更新日: 2017年10月23日
669 view

雨や曇りだと眠くなるのはなぜ? 天気や気圧と睡魔の関係とは?

睡魔は、天気のよしあしと深く関わっています。雨や曇りなど天気のすぐれない低気圧のときに、ひどい眠気に襲われる人は、けして珍しくありません。それにしても天気がよくないとなぜ睡魔に襲われやすいのでしょうか? これから詳しくご紹介します。

天気が雨や曇りだと睡魔に襲われる理由とは?

Retina pixta 27380536 s  1

1低気圧になると身体は休息モードに

気圧は晴れのときには高く、雨や曇りのときは気圧は低くなります。

気圧とは身体にかかる空気の圧力のことです。高気圧のときには、空気の重みがずっしりと身体にかかった状態。その分、血管も圧迫され、血流も上がりますし、心拍数も上がります。交感神経が活発になり、身体は活動モードに。

一方、低気圧のとき、空気の圧力が減るので、血圧も心拍数も下がります。副交感神経が活発になり、身体はリラックスし休息モードに入ります。
Retina pixta 29509423 s  1
耳の中にある「内耳」という器官には、気圧の変化を察知するセンサーが備わっていて、気圧が変化すると、その情報を脳に送ります。

情報を受け取った脳は、身体を気圧に対応させます。気圧が低くなると、自律神経は副交感神経を活発にさせて、休息モードに入ります。その結果、夜に眠くなるのと同様に、眠気が起こります。

特に普段から、睡眠不足気味や疲労している場合は、睡魔のような強い眠気が起こりやすくなるようです。

2酸素が薄くなる

Retina pixta 31927989 s
低気圧になると、上昇気流の影響で、地表近くの空気中の酸素濃度が低下します。つまり、通常に比べると若干ではありますが、酸素が薄くなってしまうのです。

酸素が薄くなると、当然、呼吸によって取り込む酸素も少なくなってしまいます。その結果、脳が酸素不足に陥ります。脳の機能が低下すると、眠気を感じやすくなります。

もっとも低気圧で酸素が薄くなるからといって、すべての人が、脳の酸素不足に陥り、睡魔に襲われるというわけではありません。これは、その人の体質や酸素を取り込む能力に違いがあるためです。

例えば、元々、貧血の人は、通常から血液中の酸素が不足しやすいため、低気圧によって酸素が薄くなると、その影響を受けやすくなると考えられます。

睡魔だけでなく頭痛や息苦しさに襲われる場合もあるようです。

睡魔は、気象病の症状のひとつであるという考えも

Retina pixta 32421602 s
昔から天気のよしあしと、体調には密接な関係があることはよく知られていました。実際、天気が崩れる低気圧が近づくと、古傷や、関節が痛み出す、耳鳴りがするなど、様々な体調不良に見舞われる人はけして少なくありません。このように気圧の変化が原因の体調不良は、医学的に「気象病(あるいは天気病)」と呼ばれています。

睡魔も気象病の典型的な症状のひとつであるとも考えられます。睡魔は、気圧の変化によって、自律神経のバランスが乱れて、副交感神経が過剰に働いた場合に起こります。逆に交感神経が過剰に働いてしまうと、めまいや頭痛、関節痛などが起こりやすくなるようです。

ちなみに、気象病は、耳が気圧の変化に敏感な場合や、ストレスが原因で普段から自律神経が乱れ気味の場合に、発症しやすい傾向があるようです。

おわりに

低気圧そのものを避けることができれば一番なのですが、残念ながら、自然現象であるため、避けることはできません。しかし、低気圧に備えて、体調を整えておくことで眠気を和らげることは十分に可能です。規則正しい生活習慣、適切な睡眠、適度の運動、ストレスをためない工夫、栄養バランスのとれた食事など、体調を整えるために普段からぜひ心がけましょう。

昼間の異常な眠気の原因、もしかしたらいびきかも!


十分に寝たのに眠い・・・。そんなことが続いている場合、もしかしたら本人も気づかない間にいびきをかいているのかもしれません。ネルコト編集部おすすめのいびきグッズをご紹介しましょう。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)




付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

アクセスランキング

1

睡眠時間が足りないと太る? 痩せる? 睡眠中のエネルギー消費とダイエットに効く睡眠法とは?

442view
2

一番睡眠時間が長い動物は? 動物別睡眠時間一覧!

363view
3

【いびき対策グッズ調査2017】スノアサークルの効果&口コミ

592view
4

ハンモックで寝るのはあり? なし? ハンモック睡眠のメリット・デメリット

9611view
5

【寝ピク】入眠時に痙攣はよくある? 原因や対処法とは?

7956view

おすすめキーワード