびきをかく人の、実に75%に鼻づまりの症状があるという報告例もあるとか。

いびきは、睡眠中に、気道(鼻から喉にある空気の通り道)が狭くなることで、呼吸の際に吸い込んだ空気がその通り道の壁にあたる粘膜にぶつかった時に生じる振動音です。

鼻がつまっていると、その分、鼻の部分の気道が狭くなることで、呼吸により空気が通る際に鼻の粘膜にぶつかりやすくなるため、いびきをかきやすくなります。

鼻の狭い通り道を空気が通ると、その分空気圧も強くなるため、その強い圧力の空気が鼻の後方にある軟口蓋にぶつかって振動した場合もいびきになります。

さらに、睡眠中に鼻がつまっていると、鼻呼吸では呼吸がしづらいために口呼吸に変わった場合も、いびきをかきやすくなります。

このように、鼻づまりが原因であるいびきは「鼻いびき」と呼ばれます。このタイプのいびきの場合、鼻づまりを解消することで、いびきの大幅な改善が望めるそうです。

鼻づまりは手術で治る!? どんな方法があるの?

Retina pixta 30126759 s
鼻づまりの主な原因は、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症などの鼻の炎症や疾患です。

鼻は、鼻中隔と呼ばれる鼻の中央にある壁があり、左右に分かれている構造になっています。正常な鼻の中は、三角柱の形をしたパイプが横倒しになっているような形状です。

これに対して、鼻の中に炎症や疾患があると、そのパイプの出口や入り口、あるいは通り道のどこかが狭くなってしまいます。その結果、鼻の通りが悪くなって鼻づまりが生じます。

鼻の炎症や疾患を治療すれば、鼻づまりの解消が望めます。いくつかある治療法の中で、鼻のレーザー手術が最も簡単で高い効果が望めるようです。

レーザーによる鼻の手術は、鼻の中の狭くなっている部分にレーザーを照射して取り除くという方法で行われます。手術時間は、15秒~5分と短時間です。局所麻酔により痛みはほとんどありません。同手術で、鼻づまりが解消することにより、いびきの改善が望めます。

鼻の手術でいびきが改善しない場合

Retina pixta 34340711 s
睡眠中に喉にある気道(軟口蓋や口蓋垂の部分)が狭くなることも、いびきの大きな原因になります。この場合は、鼻の手術によって鼻の通りがよくなっても、いびきは改善しません。

例えば、睡眠時無呼吸症候群の典型的な症状である口いびきは、喉にある気道が極端に狭くなることが原因であるため、鼻の手術で鼻づまりを解消してもいびきの改善は望めません。

しかし、睡眠時無呼吸症候群に有効なCPAP治療を受けるためには、鼻の手術が必要になる場合があるようです。

おわりに

いかがでしたか?鼻づまりは、点鼻薬や薬の服用によっても緩和が望めます。ただし長期常用には適していません。慢性的な鼻づまりが原因でいびきをかいている場合は、耳鼻科や耳鼻咽頭科への受診をおすすめします。

出典:東京ロンフェルメ耳鼻いんこう科「鼻閉といびき」

知っておきたい! いびきの対策グッズにはどんな選択肢がある?

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1562view
2

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6211view
3

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

192view
4

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

897view
5

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

288view

おすすめキーワード