更新日: 2017年10月23日
783 view

熱いお風呂はNG!? 徹夜明けでも元気に過ごすためのコツ5つ

なるべくなら避けたい徹夜ですが、必要に迫られて徹夜しなければならない場合、ちょっとしたコツを押さえておくことで、徹夜明けでも元気に過ごすことができるようです。そこで今回は、徹夜明けでも元気に過ごすために、ぜひ押さえておきたいコツについてご紹介します。

徹夜明けでも元気に過ごすためのコツ1 徹夜前に仮眠をとっておく

Retina pixta 11144434 s
徹夜が確定した時点で、事前に90分程度、仮眠をとっておきましょう。そうすることで徹夜中の作業効率アップが望めると同時に、徹夜明けの疲労を軽減することが可能になります。

徹夜明けでも元気に過ごすためのコツ2 朝食をとる

Retina pixta 29001247 s  1
徹夜明けに、朝食を摂ることで、徹夜で低下した気分や認知機能をアップさせることが可能になります。ただし、そのためには朝食でとる食事内容が重要になります。

徹夜明けの朝食としておすすめなのは、疲労回復効果の高い、全粒穀物、肉類や玉子、牛乳などのタンパク質が豊富な食事です。逆に控えたいのが、菓子パンなどの糖質の多い食事です、糖質を摂ると血糖値が上がった際に疲れがとれるような気になります。しかし、その後、血糖値が下がった際に、一気に眠気や疲れに襲われやすいので要注意です。

徹夜明けでも元気に過ごすためのコツ3 朝日を浴びる

Retina pixta 27572968 s  1
徹夜明けで、そのまま起きて居なければならない時に効果的です。朝日を浴びることで、眠気を起こすメラトニンの分泌を抑えられるため、目が覚めやすいです。また、朝日を浴びると、体温が上がるため、その分、活動的になれます。

徹夜明けでも元気に過ごすためのコツ4 徹夜明けすぐに仮眠をとる

Retina pixta 15765600 s
徹夜明けで、すぐに眠ることができる場合は、90分程度の仮眠をとりましょう。たとえ眠る時間がたっぷりあったとしても、短時間で切り上げるのがポイントです。あまりたくさん眠ってしまうと、体内時計が狂う可能性があります。眠り足りない場合は、夜に、いつもより早めに眠って、うまく調整するようにしましょう。

徹夜明けでも元気に過ごすためのコツ5 熱いお風呂に入らない

Retina pixta 32835756 s
徹夜明けで、お風呂に入ってさっぱりすると元気に過ごせそうな気がしますが、これはNGです。徹夜による体力の消耗に加え、不眠で、体温が低下しているためです。そのような状態で、お風呂に入って、いきなり熱いお湯を浴びると、急激な温度差により身体に多大な負担がかかり、どっと疲れることになります。

最悪の場合は、極端な温度差により突然死を招く怖れもあるので気をつけましょう。

どうしてもお風呂に入りたい場合は、お風呂に入る前に十分に身体を温めておく必要があります。そして、お風呂に入る際には、まずは、ぬるめのお湯でかけ湯をするなど、徐々に体を慣らすようにするとよいようです。

おわりに

いかがでしたか?どんなにしっかりとコツを押さえても、やはり徹夜による体力の消耗や注意力や集中力の低下を完全にカバーすることは望めません。そのため、元気に過ごせそうでも、徹夜明けの運転は、危険なので控えましょう。

朝なんだかスッキリしない・・・それ睡眠の質の問題かも!


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)




付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

アクセスランキング

1

睡眠時間が足りないと太る? 痩せる? 睡眠中のエネルギー消費とダイエットに効く睡眠法とは?

442view
2

一番睡眠時間が長い動物は? 動物別睡眠時間一覧!

363view
3

【いびき対策グッズ調査2017】スノアサークルの効果&口コミ

592view
4

ハンモックで寝るのはあり? なし? ハンモック睡眠のメリット・デメリット

9611view
5

【寝ピク】入眠時に痙攣はよくある? 原因や対処法とは?

7956view

おすすめキーワード